クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 勝ちすぎ 自民党圧勝

<<   作成日時 : 2012/12/17 08:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

       自公圧勝、325議席=全議席が確定【12衆院選】

 16日に投開票された第46回衆院選は17日早朝、全480議席が確定した。自民、公明両党で325議席を獲得し、衆院で再可決が可能な3分の2を上回る議席を確保し圧勝。これに対し、民主党は57議席と惨敗した。国政選挙に初めて臨んだ日本維新の会は54議席を得て第3党となった。

 自民党は小選挙区で、2009年の前回選挙の64議席から3倍以上となる237議席に伸ばした。小選挙区では05年の郵政選挙で得た219議席を超え、過去最多。青森、新潟、石川、高知など19県で全議席を独占した。比例代表も前回の55議席を上回る57議席を獲得した。

 民主党は壊滅的敗北を喫した。小選挙区27、比例30の計57議席で、公示前の230議席から4分の1に激減した。小選挙区では、自民党に全議席独占を許した19県のほか、北海道、大阪、福岡など10道府県で公認候補が敗退した。

 「第三極」勢力では、維新が14小選挙区で勝利。このうち地盤とする大阪が12議席を占めた。比例も40議席と躍進した。一方、日本未来の党は議席を大幅に減らし、小選挙区2、比例7の計9議席と低迷した。

 公明党は小選挙区に擁立した9候補が全員当選。比例でも22議席を獲得し、公示前の21議席から05年時の31議席に戻した。みんなの党は小選挙区4、比例14の計18議席で、公示前から倍増。共産党は8議席、社民党は2議席にとどまった。国民新党と新党大地は1議席ずつを得たが、新党改革と新党日本は議席を得られなかった。

時事通信 2012年12月17日(月)

 自民党の圧倒的優勢が伝え続けられてきた2012年年末の総選挙は、予想通りに自民党が単独で300議席に迫る圧勝。すでに連立を組む事を明言している公明党とあわせると、320議席を越える議席を獲得した。

 こいつぁ、どう考えても自民党、勝ちすぎだぜぃ!

 自民党が勝つにしても、なんとか単独過半数を超える240〜250議席くらいに留めて置くべきだったような気がするんだけどね。それが294議席。さらに、鳩山邦夫氏や中村喜四郎氏らを加え、さらに、数名の自民党系無所属が自民党公認議員に競り勝っているだけに、単独で300に届く可能性すらあるわけで、これは自民党守旧派が復活してくる可能性がある。

 今度の選挙の勝利は、各報道機関などが言うとおり、自民党が勝ったのではなく、民主党が負けて、第3極が育たなかった事からの「消去法的勝利」にしか過ぎない。もし、これからの安倍内閣の仕事次第では、最後の期待を受けた自民党が次の選挙で、今回の民主党と同様の結果になってしまう事となる。

 傲慢さを出したり、自民党名物の総理の足を引っ張ろうとするような動きや、派閥が前面に出ての、利権政治などやれば一発で終わり。さらに何より心配なのが勝利に浮かれた小物たちの放言、暴言の連発。実は民主党も、これがボディーブローのようにじわじわ効いていたのもあるだけに、執行部は新人や、返り咲いた若手たちに対する教育を、きっちり施していく必要が有るだろう。

 安倍政権は、どうやら麻生氏を副総理格で入閣させる方針を固めたようで、前回の祖各自の轍を踏むことなく、いわゆる「お友達内閣」を脱却する以上に、身体検査をきっちりやって、大臣としての仕事以前に辞めざるを得ない大臣を指名しないことが重要になるだろう。

 
 民主党は厳しい。多くの現職閣僚が落選するなど、なんとか57議席をとって維新を上回ったが、第3極と同レベルにまで減ってしまった。前回、前々回の第1党圧勝選挙でも、第2党となった自民や民主は100議席以上をとったことで、なんとか党としての形を残せたが、57まで減って果たして、党の形を残せるか?は疑問だ。

 おそらく、輿石は減りまくった衆議院に対し、いまだ比較第1党である参議院の優位を示そうとして動くだろうが、彼は選挙を取り仕切る責任者である幹事長であり、そう言う動きに対し、党内から反発も出てくるだろう。

 いっそ、輿石一派を切り捨て、民主では比較的まともな人材だけの新たな政党を作るか、民主党に残る形で、自・公政権と連立協議を行っていく、と言う事もありかもしれない。とにかく、自・公は参議院では15議席足りない以上、もし、民主から15人以上を取り込めれば安定するだけに、そう言う事もありかもしれない。一応、維新やみんな、さらに野田執行部は、政局とせず、政策ごとに是々非々で対処すると言っているが、是々非々と言う言葉が実行されたためしがないだけに、なんとか15人以上を取り込む事の方が確実だろうな。

 それでも、仙谷や田中真紀子らが、比例復活も出来ない敗戦は非常によろしい。辻元や菅、横路、赤松、原口の復活は口惜しい。それにしても、前総理や衆議院議長が小選挙区で負けるなど考えられない事だろう。当然、現職の官房長官や財務大臣が負けるなど、本当にどうなっているんだ?と聞きたくなるよ。

 とにかく、安倍内閣には、何より景気回復を第1儀として動いて欲しい。政局はもううんざりだ。かつての自民党に戻るのではなく、小泉進次郎議員が言ったように、浸透以上の新党に生まれ変わる覚悟で事に当たっていってほしいものだ。


 それにしても、何打この投票率。政治に何かを言いたいのなら、投票行動を起こす、それが最低条件だと思うのだけどね。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
小泉進次郎「他の党がひどかっただけ。自民が期待されてるわけではない」
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/12/16(日) 23:46:51.52 ID:4wXvNkYJ0● ?2BP(5000)記者会見「民主党政権がひどすぎただけ、新党がまとまらなさすぎただけ、自民党が期待されてる訳ではない」 ...続きを見る
【2ch】ニュース速報嫌儲版
2012/12/17 09:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、こんばんは。
早速、今日の夕方テレ朝の報道番組では「国防軍」・「勇ましい発言」「タカ派」的な発言を取り上げて、不安を煽っていました。
 私からすれば「どこがタカ派?」むしろ、彼の発言より実際に外交問題を無意味に大きくしてしまい海上保安庁を出動させ、自衛隊の緊張感を作り出した民主党のほうが攻撃的、タカ派です。
 無意味な紛争を越させないためには「そっちが来るなら、こっちは一撃で壊滅させるぞ」というサインを常に出しておくことが大切ですね。
 戦争を防ぐためには、一撃必殺の力を蓄えておくことの大切さが分からない政治家に国家を任せるのは自殺行為ですね。
 
ひょっとこハム太郎
2012/12/17 19:44
パパさん、こんばんは。
 今朝のNHKでも、自らの異常性を棚に上げて、特亜のマスコミが日本が右傾化していると報道していると、そのまま伝えていましたが、異常なのは『特亜』と、それを真に受ける日本の『自称知識人』だろ。
 日本の国旗を大統領自ら踏みにじる国家や、日本に対しての暴動を意図的に起こした上で謝罪もしない国家が隣にあるのに、ヘイコラするような売国奴をトップに置きたがるのは、同じ売国奴か馬鹿か、キチガイだけです。
 パパさんは、自民党の勝ちすぎを心配しておられますが、300議席もの『まともな』議員を用意できるのが自民党しかいなかったから当然の結果ともいえます。
 詐欺師の民主と元民主が隠れ蓑にした『第三極』とやらは結果も残さずに信用を得ようなど甘すぎます。
 『与党になってから勉強すればよい』は三年前の犯罪結社朝日新聞の主筆の言葉ですが、『野党の時に学ばない者は、与党になっても学ばない』のです。
 僕は今回の選挙で一番ほっとしているのいは、『何故か当選した民主党議員』だと思っています。
 何故なら、これからは、馬鹿のように『反対』するだけで売国マスゴミが捏造・偏向記事で持ち上げてくれますし、言動に対しての責任を取らなくても良くなるからです。
 正直、仮に自民党だけで400議席に達したとしても、まだ自浄能力があるし、党内でのバランスも取れているので、『ルーピー』も発生しないし、出ても自分で止められるので問題ないでしょう。
世界史は面白い
2012/12/17 22:54
ハム太郎さん、おはようございます。
国防軍発言は何を問題にしているのかわかりませんね。帝国軍が復活するかのように言ってますが、今のところ、名称変更以上、誰も踏み込んだ発言はしてないんですけどね。世界中で理解を得やすく、憲法上認められた事が伝わりやすい名前にしようと言うだけで。

外交は常に拳を握り締めて、笑顔でやるもの。今の日本は開いた手のひらを相手に見せて、媚びた笑顔だけでやってるようなもの。今までは、その手のひらの上に札束を載せてたから何とかなってたんですけどね。

世界史は面白いさん、おはようございます。
特亜が警戒すると言うのは、わが国にとって良い総理だと言う事の証明ですから。

で、自民党ですが、300ものまともな議員が揃っていれば良いんですけどねえ。小泉チルドレン、汚沢チルドレンのようなのがどれくらい入ってしまっているか?これが心配です。

新政権は国の舵取りで大変ですから、石破幹事長以下の党執行部は、徹底的に新人、再選議員研修をやって欲しいものですよ。
クルトンパパ
2012/12/18 06:32
名称がどうあれ、世界第二位の軍隊であることには変わらんし・・・・
中国や韓国・・・どの口でぬかすか!?でありますな。
(=^・・^=)
2012/12/18 07:43
名称問題はあきれ返るだけですね。中身を深めていく事もなく、名称だけに拘って。

中国・韓国はきっと、国防軍を持たないんでしょ。確かに中国は国軍じゃなく、共産党の軍隊ですからね。
クルトンパパ
2012/12/18 12:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
勝ちすぎ 自民党圧勝 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる