クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ポーツマスの贋作」 井上尚登

<<   作成日時 : 2011/10/07 07:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

難航を極めた日露戦争を終結させるためのポーツマスでの講和会議。

そこに、北斎の贋作が絡んで、ポーツマス、パリ、東京の3つの軸を展開しながら、なかなか面白く話が進む。

当然、会議に出た小村寿太郎やヴィッテも苦悩しながら出てくるが、小説であるから、主要登場人物は仮想上のもの。北斎の贋作がかぎか?と言うとそうでもないが、絵画がいわゆるスパイ活動に大きく関与する、と言うことか。

「T.R.Y」が非常に面白かったので、それと比べたら落ちるが、ま、良いのじゃないの?



ポーツマスの贋作
角川書店(角川グループパブリッシング)
井上 尚登

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ポーツマスの贋作 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ポーツマスの贋作」 井上尚登 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる