クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国、世界初の新型インフルワクチン開発

<<   作成日時 : 2009/05/19 07:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

        新型インフル 韓国がワクチン開発に成功か 

 【ソウル=水沼啓子】韓国の聯合ニュースは18日、忠南大学(忠清南道大田市)の徐相煕教授・研究チームが新型インフルエンザのワクチン開発に成功したと報じた。研究チームは「米国内にワクチンがないことが確認されたので、世界初の可能性が高い」としている。

 聯合ニュースによると、研究チームは今月4日に米疾病対策センター(CDC)から送られた標準ウイルスを利用して開発に取りかかり、15日に大量生産が可能なワクチンのもととなる株の開発に成功したという。

 研究チームが、このワクチン開発をCDCに連絡したところ、CDC側は「たいへん重要な開発」とし、研究チームにワクチンの株を提供するよう正式に要請してきたという。

 徐教授は聯合ニュースのインタビューに対し、「新型インフルエンザは今秋、全世界的に流行する可能性が高い。今度開発されたワクチンの場合、秋くらいには市販が可能とみられる」とし、「4カ月以内に人用のワクチンを大量生産し、全国民に接種すれば(一般的な)インフルエンザの水準ぐらいに被害を抑制できる」と話している。
産経新聞


なんだそうだ。
これが事実なら、非常に朗報。なにしろ、聯合ニュースによると、CDCも評価しているそうだし。

本当ならね(笑)

なにしろ、なんでも世界最初に開発を行なえる韓国なんだが、なぜか、後が続かない。
それが評価されることも無いまま、いつの間にか立ち消える(爆)

捏造など、日常の国の発表だから、まだ信用できない部分も有るしねえ。
本当なら、これ、大ニュースでしょ。世界最初に、新型インフルエンザワクチンが開発され、さらに、その「株」を要請が有れば、世界中に無償で提供すると言うんだから。

なのに、ほとんど報道されないのはなぜなんだろう?
新聞の扱いも非常に小さいし、テレビのニュースショーなど、完全に無視。

もしかしたら、日本のマスコミ、信用してないのか?この話を(爆)

と言うより、信用してないんだろうなあ。
これが、韓国じゃなく、アメリカとかイギリス、日本で同様の発表があれば、世界中で話題になるのにね。

と言う事で、韓国の威信にかけて、これがおなじみ「デタラメ」じゃない、本当だった!と言う事になるよう、お祈りします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
 パパさん、こんにちは。

 どう見ても飛ばし記事です。本当にありがとうございました。
マキムラ
2009/05/19 16:54
黄教授・・・
ありましたからねえ。
花火みたいな物でなきゃいいんですが。

本当はアメリカも無視してるとか、
アメリカに送って『何じゃこりゃ?』
で終わるとか…有り得るし。
ねむ
2009/05/19 23:34
マキムラさん、おはようございます。
残念ながら、まったく後追い記事が出ません。そういうことでしょう。

ねむさん、CDCが評価した、と言う話もありませんからね。韓国のお家芸、炸裂のようです(爆)
クルトンパパ
2009/05/20 07:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国、世界初の新型インフルワクチン開発 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる