クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 未来の党、党と呼べるレベルじゃない

<<   作成日時 : 2012/12/06 06:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

    「準備不足…」嘉田代表、比例名簿の混乱を陳謝

 日本未来の党の嘉田代表は5日午前、都内のJR赤羽駅前で行った街頭演説で、同党の衆院比例選の候補者名簿などの審査が届け出締め切り後の4日夜まで及んだ混乱について、「昨日は名簿提出でいろいろご心配、ご迷惑をおかけした」と陳謝した。

 嘉田氏はその後、記者団に、「私の党首としての調整不足だ。おわび申し上げる。準備不足だった」とした。

読売新聞 2012年12月5日(水)

 もう、本当に何をかはいわんや、だよ。
 比例名簿の提出がぎりぎりになって、一部では公選法の5時までに間に合わなかったんじゃないのか?とまで言われてる。 一部では、遊説に出ている汚沢が党にいたら、こんなみっともない事にならなかったはず、などと言うが、汚沢は無役でしょ?何を言ってるんだかです。

 どうやら、汚沢派は前職優先の比例名簿を出そうとしたが、それをやられると、飯田代行が比例復活の目がなくなる嘉田派が、前職、新人に差をつけない方向に変更しようとして、中には、飯田代行が選管に、「もし、汚沢派が名簿を持ち込んでも、代表が了承してないから受け付け無い様に」と言う電話をしたなどと言う話も有って、もう、出来たばっかりでばらばら。

 結局、11のブロックのうち、8ブロックは嘉田派の主張が通り、前職・新人に差をつけないが、九州など3ブロックは汚沢派の主張どおりに、前職優先の名簿。これ、3ブロックの新人候補は、いまいち納得できないだろうなあ。党全体がそうならば受け入れられても、大半のブロックでは差が無いんだから。

 選挙用に無理やり作り上げた党だから、統一感が全く無い。汚沢派と嘉田派、この二つの差はどう考えても、自民と社民か共産くらいある。これが一緒にやるのは無理な話。

 第1回の各紙世論調査でも、かなり厳しい結果が出た未来の党。この内紛が今後、さらにここを苦しい方向に持っていくんだろうなあ。ここから、汚沢や嘉田を信じて立候補した候補達が哀れだよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、こんばんは。
 公的な書類の不備を無理やり押し通すのは、不正だろ。
 ルール無用の詐欺師に、公約や条約が守れるはずがありません。
 平気でダブルスタンダードを行うような者が、公的立場に立つべきでは無いですね。(マスコミ含む)
 組織の信用を失うことになります。
世界史は面白い
2012/12/06 20:56
世界史は面白いさん、おはようございます。
藤村がぎりぎりセーフと言っているようですから、何とか間に合ったと言う感じなのかもしれませんが、すっきりしませんね。

未来の嘉田代表が、野ダメの解散が早すぎたからなどと愚痴を言ったようですが、どうしようも有りません。投票日前に解党すべきですね。
クルトンパパ
2012/12/07 06:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
未来の党、党と呼べるレベルじゃない クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる