クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 小沢鋭仁、総理になったら大変だね

<<   作成日時 : 2011/08/23 11:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

      海外から電力輸入を=小沢元環境相

 民主党代表選出馬を目指す小沢鋭仁元環境相は22日、時事通信のインタビューに応じ、原発からの段階的撤退を目指す立場を改めて示した上で、代替エネルギーに関し「海外から電力の直接輸入を行う」と語った。ドイツなどは電力を輸入しているため「脱原発」への転換が可能だったとの指摘があることから、日本も原発依存度を減らすため、電力輸入に踏み切るべきだとの考えを示したものだ。

 小沢氏は「(輸入先は)韓国、中国などいろんな国の可能性があっていい。国と国の間に海底ケーブルを1本引けば全て解決する」と語った。同氏は代表選の目玉公約として訴えていく考えだ。

時事通信 2011年8月22日(月)

この人は、どうも事の根幹をわかっていないのではないのか?
確かに、ドイツやスイスが「脱原発」を果たして行く中で、フランスからの電力輸入と言う事をやって、自国の脱原発を果たそうとしている。

が、同じ事を日本でやれる、と考える短絡的思考がとてもじゃないが、この人が総理の器では無い以前に、国会議員の資格すらない事を明らかにしているね。

輸入先は)韓国、中国などいろんな国の可能性があっていいと、こうやって例示した国が、本当にそれにふさわしい国だと、この人は思っているのか?
どちらも、日常的に計画停電や非常停電がある国だよ。

さらに、韓国は大統領が「日本とは長い歴史の中で時々、悪縁(の関係)にあった」とか「隣国を選択することができない以上、国力を養いながら賢明に日本との関係を
進めていくしかない」
と、こっちが言いたい話だ、と言うような事を平気で言うような国。

中国に至っては、今現在、間違いなく日本最大の仮想敵国。
その両国に、電力と言う大事なインフラを任せようと言う発想には、驚き以前にあきれ返るしかない。

脱原発をどう進めていくのか?と言う事は本来、非常に大事な問題なのだが、民主党の代表候補らはほとんど口にしないのにも呆れるが、だからと言って、こういう話は論外以前の話。

やっぱりこの政党には、本当に誰も人材がいないんだなあと改めて感じさせられた話だよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさんこんばんは
ロシアが天然ガスを使って、ヨーロッパ諸国にやってることを考えろとか、中国から原発の電気を買う気なのかとか、突っ込みどころ満載です。
自分が党首選で勝つことはないし、仮に実行しようとしても反対が多くて実現することは無いという前提の、民主党お得意の言いっぱなしでしょう。
実現しなければ責任も発生しませんから。
ぺんぺん草
2011/08/23 22:38
(T▽T)アハハ!
うけますね〜!!
とも
2011/08/24 02:44
ぺんぺん草さん、おはようございます。
日本の電力を、彼らに頼れば、どういう姿勢で来るかなど、わかりそうなもの。

確かに、立候補すら危ぶまれる状況になって、破れかぶれなのかもしれません。

ともさん、おはようございます。
総理になって言ったのなら、笑い事じゃないですけどね。
クルトンパパ
2011/08/24 06:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
小沢鋭仁、総理になったら大変だね クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる