クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 昭和

<<   作成日時 : 2012/02/17 08:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

今日のYOMIURIONLINEの「発言小町」のテーマが「昭和の懐かしいもの」だったんで、思わず投稿してしまった。

確かに、今の時代の方が、どんどん凄いものが作られ、各家庭や個人のところに届くけどさ、昭和、それも30年代の方が喜びは大きかったと思うのだよ。

初めてテレビや、電子レンジ、洗濯機が家に来た時の喜び。
あれは凄いものがあったからね。

ずっと生きてきて、ビデオを初めて買った時とか、今は懐かしいレーザーディスクを買った時。
ホームビデオを買って子供を撮影した時など、それはそれなりに嬉しかったけど、爆発的な幸せ感はとても及ばなかった。

ましてや今の子供たちにとっては、テレビだろうがブルーレイだろうが、家にあって当然だし、友達の家にあって我が家に無いと、それは許しがたい話だったりするんだろう。
町内にテレビや電話が有る家など何件も無くて、プロレスを見るため他人の家に行くのもふつうで、電話が有る家は、近所の家に呼び出しで走っていくのも当たり前だったよね。
うちは商売していたから、本当に隣近所に良く「電話ですよ」って、子供が走らせられてたよ。

電気冷蔵庫(今の若い人は、電気じゃないってなんだ?って感じだろうね)が来る前、夏なんかに氷屋さんが馬にリアカーを引かせてやってきて、家の前で氷を切ってくれる。
そうすると、子供たちがワラワラ集まってきて、削りかすを求めて大騒ぎ。ずっと、氷屋さんの後を付いていったりね。今考えれば、なんだったんだろうね?あれは(笑)

テレビでアメリカから衛生中継が有る、と言うのでどきどきしていたら、いきなり飛び込んできたケネディ暗殺。
アポロ11号の月面着陸に本当に興奮したし。東京オリンピックや万博開催が、誇らしかったりね。

きっと、今の子供たちや若い人たちが感じる感動や興奮、その何倍も凄いものを、あの時代、子供だった我々は感じていたような。

便利な世の中がどっちか?と言うと今だろう。
あの頃にもう一度戻りたいか?と聞かれれば、嫌だよね。道路も舗装されてないのが普通で、雨が降るとべちゃべちゃでね。アスファルト舗装されてる道路も、夏暑くなると、溶けてべったりくっついてきたり。
テレビも初めの頃は、昼間は放送されてなかったし、インターネットも携帯電話も無いし。
きっと、今の精神状態であの時代に戻れば、不便さにすぐに嫌になりそうな。

でも、懐かしいし、時々遊びに行けたら言ってみたいけどね(笑)

それと、「三丁目の夕日」を見てて感じるのは、当時の東京と佐世保、それほど大きな差が無かったんだなあってね。一平君たちがやってた遊びを我々もやってたし、あの頃東京の大人たちが興奮している事を、こっちの大人たちも興奮していたしね。

もしかしたら、もっと我々よりも昔の人たちは、もっと些細な事で喜んで、興奮し、悔しがったりしてたのかもしれない。
人間は、便利さと引き換えに、そう言う人間らしい感情を無くして来たのかも知れないなって思ったのだよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
『昭和』って表示があれば、無視出来ませんデス。
ワタシは「東京タワー」と同じ歳。
昭和30年から40年代のような急激な経済成長はないかもしれませんが、今後も未来に向かって進化していくであろうと考えれば、20年後、30年後の人間の生活水準がどんなものになっているかとても興味があります。
形は違えど、いつの時代も成長・進化しているようですが、なぜに日本人にとっての『昭和』がトクベツなのかについては
その前が戦争だったし
現代社会の生産部分が、戦後の昭和生まれ中心に動いているということもありますが
人々の意識に共通する部分が多いということは、家庭に1台しかないテレビを家族皆で囲んで見て居た風景があるからではないでしょうか。今は、個室でそれぞれに見るものが違うでしょう。価値観の共有というものも無くなりましたね。
三毛猫
2012/02/17 18:54
三毛猫さん、おはようございます。
私よりちょっと下ですね^^

文明は進化していくんでしょうが、果たして文化は進化するのか?退化していくのか?どっちなんでしょうね?

「昭和」と言うのは、本当に激動の時代で、大正モダンを引きずったまま始まったのに、軍靴の足音が国中を蹂躙し、そして、世界向け動き出した。

60年以上続いただけに、本当にいろんな事があった時代ですよね。

貧しさが恥じゃなかったと言うか、みんな貧しい時代だったですからね。その分、いろんな関係が濃密で、当時は鬱陶しいくらいでしたが、今のような希薄な時代は、治安上問題でしょうしね。

テレビに限らず、夏の扇風機もコタツも、居間に1台だけだったから、みんなそこに集まってた、そういう時代だったからこそと言う事でしょうね。
クルトンパパ
2012/02/18 07:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
昭和 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる