クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS “ノウイング” 映画

<<   作成日時 : 2010/10/26 10:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

宇宙物理学教授であるジョンは、ある日亡き妻の忘れ形見である一人息子ケイレブが、学校で受け取ったタイムカプセルから出てきた一つの手紙に記された数字の羅列が、単なる数字ではなく、過去の重大な災厄の日時と緯度、経度を記したものだと言う事に気が付く。

確実にそれが全て実現している事と、ジョンがそれに気が付いてからの予言も実現した事で、その最後の日時が迫る中、彼は何とか人類を救う、と言うより我が子ケイレブの命を救うための方法を探す。

果たして!てな感じ。
別に最近見た映画などで出色の出来、と言う事ではない。
航空機墜落シーンなどはすばらしいが、昔はパニック映画と言ったが最近はディザスター・ムービーと言うらしいがこの手の映画の映像としては、まあよくあるものだ。

人類滅亡の原因は、太陽のスーパーフレアーが地球を覆い尽くす事。
人類のみならず、全ての物が無くなってしまうらしい。地下にいても無駄だそうだ。

まあ、小惑星激突とかよりは、なるほどね、と思ったがそれだけの話。


ここで書いたのは、人類滅亡の日、あなたはどこにいたいですか?と言うのをお聞きしたかったから。

あたしゃね、答えは決まっていて「あの世」なのさ。自分はそうなれば助からないのだろうし、それはそれで仕方ないのだが、可愛い子供たちが死んでしまう、そう言う瞬間には立ち会いたくないよ。
私は一足先にあの世に行って、そこで子供たちを待ってていたいと言う事だよ。

もしそれが出来ないのなら、家族一緒にいたいなあ。
おそらく恐怖に泣き、震える子供たちをしっかり抱きしめながら、みんなで一緒に迎えたいな。

でも、出来れば、最近話題の2012年、どうやらマヤの予言だそうだが、それは勘弁して欲しいねえ。
そんな近くじゃ、50年以上生きた私はともかく、たった8年しか生きていないボーイや、2年しか生きられない姫が余りに可哀想だよ。

人生は良い事ばかりじゃないが、それでもわずか数年で終わるのはもったいない。
もし、残り時間が少ない事がはっきりしたら、あたしゃ仕事も何もかも辞めて、子供たちに一杯、短い時間の中で人生を楽しめるように、いろんな事をして、いろんな所に行きたいよ。


ただね、いろんな終末予言が有るけど、あんまり信じてないのさ。
もちろん、聖書の黙示録にも有るくらいだし、「生者必滅」であるから、いつか人類も滅ぶ時が来る。

でも、それほど近いうちと言う気がしないのだよ。
こう言う事を盛んに言い立ててる連中が一杯いるが、彼らが最後の時に向け、準備をしていると言う気がしないのさ。もし本当に残りが1年とか2年なら、金などもういらんでしょ?


ノストラダムスの大予言、あれがはやった時ね、あたしも買って読んだのだよ。
怖かったよ。何しろ的中率99%って言うんだから。
はずれを一所懸命探したら、やっと見つけたのが「人魚が発見される」と言うもので、これはありえないと思ったらヨーロッパで人魚の屍骸が発見されたと言う報道に接し、それが事実だろうが違っていようが関係なく、そう言うニュースが出た事で全てが実現する事がわかったって書いてあってね。

とんでもない奴だよ、五島勉!


その後、あまりのブームに怒ったのか、推理作家で有名な高木彬光氏が「ノストラダムスの大予言の秘密」で徹底的に原詩の翻訳から始め、そのいいかげんさを指摘している。

あたしもね、その後、「ノストラダムスの全予言」と言う本を入手したんだけど、驚くよ。
的中率99%のはずなのに、いまだ誰一人何を言いたいのかわからないと言う予言詩だけで1割以上有るんだからね。

残る予言も、ご承知の通り、あいまいな4行詩だから、どうにでも解釈できる。
中にはね、ノストラダムス研究家が一致している解釈として時間を遡った予言なんていうのもあってね、過去の事例を予言してよいのなら、私も大預言者になれるぞ!な〜んてね。

マヤの予言と言われるものも、マヤ暦を西暦に当てはめると、2011年か2012年に終わってる事で、その日が人類滅亡の日だというんだが、マヤ族がそれを否定しているし、マヤの暦は終わりが来れば1に戻るだけだ、と言う話も有るようで、ディザスター・ムービーなどの材料としては面白いが、オリオン座ベテルギウスの超新星爆発に伴うガンマ線バーストが地球を襲い、オゾン層を破壊し人類が死滅すると言う説が有力らしいのだが、ベテルギウスは地球から640光年離れてるんだそうで、1光年が9 460 730 472 580 800 m(約10兆キロ)だからその640倍遠い所から届くのかな?
説明を読んだが、全くわからんかったぞ(笑)


とにかく、当分地球が滅ぶことはない、と思ってるのだが、最後の時が来るのなら、わたしがこの世にいた事すら誰も知らない、そう言う時代であって欲しいね。


で、最後の時、あなたはどこにいたいですか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
“ノウイング” 映画 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる