クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国クオリティ炸裂!

<<   作成日時 : 2012/03/22 07:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

      意識不明の女子高生を警官が用水路に遺棄 中国

 中国メディアによると、安徽省亳州市で、暴漢に襲われて意識不明となった被害者の女子高生(18)を、警官が死亡したホームレスと判断し、女子高生が用水路に遺棄される事件が起きた。女子高生はその後救助され一命をとりとめたが、インターネット上で大きな波紋が広がっている。

 報道によると、女子高生は今月11日、学校から帰宅途中に暴漢に襲われた。村民が12日、用水路に血だらけで倒れている女子高生を発見し警察に通報した。現場では「まだ息がある」との声もあったが、警官は凍死したホームレスと判断。その後、地元政府当局者が手配した車の運転手が、女子高生を別の市の用水路に遺棄していたという。

 同当局者が火葬場に移送するよう指示したとの証言もある一方、運転手に金を渡し村の外に運び出すよう命じたとの情報もある。事件にかかわった警官らは当局の取り調べを受けているという。

産経新聞 2012年3月21日(水)

中国だからねえ、こう言う事があっても驚かない。
どうやら、通報した住民たちが「まだ息がある」と言うのに、この警官は「死んだのはホームレスだし事件性は無い」と言って、いきなり死体運搬車を呼んだらしい。

普通の国ならば、たとえ死んでいるのがホームレスだとしても、当然、検死作業を行うし、事件性の有無を遠めで判断したりしないのだが、中国だからね。
で、その後、不可思議な事に、その運搬を請け負った運転手は、その子を用水路に遺棄してしまう。

この運転手は、遺棄する際には少女を抱き上げたりしたはずなのに、生きていると感じたりしなかったのか?と思うし、何より、誰だろうが、ご遺体をそう言う場所に捨てていくと言うのに痛痒を感じなかったのか?と信じられん。

ま、それが中国クオリティだと言えばそれだけなんだが。

で、ついでに言うと、用水路に血だらけで倒れていて、警察に通報しても痛いと判断されてしまった女子高生が遺体運搬車で搬送されるまで、誰も助けようともしないと言うあたりが、これがまた中国クオリティ(嘲)

何しろ、下手にそう言う倒れている人に手を貸すと、加害者扱いを受け、懲役を食らったり賠償を命じられたりするお国柄だからねえ。

中国に行ったりする事があれば、絶対に倒れない事、それをお勧めする。
そうじゃなければ、どこかの老人のように、病気で倒れたら大声で、私は自分の病気で倒れたので、誰の責任でもありません、助けてくださいと言えるくらいの中国語をマスターしておくべきかもしれないよ。

本当に怖い国だねえ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
中国:倒れていた女子高生 遺体として溝に捨てられる  人工授精男児 非嫡出子扱い
またしても、驚きあきれる ...続きを見る
自分なりの判断のご紹介
2012/03/23 16:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 パパさん、こんばんは。
相変わらず酷い国ですね。
あの様子では、暴漢の捜索すらやっているかどうか怪しいものです。
警察官らへの取り調べも、本当にやっているかどうやら…
スクネ
2012/03/22 18:56
スクネさん、おはようございます。
こう言う報道を聞くにつれ、中国に旅行などで行くのは、本当にやめるべきだと思います。

普通の国なら助かる命が、この国では見捨てられて当然のようですからね。

警官への取調べの有無は、この警官の出自しだいでしょう。彼の係累に党幹部がいれば、うやむや決着でしょうし、誰もそう言うのがいなければ、見せしめに厳罰、そう言う国ですよ。
クルトンパパ
2012/03/23 06:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国クオリティ炸裂! クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる