クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ついに16日解散に総理、言及

<<   作成日時 : 2012/11/14 16:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

野田首相「16日に解散してもいい」=自民が定数削減確約すれば

 野田佳彦首相は14日午後の党首討論で、自民党の安倍晋三総裁に対し、「次期通常国会で(衆院の)定数削減を必ずやると決断してもらえるなら、16日に解散してもいい」と表明した。

 安倍氏は、首相が8月に自民党の谷垣禎一前総裁に確約した「近いうちの解散」を果たすよう要求。これに対し、首相は「『近いうちに国民に信を問う』と言ったことにうそはなかった」と強調するとともに、衆院選の「1票の格差」是正と定数削減の実現を求めた。

 安倍氏は「1票の格差」是正を先行処理するよう主張したが、首相は定数削減の必要性を強調した。

時事通信 2012年11月14日(水)

これはもう、どうしようもないな。誰も止められない。
総理が解散時期をはっきりと口にした以上、これで確定と言ってよいだろう。

当然、安倍総裁としても、次期国会での定数削減実現を約束して、解散させるしかない。
もともと、議員定数削減に関しては、自民党も削減を言っているし、あとは、削減数と比例制度をどう変えるのか?と言う事だろう。

それも、何とかなる話。最終的には、民主提案の一部連用制導入と言う事になるだろうなあ。
面倒な制度だが、選挙で哀しいほど、公明党におんぶに抱っこの自民党としては、公明党に配慮せざるを得ないだろうから、定数を30〜40減らす代わりに、一部連用制導入で、小政党に配慮する、と言う形。

これで年内解散がほぼ確定。
投票日は、明後日解散ならば、9日にも投票できるが、東京都知事選挙と一緒の、16日投票と言う方向になるだろう。

果たして、これから解散否定派がどう動くか?
と言っても、輿石がたまにまともな事を言ったように、民主の新人など、金魚だから水槽(民主党)から飛び出せば死んでしまう連中ばっかりだから、逃げ出す奴はそれほどいないだろうけどね。

おそらくだが、野ダメは維新の会や減税日本、そして太陽の党へ、これからかなりの数が移籍を図っていると言う事をつかんだんじゃないのかな?そうなれば、いくら抵抗しても、内閣不信任案が可決され、最悪の解散総選挙となる。その前に、自らの意思で解散するんだ、と言う方がまだ、選挙にプラスになる、なにより自分の面子が保たれる、と言う事なんじゃないのかな。


いよいよ、年末の選挙。鬱陶しいが、今のグダグダ内閣を代える為、仕方ない事なんだろうねえ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ついに16日解散に総理、言及 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる