クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 藤田まことさん、急死

<<   作成日時 : 2010/02/18 13:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

          俳優の藤田まことさんが急死

 テレビのお笑い番組「てなもんや三度笠(さんどがさ)」や時代劇「必殺」シリーズなどで人気を集めた俳優の藤田まこと(ふじた・まこと、本名・原田真=はらだ・まこと)さんが、17日午前7時25分、大動脈破裂のため、大阪府内の病院で亡くなった。76歳だった。

 藤田さんは2008年、食道がんを手術。昨年11月から慢性閉塞(へいそく)性肺疾患などで休養していたが、今年1月、CS放送の時代劇専門チャンネルの番組でナレーションを務め、元気な姿を見せていた。

 父は無声映画時代に活躍した時代劇俳優の藤間林太郎、伯父は女形の曽我廼家弁天という芸能一家に生まれ、子供のころから子役として度々、映画に顔を出していた。19歳で歌手を目指して上京、地方回りの劇団で司会やコント、声帯模写など様々な芸を磨いた。

 1950年代後半から、大阪・朝日放送の「びっくり捕物帳」「スチャラカ社員」で頭角を現した。62年から始まった同放送の公開コメディー番組「てなもんや三度笠」では、白木みのるさんと珍道中を繰り広げて爆発的な人気を獲得、50%を超える高視聴率を記録した。

 72年に始まった「必殺」シリーズでは、表向きは妻と義母には頭が上がらないが、人知れず悪を倒す仕事人の首領役を好演。硬軟両面を巧みに表現した。その後、ドラマ「はぐれ刑事純情派」で刑事役に挑戦。一見地味だが、人情味あふれる刑事役が共感を呼んだ。

 映画でも、68年の小林正樹監督「日本の青春」では学徒出陣した男の半生をシリアスに熱演。ベストセラーの映画化「積木くずし」(83年)では、非行に走る娘に苦悩する父親を好演した。ミュージカル「その男ゾルバ」で91年に芸術選奨文部大臣賞を受けるなど、舞台でも活躍。2002年に紫綬褒章を受けた。

 私生活では、93年に妻の幸枝さんが経営するレストランが倒産し、巨額の負債を抱えたほか、暴力団関係者の紹介で受けた融資が問題化したこともあった。
読売新聞


びっくりしたなあ。この前、「剣客商売」のスペシャル見たような気がしたのにね。

藤田さんと言うと、若い人たちは知らないだろうが、「スチャラカ社員」で私は初めて見たよ。
その後、「当たり前だのクラッカー」でおなじみ、「てなもんや三度笠」が大ヒットしてね。人気者になったんだよ。

子供の頃、本当に楽しんだ。面白かったし。
「必殺仕事人」の中村主水役が完全にはまって大人気になったな。

あれも最初の頃、バシバシ切ってたんだけど、いつの間にか、脇差の方でブスッとやる感じになってね。

それから、「はぐれ刑事純情派」の安浦刑事。「仕事人」と「はぐれ刑事」、この二つのキャラが彼の人気を浮動のものにしたんだな。奥さんのレストランが倒産して、でもその巨額の負債、見事に返してね。

池波作品の「剣客商売」の秋山小兵衛。最初はね、私の中の小兵衛とイメージが違ってて、しっくりしなかったけど、それでもだんだん、秋山小兵衛になってたんだけどね。

大動脈破裂での急死。なんだかもったいないなあ。
まだまだ、今からどんどん、枯れてきて、それでも良い芝居、見せてくれそうな気がしたんだけどね。

お悔やみ、申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
藤田まことさん永眠
こどものころ仕事人よく見てたなぁ。時代劇の形ではあるけど内容は時代劇ではなく現代で斬新だった。主水(もんど)は昼間は嫁と義母にいびられるが仕事は事も無げにきっちりとこなす。日本版スーパーマン。藤田まことさんのコミカル&シリアスな演技も絶妙だった。またこの機会に見てみたいなぁ。最近は病気がちで元気な姿が見られなくて残念でした。安らかにお眠りください。合掌。 主水復活ならず…藤田まことさん急死: エンタメ最前線主水復活ならず…藤田まことさん急死. コメディードラマ「てなもんや三度... ...続きを見る
にたろうの退屈な日々
2010/02/20 08:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 パパさん、こんばんは。
シブいオジサマでしたね。苦労も多かった人だけに、晩年ぐらいはノンビリ過ごして欲しがったです。
私は、はぐれ刑事しか知らないから、世代ってやつですかね。
スクネ
2010/02/18 19:45
スクネさん、おはようございます。
今のように、若手がぱっと出てこられる時代じゃないんで、相当に苦労されたようです。

中村主水と言うのは、時代劇に新しく生まれたヒーロー像でしたね。
クルトンパパ
2010/02/19 07:13
味のある中年をやらせたらピカイチでしたね。
「仁」に出ないのでヤバイかなーとは、思っていたんですが。
 中村主水は藤田まことさんありきでしたし、本当に惜しい。
世界史は面白い
2010/02/19 12:33
世界史は面白いさん、こんにちは。

「必殺仕事人」と言うのは、池波正太郎の作品とは全く別物になりましたが、あのシリーズは、やっぱり中村主水=藤田まことあってのもの。

東山紀之主演で新作が出来てましたが、別物になってましたね。藤田さんが出てるところが他とは違う、そう言うドラマでした。

まだやれたはずなのに、もったいない、そう言う感じです。
クルトンパパ
2010/02/19 13:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
藤田まことさん、急死 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる