クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 加藤和彦氏、自殺

<<   作成日時 : 2009/10/19 07:50   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

   「帰って来たヨッパライ」の加藤和彦さん 軽井沢で自殺

 「帰って来たヨッパライ」などのヒット曲で知られる音楽家の加藤和彦さん(62)=東京都港区六本木=が17日、長野県軽井沢町のホテルで首をつって死亡しているのが見つかった。軽井沢署は自殺とみている。

 同署によると、加藤さんは16日、1人でホテルを訪れ、1泊2日の予定で宿泊。ホテルから17日午前8時半ごろ、「客室の男性と連絡が取れない。室内を確認してほしい」と通報があった。

 署員とホテル従業員が17日午前9時半ごろに部屋に入り、浴室内で死亡している普段着姿の男性を発見。同署で関係者が加藤さんと確認した。加藤さんと関係の深い音楽出版社によると、死亡時刻は16日夜とみられる。

 加藤さんは1968年、ザ・フォーク・クルセダーズの最初のシングル「帰って来たヨッパライ」が大ヒット。その後、南北分断の悲しみを歌った北朝鮮の曲「イムジン河」が政治的な配慮から発売中止になった。

 ソロ転向後は北山修と連名の「あの素晴しい愛をもう一度」が大ヒット。ギタリストの高中正義らと結成したロックバンド「サディスティック・ミカ・バンド」で海外にも進出した。

 作曲家、プロデューサー業のほか、スーパー歌舞伎の音楽担当など幅広く活動。木村カエラを迎えてのサディスティック・ミカ・バンド再結成やアルフィーの坂崎幸之助とのデュオ「和幸」など、第一線で活躍を続けていた。
スポニチ


まさか!と言う衝撃だったなあ。
少なくともわれわれくらいの世代にとって、“ザ・フォーク・クルセダーズ”とか、加藤和彦・北山修のデュオ。さらに、サディスティック・ミカ・バンド、心に染みる。

ボーイがまだ赤ちゃんの頃、子守唄代わりに良く歌ったのが「あの素晴らしい愛をもう一度」だったし。
「帰ってきた酔っ払い」を聞いた子供時代の衝撃。
「イムジン河」発禁で急遽作ったと言う、「悲しくてやりきれない」。
思い出が一杯。「サイクリング・ブギ」や「タイムマシンにお願い」も懐かしい。

最近もまた、木村カエラをボーカルに迎えて活躍してたし、CMでも今井美樹なんかと一緒に、乳癌啓発で歌ってる姿とか見てたし、坂崎幸之助とのデュオも聞いてたしねえ。

驚いた。最近は鬱だったらしい。
才能を発揮し続けてきた人が、行き詰ったりした時、ゆっくり立ち止まって長い休みに入っても良かったんだろうけどねえ。

本当にショックだったよ。
ご冥福をお祈りします。



Memories 加藤和彦作品集
EMIミュージック・ジャパン
加藤和彦

ユーザレビュー:
リアルタイムでは知ら ...
加藤さんの個人的なm ...
ご本人選曲の作品集で ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ほんとうに、ビックリしましたね。
男も、50過ぎると女性ほどではなくても、更年期障害が起きてくるそうで、本人が、気がつかないうちにウツ病になっていることがあるそうです。
ねこのひげ
2009/10/19 09:05
ねこのひげさん、おはようございます。
ショックでした。
鬱になった人にどうまわりが対処すべきか、もっと、周知徹底すべきですね。

もしかしたら私も!と言う不安が有りますし。今のところは大丈夫ですけどね。
クルトンパパ
2009/10/19 10:14
 パパさん、こんにちは。

 私の世代は親が聞いていたとか学校で歌ったとかそういう関わり方ですが、名前は知っていましたので、ビックリしましたね。

 鬱の時、周りに気持ちを理解してくれる人間が一人でもいれば、こういう事にはならないとは思います。でも、なかなかそうはいかないし、鬱の時、本当に孤独だ、と感じてしまえば簡単に死んでしまえるものです。

 自分を飾らず、等身大で付き合える相手が一人いれば救われます。周りがおせっかいをやくのは逆効果ですね。鬱になると人と関わり合いたくなくなるものです。

 有名人であればあるほど治すのが難しくなる気がしますね。


 ご冥福をお祈りいたします。
マキムラ
2009/10/19 11:46
マキムラさん、こんにちは。
悲しいと言うか、ショックな話でした。

特に、ずっと一緒にやってきていた、精神科医でもある北山修さんが相当にショックを受けているだろうな、と言うふうに感じます。

鬱と言うのは、簡単に見てわかるのかどうか?なんとしても、こう言う悲劇がこれ以上続かない事を願います。
クルトンパパ
2009/10/19 14:41
こんにちは。
 僕もお名前は存じ上げていなかったのですが、大好きな曲が多かったですね。
 不謹慎かもしれませんが、帰って来たヨッパライの「オラは死んじまっただー」のフレーズが大好きで幼稚園のころに、よくそこだけ繰り返し歌ってました。
 ご冥福をお祈りします。
世界史は面白い
2009/10/20 12:23
世界史は面白いさん、こんにちは。
「おらは死んじまっただ〜」は、みんな歌ってましたね。ああいう発想を、あの時代にやったのが凄いんですけど。
あと「イムジン河」発禁を受け、コード展開を逆から行ったら、と言う事で「悲しくてやりきれない」が出来たといわれるんですけど、逆から行くだけであの名曲が出来るわけじゃないんで、やはり凄い人だったんでしょうねえ。

もったいない人を亡くしました。
クルトンパパ
2009/10/20 13:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
加藤和彦氏、自殺 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる