クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 紳助の引退

<<   作成日時 : 2011/08/24 07:26   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

島田紳助さん、芸能界を引退=「暴力団関係者と親密メール」―テレビ番組は全て降板

 タレントの島田紳助さん(55)は23日、東京都内で記者会見し、芸能界引退を発表した。所属事務所のよしもとクリエイティブ・エージェンシー(水谷暢宏社長)は「(島田さんが)暴力団関係者との間に一定の親密さをうかがわせる携帯メールのやりとりを行っていたことが判明した」と説明した。
 
 島田さんは「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)、「紳助社長のプロデュース大作戦! 」(TBS系)、「開運! なんでも鑑定団」(テレビ東京系)など多数のレギュラー番組でメーン司会などを担当しているが、全て降板する。会見で島田さんは、暴力団関係者と会ったことやメールのやりとりを認めた上で、「自分の中ではセーフだと思っていた。吉本から芸能界のモラルとしては駄目だと言われ、認識の甘さを知った」と話した。

 同社の調査で2005年6月ごろから07年6月ごろまで、島田さんと暴力団関係者との間でメールのやりとりがあったことが分かり、本人に事実確認したところ、「何ら弁解することはない」として、自ら引退を申し出たという。島田さんは十数年前に、知人を介して暴力団関係者と知り合い、メールのやりとりのほか、4、5回会ったとしている。
 
 同社は「法律に触れるものではなく、経済的な利害関係は認められなかった」としながらも、「社会的影響力があるテレビなどに出演しているタレントとしては理由を問わず、許されるものではない」と指摘、事実上の解雇となったことを明らかにした。島田さんは「一番重い処分を自分に与えたので、お許しいただけたらと思います」と話した。
 
時事通信 8月24日(水)

島田紳助が、暴力団関係者との交際が有った事を理由に、事実上解雇処分である形で引退を表明した。
まあ、驚きではあるが、別にかまわん。

最近は、彼の番組、ほとんど見て無いし。ヘキサゴンもしばらくは楽しかったけど、最近はつまらなかったしね。
行列の出来る法律相談所に至っては、タイトルと無関係の芸能人の馬鹿話になってしまって。
あれでは、出演している弁護士さんがかわいそうな位だし。

唯一、なんでも鑑定団を見てたが、あれは紳助じゃなくてもやれるし、続くかなあ?
他の番組は、紳助色が強すぎるから、MCを代えたら無理だろうから、今クールは何とかやれても、次には打ち切りだろう。が、9月から新番組を!と今言われてもやれないだろうからねえ。今の日本のテレビ局は。
別のMCを立てて3ヶ月、やっていくのかもしれないが、ジリ貧は避けられない。
特に、ヘキサゴンは無理だね。多分、フジの水曜7時は、特番が増えるんだろうなあ(笑)

今回の引退と言う事に関しては、何か犯罪行為があったとか、違法行為が有ったと言う訳じゃないから、厳しいと言う説もあるけど、芸能界と暴力団の付き合いと言う事が、厳しく言われだして久しいだけに、仕方ないんだろう。
何しろ、結婚式に出て、そこにやくざがいたというだけで批判されるんだから、相手が何者かを知って、それでも付き合いを止めなかったと言う以上ね。

ただ、紳助は別にどうでもいいやって感じなんだろうね。
あの上岡竜太郎が引退した年と同じだし、これから先の生活に不安があるわけじゃないだろうし。
もしかしたら、自分の中で、ある意味、限界が見えてきていたのじゃないか?と言う気がするんだよね。

そう言う事もあって、スパッと辞めてしまったほうが、何かと良いかなってね。
こういう形で辞めちゃってたら、もしかしたら、将来、何らかの形で復帰も有るかもしれないしね。
ここでまた、数ヶ月の謹慎では、もしかしたら、そっちの方が今後に悪影響が出るかもしれないし。


ただね、大変なのはこれからだよね。
CM契約をしているスポンサーや、どうやら6本ほどレギュラーを持っているらしいから、それらをどうするか?ってね。一説によると、損害は数十億になるかもしれないらしく、果たして、それを紳助がどの程度、かぶるのか?
吉本が見ていくのか?と言う事になるだろうし、紳助プロデュースで出てきたタレントたちも、自分の今後が不安だろうなあ。

ある程度のポジションをつかんでる連中は、これからは自分の努力で何とかと言う事も出来るだろうが、紳助におんぶに抱っこで、今から紳助の力で出て行こうとしてタレントたちは怖いだろうね。不安だろうね。
仕方ないんだけどね。


それにしても、朝の民放ニュースショー。
これがトップ扱いで、さらに相当な時間をこのニュースに割いているが、それはどうなんだろうね?
って、自分も最初に書いていて言うのもなんだが(笑)

昨日は前原氏が代表選立候補を表明したし、リビア情勢もいよいよ、トリポリのカダフィ大佐の居住区や国営テレビも反政府軍が掌握したとか、あの大阪のバラバラ事件も容疑者逮捕など、他にも大きなニュースがあったと思うと言うより、テレビ局にとっては紳助引退が一番大きいニュースだろうが、一般国民にとっては、先に書いたニュースや、福島第1原発の浄化装置から高放射能が検出され、停止したとか、各地で集中豪雨が起きて大変だと言うほうが、はるかに大きなニュースだと思うのだけどね。

これでわかるのは、テレビ局にとって、一般国民にとっての重大ニュースよりも、自分たちへの影響が大きいニュースが優先されると言う事だ。

まあ、こういう姿勢だから、フジへの抗議でもを完全無視とか平気で出来るんだろうけどね。



紳助の引退も、来月には大したニュースじゃなくなる。
テレビには、これまでの紳助が占めていたポジションを狙って、タレントたちが動くんだろうし、誰かがそう言うポジションをもてるのかもしれない。
そして、年末前にはいつもどおりの、下らんテレビが今までどおりに続く。

その程度の話でしかないものを、余りに大きく報道するのもどうかと思うのだけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
紳助の引退 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる