クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 来月16日、投票へ

<<   作成日時 : 2012/11/15 07:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

   「うそつき」批判が効いた…突然の解散発言

 野田首相が「16日衆院解散」の意向を突然表明したのは、自らの「近いうち」解散発言をめぐり、野党の「うそつき」批判が強く影響したためとの見方が出ている。

 「通知表を持ち帰った時に、とても成績が下がっていたのでオヤジに怒られると思ったが、なぜか頭をなでてくれた。講評の所に『野田君は正直の上にバカがつく』と書かれていたのを喜んでくれた」

 首相は14日の党首討論で、「近いうち」解散の約束履行を求める自民党の安倍総裁に、小学生時代のエピソードを披露。「だから、元々、うそをつくつもりはない」と続け、解散発言に踏み切った。

 首相の解散表明に、公明党幹部は、「『うそつき』呼ばわりされることを最も嫌がったのだろう」と解説した。首相周辺からは「やはり『うそつき』批判が効いた。政局的判断より、自らの道徳観を優先した結果だ」との指摘も出た。

読売新聞 2012年11月14日(水)

今だ、民主党の幹部なるものが、「16日までに(衆院の1票の格差是正のための)0増5減と特例公債法案ができるのか。何もできないまま解散することになってしまう。16日に解散なんてできないだろう」などと言っているが、内閣総理大臣が国会で、野党第1党党首との討論で、あそこまで明言したものを覆す事など誰にも出来る事ではない。

党幹部と言うと大体が、党三役クラスを言うから、輿石幹事長辺りかもしれないが、希望的観測はわかるが、もう粛々と準備をするしかない。
それにしても驚いた。まさか、日時の明言はしないといい続けてきた野田総理が、16日と言う日をはっきりと言い、いきなり安倍総裁に突きつけるとは思わなかった。
それも、16日と言えば、東アジアサミットでオバマ大統領と会談が決まっている日に解散するなど、これは驚きだ。

最後の最後まで、徹底的に定数削減に拘り、安倍総裁から来年通常国会で、定数削減を実現させると言う確約を引き出し、削減が実現するまでは歳費の2割カットに応じると言う言葉を、その場ではなかったが、その後の安倍総裁の総理提案に全面的に協力すると言う言質を取った事は評価してもよいだろう。

あの場で、あれを言わなければ、常任幹事会など、明らかに解散否定派が勢いを増してきている党内世論を抑えきれず、辞任に追い込まれかね無いと言うところでの決断だろうが、これは思い切った決断だな。

ただし、これで民主党は大分裂を起こす事も決まったが。

すでに、小沢鋭仁元環境相が維新への移籍を言ったし、鳩山派も動く可能性があり、さらにTPP反対派の山田元農水相も離党するようだ。原口一派は、風向きを見ている。もしかしたらこの野田発言によって、一気に民主党の支持率が上昇する可能性があるから、あの出来損ないの風見鶏は残る可能性も十分にあるけどね。

野田総理は、党を割ってでも、自分が思い描く民主党を作ろう!と言う決断であり、選挙後、自・公・民の3党連立内閣誕生の可能性もある。

就任以来、初めて野田総理を評価できた党首討論だった。昨日の党首討論は明らかに奇襲の成功で野田総理が圧勝した事だけは間違いない。
安倍総裁も、まさかあそこで、解散日時まで言ってくるとは思ってなかったようだし。

いよいよ来月4日告示、16日、東京都知事選挙とのダブル選挙と言う日程で固まったようだ。
全ての日本国民が、次の政権を託すにふさわしい政党はどこか?誰が総理にふさわしいかを真剣に、自らの頭で考え、脳から血の汗をかくくらい検討し、選択しなければならない!

はっきりしているのは、次の選挙を棄権するような人間は、政治に対し不平不満を口にする権利など一切無い!と言う事だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
マスゴミの偏向・捏造報道に騙される馬鹿が、また大量発生するんだろうな〜。
 両親が見てるNHKのニュースに対して、心に中でツッコミを入れる毎日です。
 民主党の『政治を政争の道具にしてはいけない』←お前が言うな!
 大体、景気対策をしない、財政的な根拠も持ち出さないで、子育て支援だの医療充実だの蟹が自分の脚食ってるようなもんですよ。
 その程度の矛盾すら指摘できないレポーターが、知識人気取りでコメントを述べている。
 これがアホか、洗脳の為のデマゴーグじゃなくて何なんですか。
 ニュースを聞く度に耳が穢れるという思いがします。
世界史は面白い
2012/11/17 08:18
今回は第三極がどうなるか?でしょうね。
民主は若干、あの解散で復活するでしょうが、大勢は終わる方向でしょうし。

安倍さん、石破さんがどう言うことを選挙に向け発言するか?そこに注目してます。
クルトンパパ
2012/11/17 10:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
来月16日、投票へ クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる