クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 凄い戦いだったよ

<<   作成日時 : 2010/12/27 07:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

  9回目の正直! 『M-1グランプリ2010』 笑い飯が悲願の王者に

 “漫才日本一”を決めるお笑いの祭典『M-1グランプリ2010』決勝戦が26日、東京・六本木のテレビ朝日で行われ、笑い飯が決勝進出9回目にして悲願の王座に輝いた。10回目となる同大会だが、今回が最後の開催。最多決勝出場コンビである笑い飯は過去最多のエントリー4835組の頂点に立つと同時に、“最後のM-1王者”の称号と賞金1000万円を手に入れた。

オリコン

  安藤が逆転、6年ぶり女王=浅田は2位、村上3位―全日本フィギュア

 フィギュアスケートの全日本選手権最終日は26日、長野市のビッグハットで行われ、女子は安藤美姫(23)=トヨタ自動車=が合計202.34点で6年ぶり3度目の優勝を果たした。

 この日のフリーで137.58点を挙げて1位となり、ショートプログラム(SP)の2位から逆転した。SPで首位に立ったバンクーバー五輪銀メダルの浅田真央(20)=中京大=は193.69点で2位となり、5連覇を逃した。村上佳菜子(16)=愛知・中京大中京高=が3位に入った。

 試合後、来年3月に東京で開催される世界選手権の代表選手が発表され、女子は安藤、浅田、村上、男子は今大会で初優勝した小塚崇彦(21)=トヨタ自動車=、バンクーバー五輪銅メダルの高橋大輔(24)=関大大学院=、織田信成(23)=関大=が選ばれた。浅田と高橋は前回優勝者として臨む。
 
時事通信

昨日の夜は、この二つの戦いに、結構酔いしれました。

今年が最後となるM−1、決勝進出3組のうち、笑い飯とパンクブーブーは文句なし。
スリムクラブは、実は台所で洗い物してたんで、よく見てないんだけどね(笑)。
個人的には、ナイツが出たらいいなって。「ヤホー」検索じゃなくなってたからね。

決勝の出来は、スリムクラブが一番面白かったかもしれない。
パンクブーブーは、あのネタと言うか、構成で決勝もと言うのはちょっときつかったかもしれないな。

笑い飯は、さすがに今年は決勝では「チンポジ」を封印(爆)して、去年の「鳥人」路線を踏襲しての、予選、決勝2連発。悪くは無かったけど、スリムクラブが実に新しい感じだったんで、ちょっと押されたか?ってね。

まあ、それでも、10年の集大成として、ある意味、「M−1」の顔と言うか、代名詞みたいになってた笑い飯が、最後を飾ると言うのは良かったような気がするよ。

どうやら、笑い飯も何とか復活を!と言ってるし、創設者である紳助も「何らかの形で復活したい」と言う事を言ってるようだから、形を変えて、やってくれると良いねえ。年末、これが結構楽しみでした。



もう一つの戦いも、冷たい氷の上で、本当に熱い戦いだったねえ。
たまたまCM中か何かで、村上佳菜子も見たし、浅田と安藤は、M−1終了後だったんでゆっくり見たよ。

真央ちゃん、前日のSPでトップに立ったんだけど、今年のGPシリーズ3戦、全てフリーではトップだった安藤美姫との差が、あまり無かったんで、ちょっと不安だったんじゃないのかなあ?

滑走前の練習では、見事に決めてたトリプルアクセル、若干回転不足だったらしい。素人が見ても良くわからんかったけどね。それでも、GPシリーズの時のように、全くジャンプが跳べていない、と言う事は無く、そこまでトップの村上を押さえてトップ。ただし、200点に届いてなかったんで、逆転するんじゃないのか?と思いながら安藤を見たよ。

かつて、4回転を成功させたジャンプの天才が、見事な変身を遂げたような。
まるで、カタリーナ・ビットや荒川静香のような、美しい滑りに加え、本当に安定したジャンプで、終わった瞬間の彼女のガッツポーズも当然と言う感じの、本当に素晴らしい滑りだった。


これで、世界選手権の代表は、女子は安藤・浅田・村上の3人で、男子はバンクーバーと同じ小塚・高橋・織田と言う、相変わらず凄いメンバーが揃う。
昨年は高橋と浅田がダブル世界王者になって、日本フィギュア界の実力を見せ付けたからね。
今度は日本であるし、ぜひ、表彰台独占!と言う感じで行って欲しいものだ。


今年最後の日曜の夜、本当に楽しかったよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
浅田真央選手は滑りがドンドン綺麗に変身していきます。少女から女性へと脱皮していくこの時期を見られることが嬉しいです。
村上佳菜子選手も楽しそうで安心して見ていラれます
皆さん笑顔が最高ですね。
タカ
2010/12/28 02:29
タカさん、おはようございます。
真央ちゃんは、女の子から女性への転換期、と言う事も有ってちょっと苦しんでいるようですが、最悪期は乗り切ったようですね。

数年前、安藤美姫が同じような感じで苦しんだ時よりは、症状が軽いような気もしますし。

村上は本当に楽しそうに滑ってます。
女子3人、それぞれ、タイプが違ってて、世界選手権楽しみです。

男子も、全員が4回転を跳べる、と言うのが日本の強みですし、特に小塚が高橋に負けないくらいのステップを手に入れつつあるのが楽しみです。

男女ともフィギュア、強くなりました。
次に来るのは、ペアでしょうか?
クルトンパパ
2010/12/28 06:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
凄い戦いだったよ クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる