クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 器が小さい(嘲)言うだけ番長

<<   作成日時 : 2012/02/24 06:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

     前原氏、記者会見で産経排除=「言うだけ番長」報道に抗議

 民主党の前原誠司政調会長は23日夜の定例の記者会見で、前原氏に関する報道内容を理由に産経新聞記者の出席を拒否した。政権与党幹部の記者会見で、特定のメディアを排除するのは異例だ。

 前原氏は出席拒否の理由について「明らかに度が過ぎ、事実と反した、人をおとしめるための悪口を書き続けることはペンの暴力だ。(産経の報道は)受容の範囲を超えている」と強調。また、産経新聞に対し、文書で報道に関する説明を求めたことを明らかにした。

 前原氏は具体的にどの記事を問題にしているかについては「私が言うとペンによって拡散される。私からは控えたい」と明らかにしなかった。

 産経新聞のウェブサイトによると、前原氏は同日、自身を「言うだけ番長」などと記載した産経新聞の報道に抗議し、会見出席を拒否する意向を伝えた。

 前原氏は衆院議員会館での会見前に産経新聞記者がいたことから「会見を始められない」と述べ、会見場所を別に移した。会見室前で民主党職員により出席者の名刺提出が求められ、産経記者の入室は拒まれた。会見では複数の記者が、産経を排除した前原氏の対応に抗議したが、同氏は「事実に基づかない悪口を書かれ続けている。政治家にも人格がある」と産経の出席に応じなかった。

 飯塚浩彦産経新聞東京本社編集局長の話 報道での表現を理由に記者会見への出席を拒否されたのは極めて遺憾だ。断固抗議したい。公党、しかも政権政党の政策責任者である前原氏が、このような理由で記者会見への出席を拒むことは看過できず、前原氏に猛省を促し、今回の措置の撤回を求める。
 
時事通信 2月23日(木)

政権与党の政調会長で、次の総理になろうかと言う政治家のくせに、なんともケツの穴が小さい奴だぞ、前原は。

どうやら、産経新聞が彼を何度も繰り返し「言うだけ番長」と書いたのがお気に召さなかったようだ。
前原関連の記事で、産経が明らかに他紙と違うのはどうやらそこしか無いようだから(笑)

言いっぱなしで行動が伴わないのは、誰でも知っている事で、「番長」と呼んで貰えるだけありがたいと思わなきゃ(笑)

橋下大阪市長に対しても、選挙中まではぼろくそ言ってたのに、当選したら掌返しをして擦り寄ったのが誰かはみんな知ってるし。
八ッ場ダムを何が何でも中止させる、と息巻いたのに、粛々と予算が復活し、継続が決まっても「言うだけ」で何にも行動を起こさないしね。
尖閣諸島の中国漁船衝突事件の時も、外相として、国内法に従い粛々と対応する、と口は言ったが、事実上の無罪放免に対し、何にも言わなかったし行動もしなかったんだから、まさしく「言うだけ番長」以外の何物でもないのは明白でしょ?

たまに珍しく行動したら、あの「永田偽メール」事件のような事になるしね(笑)

それにしても、たかが「言うだけ番長」と書かれた、と言うのが気に入らないと言って、政権与党政調会長と言う権力者が、記者を締め出すなどなんとも人物の器が小さいとしか言いようが無いと言う事だ。

残念ながら、結局この人は、単なる軍事オタク以外の何物でもなかったんだなあ。
代表就任時には、「日本のトニー・ブレア」になると期待したのにねえ。屁みたいな政治家だったということだろうな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、こんばんわ。
 マスゴミが徹底擁護して造られた、虚像政党ですからね。
 まともな評価をされれば、そりゃ耳に痛いでしょう。
 まあ、野党時から産経新聞ぐらいしか民主党に対する客観的な批判をしていなかったですから、キツイ事を言えるのも産経新聞ぐらいでしょう。
 自称『日本一の新聞』の朝日・毎日は偏向・捏造報道=デマの嵐で民主党政権の誕生の共犯者ですから、あまりキツイ事を言うとブーメランになるのでツッコミが甘いです。
 というかツッコミ所が的外れの頓珍漢。
 産経ですら最近は、ネジが一本外れたような的外れの記事(地方政党の橋下に軍事防衛を求めたり、政治家へのインタビューに見せかけた焼肉屋の宣伝になってたり)が増えてます。
 まあ、何を言っても馬耳東風。
聞く耳も、考える頭も、恥を知る心も持たないのが民主党クオリティ。
 日本の金を特亜にばら撒き、日本の国土を切渡し、政治実験ごっこで借金を増やし、仕分けと称して国が担うべき災害対策費を削る。
 結果増えた赤字を、根拠の無い増税で補填しようとし、そのくせ自らの非を認めず解散もしない。
 民主党が与党になった時に、予想した悪夢が次々と現実になっていきます。
 売国奴の存在を許してきた罪は、果てしなく重い。
世界史は面白い
2012/02/25 18:17
世界史は面白いさん、おはようございます。
残念なんですよ、私は。
民主党の中では、かなり期待できる人だと思ってただけに、まったくがっかりです。
クルトンパパ
2012/02/27 07:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
器が小さい(嘲)言うだけ番長 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる