クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国の格付けだしね(笑)

<<   作成日時 : 2011/08/17 11:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

 中国鉄道省が「トリプルA」?噴飯格付けに非難ゴウゴウ

 米国債を格下げしたことで話題になった中国の格付け会社「大公国際資信評価」が、高速鉄道事故や相次ぐ故障を起こした中国鉄道省に最高の「トリプルA」を付けた。中国のメディアですら「実態にそぐわない」と批判、格付けの公正さが問われている。

 共同電によると、大公国際は中国の国債の格付けを米国より高い「ダブルAプラス」としているが、鉄道省の評価はさらに高い。しかし、中国鉄道事業は2兆元(約24兆円)を超える債務を抱えるほか、日本の新幹線などの技術のパクリ疑惑やずさんな安全管理、事故対応のまずさで信頼が失墜し「解体論」も浮上。投資家の間でも不安が高まっている。

 大公国際は欧米の格付け会社と比べ、先進国を低めに、新興国を高めに評価しているのが特徴で米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)による米国債格下げ発表前の今月3日に米国債を格下げした。一方で最近、200億元の短期債券を発行した鉄道省にトリプルAを付けた。

 大公国際は「鉄道省は優良資産を保有し(鉄道事業の)発展見通しも明るい」と理由を説明するが、京華時報は「説得力に欠ける」と一蹴した。

ZAKZAK 2011年8月16日(火)

格付け会社が、大体、それほど当てになるものじゃないのは、有名な話で、あれの格付けに一喜一憂するのは間違いだろう。
オバマが言った事が正しいとは言わないが、それでも今、アメリカが格付けのトップじゃない、と言うのは世界的に見ても違うと思うよ。

アメリカが堕ちてしまえば、今、安全だ、万全だと思われている国にしても、一気に流動化するのが、第2次大戦後の世界経済だからね。

で、さらに言えば、この中国の格付け会社など、信頼に値しないのは当然の話。
アメリカの国債の格付けを世界で一番、下げたのは何か理由があるのかもしれない。が、実は、米国債が不安定になって一番困るのは、最大保有国の中国なんだろうが、それにはまだ、何か理由があるのかもしれないね。

無駄に持っている外貨で、下がった米国債を買い集め、アメリカに影響力を行使したいとかね。

でも、それにしても、あの大事故を引き起こした、中国鉄道省がトリプルAだって言うのは、どう考えても異常。

どうやら、多額の債務を抱えている鉄道省は、更なる鉄道網の建築とか、整備などに多額の金が必要となっているようで、鉄道債をまた、大量発行することになっているらしい。

そういう政府の思惑にそって、この大公国際はこういう格付けをしたと言う事だろう。


ま、もともと、中国の話だから、外国人や企業は信用など誰もして無いだろうから、騙されるのは政府を妄信している一部の中国人だけ、と言う事になるんだろうね。

別にかまわんけどさ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
これだけでも株で稼げる!【短期投資応用編】
株式投資に対して、難しく考えすぎている人が、あまりにも多い・・・。 ...続きを見る
これだけでも株で稼げる!【短期投資応用編...
2011/08/17 12:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
中国ですからね・・・。
格付けといえば・・・アメリカよりもはるかに格付が低く、借金は他の国よりもダントツに多い日本の円が買われるのか、まったく理解できませんけど・・・。
箕輪伝蔵
2011/08/17 21:10
箕輪伝蔵さん、おはようございます。
本当に、なぜ、日本円が買われるのか?わかりませんよね。
経済も相当に厳しい中、主導すべき政治も混乱中。借金も山ほどあるし、米国債もいっぱい持ってて、売ることもできない。

やっぱり、これまでの信用ということでしょうか?
クルトンパパ
2011/08/18 06:56
パパさん、おはようございます。
“アメリカの国債の格付けを下げたら、シナ自体が損害を被るだろうね”と思っていましたが、そういう見方もできるのですね。
 勉強になりました。
しかし、疑問があるのですが、シナ鉄道の事故にも調査委員会のようなものがあるのでしょうが。
まったく白紙の思想で物理や化学を駆使して調査をすることが果たして出来るのでしょうかね?
 調査結果が“予測できない事故”としてしまったら「ウソだろ」とマスコミや国際世論から叩かれるだろうし、“システムの問題”としてしまったら、それを採用した党の責任が問われるだろうし。
 これは・・・調査に時間をかけて記憶が薄まった時期ぐらいに適当に責任者を処罰して手打ちでしょうね。
 果たして“製品やシステムを作れない人間たちに、その製品の評価や調査ができるのか?”という素人でも分かる疑問にどうやってフタをするのか見ものですね。
 ヒョコヒョコとバカな日本人が調査に協力する、そして名目はシナ人が調査した事になる、なんて事のないよう願いたいですね。
  
ひょっとこハム太郎
2011/08/21 06:29
ハム太郎さん、おはようございます。
本当は、下がりすぎたら困るはずなんですよ。世界最大の米国債保有国なんですから。

ただ、目先の事を考えればと言う事もある気がしますけどね。

中国の調査委員会など、共産党の思惑がまずあって、それに沿った結論を導き出すためのものでしょう。

鉄道省そのものを悪とするわけにはいかないから、おそらく、関係部署から何人かが賄賂をとって、という感じで終わらせるような気がします。

外国人は関与させませんよ。党の言うことを聞いてくれませんから(消)
クルトンパパ
2011/08/22 07:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国の格付けだしね(笑) クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる