クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 相変わらず下らん報道だ

<<   作成日時 : 2011/11/08 06:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

         首相、今度は4500円で散髪

 野田佳彦首相は7日夜、東京・西新宿の理髪店で散髪した。就任翌日の9月3日には10分で料金1千円のチェーン店に出向く「パフォーマンス」を批判されたのを意識してか、この日はカット料金4千円以上の理髪店を選んだ。

 首相は西新宿のホテルで開かれた民主党地方議員の会合に出席した足で、近くの理髪店を訪れた。9月には文字通り10分間で散髪を終えたが、今回は約50分。

 公邸に戻った首相は、記者団に「さっぱりしました」と感想を述べた。同店によるとカット料金は4515円だった。

 首相が「千円カット」を利用したことに、理容師団体の全国理容生活衛生同業組合連合会(全理連)から抗議の声が上がっていた。

 和歌山県を中心に甚大な被害を出した台風12号の上陸後に行ったために「理髪店に行くより首相官邸の危機管理センターに行くのが先ではないか」(自民党の石原伸晃幹事長)との批判も出た。

産経新聞 11月7日(月)

あのさ、野ダメがどこで髪を切ろうが、何か影響があるのか?
せいぜい、前回のように「千円カット」を利用されたことに対し、全理連は影響が有るかもしれないから、抗議しても良いが、それにしても、1000円、1500円程度の理髪店の存在など誰でも知っている訳で、大した事は無い。

総理がそういう店でカットする事が良いかどうか?もどうでも良い。

この国のメディアは麻生元総理がホテルのバーに通っているだの、カップめんの値段を知らなかっただので、まるで鬼の首を取ったような大騒ぎをしたが、それが結果的に、それ以下の総理を次々と生むことになってしまった事に対する反省と言うものが全く無い。

野ダメが1000円カットの理容店に行ったのは、庶民派アピールの下らんパフォーマンスでしかない。
馬鹿ンがラーメン屋に行ったり、ポッポがハンバーガー買って庶民派をアピールした事と一緒。
そう言うアピールが、単なるパフォーマンスで、政治家の質とは全く関係が無い事ははっきりしているのだから、そろそろ、メディアはこういう馬鹿なパフォーマンスを報じるのを止めるべきだと思うのだけどね。

野ダメがどこで髪を切ろうが、全く今の政治状況に関係無い訳だろ?
それとも、4500円と言う高級店で、実は谷垣自民党総裁と密談していた、と言う事でも有るのなら、また話は違うが。

本当にこういう事を嬉々として報道するようでは、我が国の1流紙は、イエローペーパー並みの知性しかない、と言われても仕方ないよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 パパさん、こんにちは。
マスコミも全く進歩がないですね。
また散髪の感想ですか。
髪を切った感想を、必死で知りたがるマスコミ(笑)
しかも、「庶民派」なんて、マスコミの判断基準もおかしいですよ。
どこの国に、運転手付きの高級車で、SPを連れて散髪屋に押しかける庶民がいるんですか。
スクネ
2011/11/08 13:00
スクネさん、こんにちは。
だいたい、庶民派である必要が本当にあるのか?それが疑問です。
庶民の気持ちを理解できれば、それで良いわけで、むしろ、庶民感覚で国政をやられたら、多分、あっという間に貧乏くさい国になるか、無駄遣いのオンパレードになりますよ。

庶民なんてそんなものです。
クルトンパパ
2011/11/08 13:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
相変わらず下らん報道だ クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる