クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 年内解散を総理、決断か!?

<<   作成日時 : 2012/11/14 06:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

   民主、年内解散反対「党の総意」首相は断行意向

 民主党は13日、国会内で常任幹事会を開き、出席者から、年内の衆院解散を目指す野田首相の動きに対する批判や反発が続出した。

 幹事会では、年内解散への反対論のほか、首相退陣を求める声が上がり、輿石幹事長が首相に対し、「党の総意」として解散に反対する考えを伝えることを決定した。輿石氏はこの後、国会内で首相と会談し、これを報告した。これに対し、首相は年内解散を断行する考えを崩していない。民主党内の攻防は緊迫している。

 首相はこれに先立つ衆院予算委員会で、8月の自民、公明両党との3党首会談で「近いうちに国民に信を問う」と約束したことについて、「『近いうちに』と言った意味は重たいと受け止めているので、近いうちに解散するということだ」と、年内解散の意思が固いことを示した。

読売新聞 2012年11月13日(火)

昨日の常任幹事会は、「年内解散反対」と言う声が続出したようだ。
総理が約束した「近いうち」解散など、彼らには全く関係が無いらしい。
藤井税調会長などは「任期満了までやるべきだ」と言う。これは馬鹿ンも同意見。
渡部顧問も「とんでもない話だ」とまで言うが、解散戦略を支持する意見は聞こえてこない。

だが、これではっきりした。野ダメは本気で年内解散を断行するつもりだ。

反対意見をこうやってどんどん、放出させ、とにかくガスを抜いてしまおうと言う事だろう。
誰がなんと言おうが、イオン岡田が言うとおり「解散は内閣総理大臣のみが持つ大権」であるのだから。

海部元首相が解散をしようとして、党内世論に負け退陣に追い込まれたと言う事はあるが、弱小派閥出身で四面楚歌に追い込まれた海部氏と違い、野ダメには前原派などの支援があり、必ず解散する、嫌なら出て行け!と、党分裂を厭わず断行しそうだな。

谷垣さんとの約束から三ヶ月も経つから、断行と呼ぶにはお粗末だけどね。

輿石が動かない事は、おそらく織り込み済み。それもあって安住を幹事長代行におき、細野を政調会長において、彼らに選挙態勢を作らせると言う事だろう。

民主党の年内解散派の思惑は、いつやろうが選挙は負ける。それなら、参院で第1党である間にやって、次期内閣をねじれ下で苦しめ、次の参院選でなんとか勝利しようと言う事のようだ。

それもあって、実は自民党内にもいっそ、一気にねじれ解消のため、同時選挙が良いと言う意見まであるくらいだからね。

民主党内の反対派は、単純に自分達が負けそうだから。それしかない。
馬鹿ンもポッポも危ない。藤井は次は出ないんだろうが、それでも自分達が作ってきた党の終焉を先延ばししたいと言うのはわかるが、一度吹き始め、勢いを増した解散風を止める手立ては無いと言うのは政界の常識だから、彼らも内心では諦めているんだろうな。

第三極が出揃い、連携を深め、選挙対策が出来る前のほうが、負けは少なく済むという可能性もあるから、年内解散派止められないだろう。歳末に面倒で鬱陶しいが、この馬鹿内閣は1秒も早く退陣すべきだから仕方ないと言う事だよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
年内解散を総理、決断か!? クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる