クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『傷−邦銀崩壊』 幸田真音

<<   作成日時 : 2005/04/18 12:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

彼女の小説は、分類すれば経済小説と言うことになるんでしょうね。城山三郎や清水一行あたりから始まり、私のお勧め高杉良や江波戸哲夫、江上 剛などどちらかと言うと男性が多い分野で、もしかしたら今一番乗っている人かもしれない。彼女の得意分野は、外資系銀行と証券などの話。これもそうです。どうやら文春文庫で先に出てたらしいのですが、新潮文庫ででるまで知らなかったので、ようやく昨日読み終えました。そのせいか、年代設定がちょっと古くて、まだ日本で金融ビッグバンも起きてないし、財務省が大蔵省の時代です。10年一昔と言うのは昔の話で、いまや5年経ったら相当昔、特に金融や先物などの世界では、世間より何倍ものスピードで時間が流れてるので、ちょっと古さも感じました。でも、充分に楽しめたし、彼女の的確な分析力、表現力は単なる経済小説に終わらせず、人間をきちんと描いています。
前半のニューヨーク部と後半の東京、二つの舞台で、有吉洲波は二つの顔を見せながら、最後まで一気に読ませてくれます。たぶん、そっち方面に関心がない人も、その場に一緒にいるような幹事で、とても楽しませてくれます。性描写関係はあんまりいらないようにも思いましたが、それはそれで必要なんでしょうね。
次回作が今月末に発売になりそうだし(私は基本的に文庫しか買いません)また楽しませてもらいたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『傷−邦銀崩壊』 幸田真音 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる