クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 花粉の季節

<<   作成日時 : 2010/01/22 11:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

        スギ・ヒノキ花粉の飛散量 昨春の3割

 東京都は21日、今春のスギ・ヒノキ花粉飛散量を、昨春の約3割、過去10年平均の3〜4割の見込みと発表した。

 飛散開始日の予測は2月7〜11日ごろと平年より1週間ほど早く、飛散花粉数が多い日数は20日程度と昨春の41日から半減する見通しとなっている。

 花粉量が少ない要因として、スギ・ヒノキ花粉の成長に影響を与える7、8月の日照量が、昨夏は首都圏で例年の6〜8割に止まったことなどが要因という。

 都では2月1日から携帯電話サイトやテレホンサービスなどで花粉予報の提供を始める。
産経新聞


東京も少ないようだが、九州も少ないんだそうだ。
ほっと一安心!かと思ったら、軽症者はともかく、重症のものにとっては、発病に十分な量がそれでも飛ぶんだそうだ。

要するに、今年も私は厳しい春を過ごすことになると言うことだ。
ただ、花粉の悲惨飛散量が少ない日は、「アレグラ」がかなり効くからそれでも助かるんだよ。
飛散量が多いと、アレグラも何にも効果ないからねえ。

あのさ、総理閣下。提案があるんですが。
今からでも遅くないから、失対事業で、全国の杉の雄花撤去をやりませんか?
失業者だけじゃなく、公共工事の現象で苦しむ、多くの土建業者も喜んで飛びつくと思うのだけど。

これをやれば、少しでも花粉の飛散が防げるし、それによって、医療費などが抑制できるのだよ。
マスク業者とか、医薬品関係に迷惑がかかるかもしれないが、それ以上のプラス効果があるでしょ?

花粉症患者が、どれくらい作業効率が落ちるかわかりますか?
花粉症が発祥しなければ、もっと、この国の経済はすばやい回復をすると思うのだよ。

何より、不況で仕事が無い人たちが、杉、ヒノキの花粉飛翔時期に仕事が出来ると言うのは良い事でしょ?

お願いします。すぐにやってください!ハトポッポ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 パパさん、こんにちは。

 お願いしてるのに「ハトポッポ」ってwww

 完全にバカにしてるじゃないですか。まあ確かに誰がどう見ても間違いなく「バカ」なんですが。

 失業対策にはもってこいですよね。そんで植樹も同時にやる訳ですし、将来は花粉の量が少なくなると。

 でも、パパさんが元気な間には極端には変わらないでしょうけど。なんせ日本は森林の割合がアホみたいに高いですからね。7割でしたっけ。

 でもその全部が杉ってワケじゃないんですが、時間をかけてやるって事はそれだけ長く失業者対策ができるって事ですからね。これは冗談抜きでやるしかないでしょう。

 ところで、花粉じゃなくて代わりに「あの砂」がすごく飛んでませんか?ホラ、あの汚染された黄色い砂ですよ。喉が痛いし車は汚いし。パパさん、うがいを忘れずに。花粉より遥かに危険ですから。
マキムラ
2010/01/22 16:06
マキムラさん、こんにちは。
雄花を切り取れば、花粉は飛ばないんです!
失対事業にもってこいでしょ?仰るとおりに、花粉が出ない杉にどんどん、一緒に植え替えていくと長期間、これでやれますよ。
社会保険料の削減につながりますし、大量に国が切り取った杉を買い取り、安く売れば、家も安く立つようになって、みんな大喜びです。

で、黄砂、飛んでるんですか?
こっちも来てるのかなあ?それはカナリやばい。

ボーイにマスクさせないと!
クルトンパパ
2010/01/22 16:19
パパさん、こんにちは。
 どうせやるなら、杉の伐採&杉以外の植樹をしないと。 クヌギなんかが理想的ですが、一般に雑木と言われる木が必要です。
 杉は戦後の建材対策で植樹が始まりましたが、補助が付かなければこうも杉ばかり増えることは無かったと思います。杉は成長が早い(二酸化炭素は良く吸収しますが水を吸いすぎる欠点もあります)代わりに柔らかいので、建材としては、壁など使える箇所が限られます。(柱・梁・床材に向かない)
 松と違って虫もつきませんが、実も生らないし下草も生えにくいので、鳥も動物も養えません。故に山の動物がえさを求めて、里に降りて来ます。
 緑はどうしても必要ですが、杉以外にシフトすれば花粉症も減るのに、マジで何とかして欲しいです。(花粉症患者の視点で)
 この間国会議員の秘書にこういうことを話したんですが、全く思いもよらないといった反応をしてました。花粉症対策は日本固有の問題だが、国のすべき最重要課題の一つだと思います。
 そういえばJALも潰れたのに、一日一便韓国へ往復するだけの茨城空港が、開港しますね。仕分け対象にならなかったんですね。
世界史は面白い
2010/01/22 17:48
世界史は面白いさん、こんにちは。
私が幼いころには「お山の杉の子」なんていう歌まであったくらい国策として、杉を植えた結果でしょうね。
本当は、山、森の再生のためには、雑木林にしないとだめなんだそうですね。

とにかく、杉にしてもヒノキにしても、いまどき受粉で増えることなど、必要ないんですから、花粉が飛ばない種類に植え替えることです。

花粉症で下がっている生産効率と、多くの医療を考えれば、少々金がかかっても元が取れると思いますけどね。

茨城空港、地元も要らないというのに開港です。
いっそ、普天間の移設先に立候補したほうが良いかと(笑)
クルトンパパ
2010/01/23 08:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
花粉の季節 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる