クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 金星の太陽面通過

<<   作成日時 : 2012/06/06 08:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

金星の太陽面通過:天文ショー再び、6日に全国で 次回は105年後

 金星が黒い点となって太陽の前を横切る「金星の太陽面通過」が、6日午前に日本全国で観測できる。次に見られるのは105年後で、今世紀最後の機会となる。

 金星の太陽面通過は太陽、金星、地球が一直線に並ぶことで起きる。6日午前7時10分ごろから約6時間半かけて、金星が太陽の前を左から右へ横切る様子が全国ほぼ同じ時刻に観察できる。105年後の2117年12月に日本でも見られるが、それまで世界のどこでも機会はなく、国立天文台は「おそらく地球上の誰にとっても最後のチャンス」と、観察を呼び掛けている。

 観察には日食観察用のグラスが必要だ。日本眼科学会によると、5月21日の金環日食の後500人以上が目の異常を訴えており、同学会は「今度は観測時間が長いうえ、太陽光も強い。日食観察用グラスを必ず使ってほしい」と呼びかけている。

毎日新聞 2012年6月6日(水)

今年相次ぐ天体ショーだが、「金環食」もおとといの部分月食も曇り空に阻まれ、全く見えなかったが、今日は快晴!見えたぞ!と言いたいのだが、見えん、と言うかわからん。太陽面をほくろが通過するらしいが、近視の乱視だから、どれがそれなのか全くわからんぞ(笑)

が、今日は6時間以上続くと言うから、もうちょっと真ん中付近に行った時には、多分、わかりやすいだろうから、必ず見てやるぞ!見つけてやるぞ!ってね。

人生で一度も経験した事無いし、次は絶対に見る事できないし。あと105年は生きられないしね。
「これがそうか?」と言うのを見つけたいなあ。見てみたいのだよ。

今年はまだ、8月14日に金星食がある。これも地味だけどね(笑)
つきを金星が横切るそうだが、早朝に見られるんだそうだ。
天体ショー、これはわれわれがどうこうできるものじゃないし、出来るだけ楽しまなきゃね^^

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
金星の太陽面通過:天文ショー再び、6日に全国で 次回は105年後
なんとまあ、関東は雨。 ...続きを見る
自分なりの判断のご紹介
2012/06/06 12:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
残念ながら、東京は、土砂降り状態で見れません。
日食グラスで見ることをお忘れなく。
金環食の時あれほど言われたのに、500人ぐらいが治療を受けてますからね〜
(=^・・^=)
2012/06/06 08:30
(=^・・^=)さん、おはようございます。
溶接面で見てるんで大丈夫なんですが、小さすぎて全く確認できません。
望遠鏡か何かで見なけりゃ、無理じゃないかなあ?
クルトンパパ
2012/06/06 08:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
金星の太陽面通過 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる