クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 水嶋ヒロ、処女作が大賞受賞

<<   作成日時 : 2010/11/01 10:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

  水嶋ヒロの小説いきなり大賞!賞金は2000万円!!

 執筆活動を理由に9月に芸能事務所を退社した俳優の水嶋ヒロ(26)が、処女作で「第5回ポプラ社小説大賞」を受賞した。

 命をテーマにした「KAGEROU」という文学作品で、大賞賞金2000万円が贈られる。執筆活動が明らかになってから、わずか1カ月での受賞は大きな反響を呼びそうだ。1日に都内で発表会が行われる。

 水嶋の今度のサプライズは文学賞だった。昨年2月のシンガー・ソングライター、絢香(22)との電撃結婚、今年9月20日付の事務所退社と、次々と世間を驚かせてきたが、新しく挑戦した文学界で早くも才能を発揮した。

 同賞は、大人の読者に向けた本の展開を目指して創設されたが、06年の第1回以外、大賞は過去3回「該当者なし」。4年ぶりの大賞を完全に実力で勝ち取った。

 「命」をテーマにした処女作は、実体験から生まれた。幼稚園から小学校6年までスイスで暮らした帰国子女。友人は「海外の生活の中では苦しい体験もあり、生と死について小さいころから考えていた」と語る。

 別の知人は「自殺者の数を知ったのがきっかけで書いた作品。最後に悔いのない、良い人生だったかを決めるのは自分。そのために、何をしなければいけないかを考えてこの作品が生まれた」と解説した。作詞、作曲をする絢香との出会いからも創作意欲を刺激されたようだ。

 授賞理由や内容の詳細は1日の発表会で明かされる。「作家・水嶋」がどんなメッセージを発するか注目される。

スポニチアネックス

僻み根性で書くけどね(笑)

受賞作を読んだわけじゃないので、実際の所は知らない。
が、たとえばこれまで、彼が何か、いろんな文章を書いて評価された、と言う話を聞いたことが無いのね。
私が知らないだけかもしれないが。

聞くところによると、帰国子女で日本語が苦手だったから、一冊の本を理解するために、何度も繰り返し読むことで、読解力や文章力を身につけたと言うが、まあそれは良いだろう。

ただ、処女作がいきなり、大賞を取ったというのがね、何と言うか出来すぎだと言う気がするんだけど…

いや、良いんだよ、もしかしたらそう言う才能に恵まれた人なのかもしれないし。
本当に才能が有るとしたら、少なくとも役者よりは才能が有ったと言う事だろうし。

が、これまで「機関車トーマス」など、子供向けの作品が多かったポプラ社が、大人向けの展開を図り、それを周知させる事が目的で作られたと言うポプラ社小説大賞だが、このところ3回は受賞者なし。

過去の受賞者にしても、あまり有名な人はいないようだ。私が読んだ事が有る作家と言うのは、「このミス」大賞受賞した山下貴光だけかなあ。
それは単に私が知らないだけかもしれないけどね。

が、少なくとも、2000万と言う高額の大賞賞金支払いに見合うだけの話題性は無かったと思うのだよ。

そこに、突如人気俳優が小説家への転進を宣言し、その処女作が受賞した、と言う事になれば2000万の賞金など、広告宣伝を思えばただみたいなものだからね。
そう言う事で受賞したのでは?なんて僻みたくなるタイプなのさ、あたしゃ(笑)

十年位前まで、何作も選外に終わった悲しい男だからね。


顔は良いし、結婚のいきさつで男は上がったし、演技は下手でも人気はあったし、英語は堪能だし、それで文才まで有って良いはずが無い。そこまで一人をひいきする事は、神様だとて許さないよ(笑)

ま、全部僻みと妬みで書いたような、しょうもないエントリーだと言う事だよ^^

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
洋画「インクレディブル・ハルク」の試写会に行ってゲスト出演した実物見ましたが、マジで「イイ男」です(笑)
青森ねぶたの団体と一緒に壇上にいたんですが、まったく出しゃばる気なし。自分もゲストなのにねぶたの団体にやたら気を使ってるし、それがどうやら素のようだし。
ちなみに、サッカーの技術はプロレベルだそうですよ。マジで天が二物以上与えてます。正直僻むのが恥ずかしくなるレベルです^^;
さとし@快投乱打
2010/11/01 17:58
さとしさん、おはようございます。
サッカーは、怪我さえしなければ日本代表も、と言うくらいだったようですね。
いい男でしょうが(笑)、今回の受賞は、もしかしたら本人が知らないうちに、裏で何か、と言う気がします。

と言うか、そのくらい思わないと嫌になっちゃいますよ(爆)
クルトンパパ
2010/11/02 07:24
本名を明かしたのは受賞してからだそうです。
ちなみに賞金は全額辞退。

やってられない(爆)
さとし@快投乱打
2010/11/02 11:29
実力で受賞したのなら、堂々と賞金貰わないと。
新しい人を育てるのに使って欲しいなどと言うのは、新人が言うせりふじゃない!と思いますが(笑)

たぶん、良い人なんでしょうけどね。
クルトンパパ
2010/11/02 11:45
超遅レス失礼します。
この記事には笑いました。
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/story.html?q=menscyzo_11Nov2010_5723

「右往左往」「ひもじい」はないですよね(笑)。
ためいけ
2010/11/12 06:03
ためいけさん、おはようございます。
言葉を知らなくても、小説は大賞を取れるんです(笑)

こう言う場合に「右往左往」を使ってしまうセンスがもしかしたら、小説のヒントになったりして(爆)

それでも、間違いを指摘され、逆切れする事無く、きちんと感謝を述べる彼の姿勢がきっとまた、評判を上げるんでしょう。

言葉を知らない作家など、腐るほどいますからねえ。彼の実力は、これからわかるんでしょうが、あまり興味はありません(笑)
クルトンパパ
2010/11/12 07:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
水嶋ヒロ、処女作が大賞受賞 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる