クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 市橋、逃亡生活手記を書く!?

<<   作成日時 : 2011/01/25 08:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

      市橋被告、久米島近くのオーハ島で潜伏か

 千葉県市川市で2007年3月、英会話学校講師の英国人女性リンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22歳)が遺体で見つかった事件で、殺人、強姦致死、死体遺棄罪で起訴された市橋達也被告(32)が「逃走中、沖縄県久米島近くの離島で生活していた」と供述していることが24日、捜査関係者への取材でわかった。

 市橋被告は「逃亡生活や心境を本に書きたい」とも供述しているといい、千葉県警はすでに離島に捜査員を派遣、衣類などを押収し、裏付け捜査を進めている。

 捜査関係者によると、市橋被告が潜伏していたとみられる島は、久米島の東約1・2キロにあるオーハ島。久米島町総務課によると、同島には70歳代男性1人が住んでいるだけという。市橋被告は魚を取るなどして生活していたとみられる。

読売新聞

別に市橋が、逃亡生活をどこで送っていたのか?と言う事に大した興味は無い。
ドヤ街に潜伏しているとか、ゲイバーに匿われている、とか諸説あったが、どうやらかなり長期間を、このほぼ無人島に近いオーハ島と言う所にいたらしい。

住民によると、「アルバイトをしたい」とか「どこか借りられる家は無いか?」とか聞いてきたらしいが、とにかく責任を持って答えられる人がいない、と言う事で断ったとか。
そりゃそうだわな。一応住民登録は6名、あるらしいが、実情は一人しか住んでいないというのだから。
それでもちゃんとした人だから、断ったんで、これがいいかげんな人なら「誰もどうせいないんだから、どこでも好きな所に住み着けば」とか言いそうだけどね。

で、結局、かつて米軍が作った監視所後に住み着いたらしい。
当然、電気もガスも無く、釣りをしたり、蛇などを捕まえて食べたりしてたんだそうだ。
と言っても、そんなにいつもいつも、十分には食べられないんで、かなり空腹との戦いになったんだってさ。

だから、逮捕時にはあんなに痩せて、一部の馬鹿が「イケメンだ!」とか騒いだんだね。その後、逮捕され絶食をやめて太ったら、あの、整形後の写真と同じになったから、騒ぎも沈静化したけどね。

それにしても、手記を書きたい、って何考えているんだろうね?
っつうか、何を書いて、何を伝えたいんだろう?

逃亡犯の心情が、きちんと書かれているのなら、もしかしたら、一読の価値があるのかもしれない。
どう言う気持ちで逃げているとか、どう言う事が怖いとか、やった事が無い者にとっては、ちょっと興味が無い事も無いが、手記の前に、ご遺族や逃走中に迷惑をかけた人たちに対する真摯な謝罪が先だと思うけどね。

ま、結局、こう言う奴らの手記と言うので稼ごうと言う出版社の思惑、それがあるんだろうね。
某らりピーも確か、なんかそんなの出すとか出したとかで騒がれたけど、儲けるためなら倫理観などお構いなし、そう言う出版者の姿勢は正されてしかるべきだろう。

もし、本当に出版され、少しでも売れたら、印税などの収入を全て、ご遺族への慰謝料にする、と言うのならまだ、有りかもしれないが、どうもこの馬鹿は、数年の服役で出てこられると思っているような気がするんで、ご遺族など面倒な存在だとしか思ってない気がしてならないのだけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
遺族に渡すって話もなくはないようですが、容疑者と出版社の自己弁護のきれいごと以上には聞こえませんね。
有罪確定ではないが、このような容疑者の生の声(言い分)を出すことに意味があると主張するのであれば、まだ納得しますが・・・。
箕輪伝蔵
2011/01/25 20:25
 パパさん、こんばんは。
こういうのって、出版社側から「本を出さないか?」としつこく迫られるんだそうですね。
市橋被告は自ら書きたいと供述しているようですか、言わなくても出版のオファーは来るんでしょうね。
本の収入をご遺族への賠償に当てることになっても、出版社自身はこんなことで儲けるってことですから、釈然としませんよね。
スクネ
2011/01/25 21:58
箕輪伝蔵さん、おはようございます。
どうやら、一部を被害弁済に当てるなどと言う事を言ってるようですが、どう考えても目立ちたい、と言うのが一番のような気がします。
おっしゃるとおりの理由で、と言うのならまだしも、自分の逃亡記を英雄気取りで書かれたら腹が立つだけですよね。

スクネさん、おはようございます。
出版者には倫理観と言うのは無いんでしょうね。某人気俳優の小説にしても、どうやら出版社上げて相当手を入れて、何とか読めるレベルになって出版したとか言う話が一部週刊誌などに出てますが、それに対し、抗議したと言う話も聴きませんから、おそらくそんな所なんでしょ。

売れるなら、何でもやる、そのためには少々の倫理違反などお構いなし。
まるで、某与党元代表のような感じです。
クルトンパパ
2011/01/26 07:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
市橋、逃亡生活手記を書く!? クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる