クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS そろそろ終わり…お笑いブーム

<<   作成日時 : 2005/03/11 11:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

その昔、今のお笑いブームをしのぐ勢いの凄いブーム、漫才ブームがあった。今のお笑いブームはまさに、その漫才ブームの終わりのころに似ている。いろんなタレントが発掘されるものの、結局本当に面白い人材は限られていて、それでも不足するタレントを強引に人気者に仕立て上げていく。それでもなお数は足りず、同じ人間があちこちのチャンネルで、新しいねたを練り上げる暇も無く、同じねたを使いまわす。さらに漫才師が漫才をやらず、コントグループもしゃべりだけでお茶を濁す。その結果、だんだん全員が飽きられ始め、ブームが終わる。今のお笑いブーム、まさに終末期を迎えているね。
漫才ブームがそろそろ限界を見せ始めたころ、トップを走ってたB&Bの島田洋七が『漫才ブームはおわらへん。みんなで力合わせてがんばれば、まだまだ大丈夫や』と言った時、すでに終わりが見えていた。そんな中から、ビートたけし、島田紳輔、明石家さんまらがピンとして生き残り、ブームを横目にきちんと漫才を続けたオール阪神・巨人は今も漫才を続けている。
果たして今度のお笑いブームを生き残れるのは誰だろう?波多陽句は無理みたいだし、長井秀和も無理かな?ヒロシ、青木さやからもかなりきつそう。ちゃんとした漫才師や、コントグループ、ピン芸人、誰でもいいから、がんばって生き残ってください。何も考えず、笑うのが大好きです。
結局このブーム、テレビ局によって作られ、テレビ局によって終わらせられます。生き残れるのは、腕に覚えありって感じの本物だけ。あとは、片岡鶴太郎のように、性格俳優になるとか。ま、それも実力があってのこと。ボンチおさむは脇役だしね。やっぱり芸能界、結構きつそうです。あんまり憧れるような世界じゃないんじゃないかなあ。遠くから見てるほうが、きっと楽しそうだけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
クルトンパパさんも、お笑いが大好きなんですね〜^ ^
私も、漫才ブームは子供ながらに盛り上がってました。
現在のお笑いは、かなり細分化しているように思えます。ツボにはまると面白いのですが、はやく飽きてしまいそうです。人をコケにする様な笑いも面白い事もありますが、単に笑えるお笑いが主流であって欲しいものです。
以前オール阪神・巨人の漫才を生で見る機会がありましたが、すごい立体感がありましたよ^ ^ さすがでした!
シロー・カザミ
2005/03/11 22:34
そうですか、シローさんもお好きですか(^^)
私もずっと昔からのお笑い好きなんで、このブームが続いて欲しい気はするんですが、昨日の番組見てても、終わりを感じましたね。ぜひ、いい笑いを提供する人たちが頑張って残って欲しいですね。
クルトンパパ
2005/03/12 07:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
そろそろ終わり…お笑いブーム クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる