クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS みっともないなあ、言い訳

<<   作成日時 : 2009/12/14 10:44   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

    重傷のテレンス・リー、暴行は「私だから耐えられた」

 自称・元傭兵でタレントのテレンス・リー(45)が情報バラエティ番組「サンデー・ジャポン」(TBS系)の電話インタビューに応じ、今月9日に路上で暴行を受け全治1カ月の重傷を負ったことについて語った。

 テレンスは「路上で因縁をつけられ、抵抗せずに相手が納得するまで殴らせた」と当時の状況を説明し、「普通の人なら死んでる。私だから耐えられた」と肉体の強靭さをアピール?した。

 かつて自らの著書で「街でからまれたらプライドを捨てて逃げていただきたい」と書いていたことを指摘されると、「現場に犬がつながれていて、その犬が怯えていたのでかばった」と弁明した。

 最後にテレンスは「街は戦場。いつ何時どこから危険という弾丸が飛んでくるかもわからない。みなさんもそれを踏まえて、よき年末年始を過ごしていただきたいと!」と視聴者にメッセージを送った。
サンケイスポーツ


なんとも言い訳がみっともない。
事件をご存じない方のために、簡単に書くとね、こんな感じ。

テレンス・リー、歩道を自転車で疾走。
         ↓
酔っ払いに怒鳴られる
     ↓
わざわざ立ち止まり、「ここじゃなんだから」と言って、人気の無い駐車場に行く
                ↓
酔っ払いの会社員に元傭兵がボコボコにされる


突っ込みどころが満載でしょ?
だいたい、まず、歩道上を自転車で疾走したのが間違い。と言うより、道路交通法違反。

で、そこで怒鳴られたら、普通は無視して、突っ走っていくんじゃないの?
自分でも街でからまれたらプライドを捨てて逃げていただきたいと書いているくらいだから、わざわざ自転車を止める意味がわからん(爆)

その理由が、現場に犬がつながれていて、その犬が怯えていたのでかばったと言う言葉の意味をどなたかご説明、いただけませんでしょうか?
さすがに元傭兵だから、自転車で突っ走っていて、怒鳴り声で犬がつながれていることと、その上、その犬が怯えているのが一瞬でわかったんだね(笑)

そしたらさ、「ごめんなさい」と言って、歩道を降りて走っていけば良いじゃん。
どう考えても、そういう感じでボコって来る酔っ払いが、「ここじゃ周りの迷惑ですから」と冷静に言ってついてくるとは思えんのよ。周りの迷惑とか、怯えている犬の事を考えれば揉めずに逃げる方が正解だと思うのだけどね(笑)

人気の無い駐車場まで行って(とは言え、目撃者が通報してるくらいだから、見えないところじゃないんだろうね)から、いきなり殴りかかった、と考えるのはちょっと無理が有るでしょ?
そういうキ印なら、歩道でやってますから(笑)何らかの言葉のやり取りがあって、それでこうなったと考えるのが一番自然だと思うけどねえ。

で、警官を連れてきたところ、テレンスが「サンドバッグ状態で殴られていた」らしい。彼の言い訳によると、以前、因縁をつけられ手を捻り上げただけで「暴行」として警官を呼ばれたことが有るから、一切抵抗しなかったと言うんだよ。

あのさ、元傭兵でしょ?それなら、相手に怪我を負わせず、収める方法くらい当然知っているはずだと思うのだが。なんと言うか、確かに無抵抗でいると言うのも、格闘家なら大事かもしれないが、眼底骨折までして、警官が「サンドバッグ状態」と言う感じでやられる意味が無い。

当然だが、格闘かにとり、受身と言うのも大事であり、自らが大怪我をしたり、命を失う危険を顧みず殴られ続けると言うのは、テレビドラマとか漫画の世界だけだろ?

本人はそれでも「普通の人間なら死んでいたが、私だから耐えられた」と語り、酔っ払いの男が暗殺拳(素手で簡単に一般人を殺害できる)の使い手であることと、自身の肉体が強靭であることを示唆したらしいが、サンデージャポンはこれは絶対に、彼をボコボコにした酔っ払いにも取材をして、素手で相手を殺せるほどの暗殺拳の使い手の実態を解明すべきだぞ!(爆)

テレンス・リーなどどうでも良い。以前から、何かテレビで、妙なこと言ってるデブが居るなあ、と思ってたら元傭兵か。ただし、フランス外人部隊とか、グリーンベレーで実際に活動していたことがわかっている、同じ元傭兵の柘植久慶氏と違い、その経歴はいまだに確認されていない(笑)

本人の弁によれば、凄腕のスナイパーだった(あっ、そうか!スナイパーだから、直接相手と戦ったりしないんだ!)で、傭兵を辞めてからはしばらく、暗殺者として活動していたんだそうだ。

うーん、もちろん、全く私は面識も無いし、傭兵の経験も無いから何とも言えないが、テレビで見る限り、そういう凄みと言うのは全く感じないけどねえ。本物と言うのは、ちょっとした仕草とかそう言う所で、感じさせたりするような気がするんだが。
もしかしたら、超A級と言うのは、そう言う事も完全に隠せるのかもしれないけどね。


この事件の教訓は、「街でからまれたらプライドを捨てて逃げていただきたい」、例え、格闘技の有段者にして、元傭兵だとしてもだ!と言う事です(爆)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
テレビには、自称なんとかというのは、いっぱい出てますけどね。
最初、彼を見たときは、元傭兵という名前の芸人かと思いました。(笑
どう見ても、軍事教練を受けたことがありそうにない体形で。
いくらフランスの外人部隊がいいかげんでも、ここまでひどいのは入隊前に門前払いでしょうね。
ねこのひげ
2009/12/14 12:53
ねこのひげさん、こんにちは。
腕力自慢をやってるようですが、どう見ても、鍛え上げられた肉体、と言う感じじゃないんですよねえ。

まあ、自称ですから(笑)
クルトンパパ
2009/12/14 13:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
みっともないなあ、言い訳 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる