クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 無駄!高速無料化実験

<<   作成日時 : 2010/06/08 09:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

   高速無料化:37路線、28日から実験

 国土交通省は7日、全国の高速道路37路線50区間を対象にした無料化の社会実験を、28日午前0時から始める方向で最終調整に入った。

 前原誠司国交相がすでに6月下旬の開始を発表しており、交通量が少なく、週明けで区切りがよい月曜日未明を選んだ。新内閣発足後に正式に決定する。

 無料化されるのは道東道、日本海東北道、山陰道、東九州道などの一部で、地方路線が中心。自動料金収受システム(ETC)での利用や車種にかかわらず対象になる。期間は来年3月までで、総事業費は1000億円。有料区間は、当初6月導入を目指していた「全日上限2000円」などの新料金制度の実施が先送りされ、「普通車休日1000円」などの現行の割引制度が当面継続される。
毎日新聞


こう言うしょうも無い実験こそ、事業仕分けで廃止すべき話だったはず。
確かに、民主党は昨夏の総選挙で、「高速道路無料化」をマニフェストに掲げていたのだが、ほとんどが実施されないうえに、この、高速道路無料化ほど、国民が求めていず、無用の実験は無い。

本来なら、今年の6月から、一斉に高速道路は無料化されるはずだったのだが、どうやっても、民主党が見つけられると主張してた財源を見つけられない事から、一部の実験線での調査、と言う事になったようだ。

が、それにしても、この実験線ほど、無意味なものは無い。
無料化する事によって、渋滞が発生するのかとか、一般道路への影響はどうなるのか?を調べるといいながら、もともと通行量が少ない線を選んでやるのでは、たいした調査にはならないだろうから、これは単なる、アリバイ作り以外の何物でもない。

ほんとうに、通行量どうなるのかとか、一般道路がどうなるかを調べるのなら、こう言う通行量が少ない線だけじゃなく、それなりの通行量がある線でもやるべきであり、むしろ、そう言う路線を無料化する事による影響がどうなるか?それを調べるべきなのだからね。

ただ、もともと、菅総理が非常にこの、高速無料化を推進してきた人だからね、何とかと言う思いが有るのだろうが、全くいらんもの。受益者負担を当然、これからも求めるべきであり、異常に高いという、日本の高速料金を下げる必要はあるだろうから、それは進めるべきだろうが、無料化することなど、CO2削減にも逆行するし、馬鹿な政策だと思うのだけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
役立つブログまとめ(ブログ意見集): 高速道路原則無料で地域活性化 by Good↑or Bad↓
「高速道路原則無料で地域活性化」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。 ...続きを見る
役立つブログまとめ(ブログ意見集)(投稿...
2010/06/17 07:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まさにアリバイつくりですね。
ひょっとこハム太郎
2010/06/08 10:57
ハム太郎さん、こんにちは。
本当に、いろんなものに対し、一応のアリバイ作り、そればっかりです。
クルトンパパ
2010/06/08 15:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
無駄!高速無料化実験 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる