クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 意味不明のイベントだから

<<   作成日時 : 2012/06/26 09:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

          局部試食イベント、杉並区が刑事告発

 東京都杉並区のライブハウスで今年5月に開催された「人体の一部を食べる」と称するイベントをめぐり、警視庁保安課と杉並署が、自分の局部を提供したとされる芸術家の男性(23)やイベント関係者らを参考人として、事情聴取していたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は、わいせつ物公然陳列の疑いで捜査しており、同日、区から刑事告発を受けた。

 捜査関係者によると、イベントでは、芸術家が参加者約70人の前で、冷凍保存していた局部を焼くなどした。希望者5人が入場料とは別に2万円を支払い、食べたとみられる。

 告発した杉並区の田中良区長は「多くの区民らが不快感を示し、不安感を持っている」などとするコメントを発表した。イベントをめぐっては、区が食品衛生法に抵触する可能性もあるとして調査していた。

産経新聞 2012年6月25日(月)

芸術家にはいらないものだ、として自分の局部を切除してもらうのは良い。
それは勝手。後で後悔するかも知れんけどね。

何もそれを食べないでも、と思うのはわたしの勝手。
が、それを公開する必要は無いだろう、と思うのは割と普通の常識?

他人の局部を2万円も出して食べる?それは以上だと思うのも多分、一般的感想。(笑)

が、それを公開したからといって、わいせつ物公然陳列と言うのはどうだろう?
切ってしまえば、あんなのは小さくなって、多分、形も残していないだろうし。
それを見て、わいせつだと感じる人は居ないんじゃないの?グロテスクだと思う人は居てもさ。

で、「多くの区民らが不快感を示し、不安感を持っている」と言うのも良くわからん。別に、彼らは他人の局部を切り取って食べる趣味があるんじゃないだろう(笑)し、杉並区民は心配しなくても良いと思うのだけどね。

海綿体、食べたいと何故思ったのかはわからんが、公開するほどのイベントじゃないとは思う。
一番聞きたいのは、そう言うのを調理したシェフの感想と言うのは私だけでせうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
意味不明のイベントだから クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる