クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 汚沢、夫人から三行半。人間、政治家失格

<<   作成日時 : 2012/06/14 07:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

小沢一郎夫人が支援者に「離婚しました」
「愛人」「隠し子」も綴られた便箋11枚の衝撃

民主党の小沢一郎元代表(70)の和子夫人(67)が、昨年11月に地元・岩手県の複数の支援者に、「離婚しました」という内容を綴った手紙を送っていたことがわかった。

便箋11枚にも及ぶ長い手紙の中で、和子夫人は、昨年3月の東日本大震災後の小沢元代表の言動について触れ、「このような未曾有の大災害にあって本来、政治家が真っ先に立ち上がらなければならない筈ですが、実は小沢は放射能が怖くて秘書と一緒に逃げだしました。岩手で長年お世話になった方々が一番苦しい時に見捨てて逃げだした小沢を見て、岩手や日本の為になる人間ではないとわかり離婚いたしました」と書いている。

手紙では、小沢元代表の愛人や隠し子の存在についても触れている。8年前に隠し子の存在がわかったとき、小沢元代表は和子夫人に謝るどころか、「いつでも離婚してやる」と言い放ち、和子夫人は一時は自殺まで考えたとも記している。

そして、このように綴っている。
「それでも離婚しなかったのは、小沢が政治家としていざという時には、郷里と日本の為に役立つかもしれないのに、私が水を差すようなことをしていいのかという思いがあり、私自身が我慢すればと、ずっと耐えてきました。

ところが3月11日、大震災の後、小沢の行動を見て岩手、国の為になるどころか害になることがはっきりわかりました」「国民の生命を守る筈の国会議員が国民を見捨てて放射能怖さに逃げるというのです。何十年もお世話になっている地元を見捨てて逃げるというのです」

こうした大震災後の小沢元代表の言動がきっかけとなり、和子夫人は昨年7月に家を出て別居を始めたという。その後も現在まで別居は続いているが、小沢事務所は「離婚の事実はない」としている。

和子夫人はこうも綴っている。
「かつてない国難の中で放射能が怖いと逃げたあげく、お世話になった方々のご不幸を悼む気も、
郷土の復興を手助けする気もなく自分の保身の為に国政を動かそうとするこんな男を国政に送る手伝いをしてきたことを深く恥じています」

現在、消費税増税法案の採決をめぐって、小沢元代表は造反をちらつかせて野田政権を揺さぶっているが、和子夫人の手紙はそうした政治情勢にも大きな影響を与えそうだ。


「週刊文春」編集部

事実なら、汚沢終了。確かに、震災後、多くの被災地選出議員たちが地元入りする中、なかなか地元に入らない汚沢と言うのが言われていたが、まさか放射能が怖かったから、ってね。

長年連れ添った夫人がかつてない国難の中で放射能が怖いと逃げたあげく、お世話になった方々のご不幸を悼む気も、郷土の復興を手助けする気もなく自分の保身の為に国政を動かそうとするこんな男を国政に送る手伝いをしてきたことを深く恥じていますといったと言う事、この事実は大きいぞ。

以前から、何度も私も書いてきたが、かつての汚沢はともかく、今の汚沢は、自らの権力保持と利権維持のため、政策など無く、ひたすら政局に走る政治屋に成り下がっているのだよ。

政治家の奥さんと言うのは、なかなか地元に帰れなかったり、活動できない夫に代わり、地元で頭を下げ、活動する事で夫を支えているもの。その夫人に対し8年前に隠し子の存在がわかったとき、小沢元代表は和子夫人に謝るどころか、「いつでも離婚してやる」と言い放ったと言うのだから、こいつは本物のろくでなしだと言う事だ。

この手紙が公表された事でわかったのは、汚沢一郎と言うのは、人間としても、政治家としても完全にダメな奴だと言う事。
汚沢終了フラグが立ったと言う事だよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【話題】 隠し子が発覚した際、小沢元代表は和子夫人に謝るどころか、「いつでも離婚してやる」と言い放ち...
1 :影の大門軍団φ ★:2012/06/14(木) 10:49:31.81 ID:???0 13日、Web版「週刊文春」は、民主党の元代表・小沢一郎氏の妻が、支援者宛に離婚したことを伝える手紙を送ったと報じ、ツイッターやネット掲示板で... ...続きを見る
【豆β】ニュース速報+
2012/06/14 16:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ついに女房までに見捨てられたか〜
末は孤独死でありますな。
(=^・・^=)
2012/06/14 08:03
(=^・・^=)さん、おはようございます。
政治家の場合、奥さんの力は大きいんですよ。支持者とか、秘書の中にも本人より奥さんを信頼して、と言う人が結構いますからね。

奥さんが秘密を暴露して、汚沢刑務所入り、なんていう可能性もありますね。
クルトンパパ
2012/06/14 08:52
パパさん、こんばんは。
かつて、恩師より“この世で最強の敵は誰か?”とたずねられました。
私は“K-1ファイター?それとも、ヒクソン・グレイシーでしょうか?いやいや、ジャッキー・チェン?”と答えましたが。
 先生、一言。やっぱり、奥さん・彼女やろ!
一番無防備な姿をさらすのは、彼女達の前ですから。
 どんな仕事をしようが、どういう分野で活躍しようが。
 この世の中を動かしているのは“強い女性”だという事を知らないという事が致命傷ですね。
ひょっとこハム太郎
2012/06/14 16:45
ハム太郎さん、こんにちは。
奥さんを怒らせてしまったと言うのは、多分、汚沢一生の不覚でしょうね。4億円が彼女の資産だったとか言ってごまかしたりしてましたし。
当然のように、汚沢の不正蓄財とかも有る程度知ってるでしょうし。
女房は大事にしないとだめですね^^
クルトンパパ
2012/06/14 16:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
汚沢、夫人から三行半。人間、政治家失格 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる