クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 選挙制度を考えるべきかもだ

<<   作成日時 : 2012/12/18 07:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

死票率56%に上昇=民主は惨敗で8割超―衆院選【12衆院選】

 16日投開票された衆院選で、小選挙区で落選候補に投じられ、有権者の投票行動が議席獲得に結びつかなかった「死票」は、全300小選挙区の合計で約3730万票に上った。小選挙区候補の全得票に占める「死票率」は56.0%で、前回の46.3%と比べ9.7ポイント増となった。

 今回は「第三極」として新たに日本維新の会や日本未来の党が参戦して12党が乱立。共産党も前回までの方針を転換し、原則として全選挙区に候補者を立てた。当選者が1人の小選挙区制では、候補が多数で票が分散されれば当選ラインは下がり、落選候補の合計得票数が増える傾向があることから、前回より死票率が上がったとみられる。

 死票率を政党別にみると、小選挙区で237議席を獲得した自民党は12.9%で、大敗した前回の74.0%から大きく低下。一方、惨敗した民主党は前回の13.2%から82.5%に大幅上昇した。第三極同士で共倒れが目立った維新も81.9%。小選挙区全勝の公明党は0%だった。

時事通信 2012年12月17日(月)

 小選挙区がある限り、死票は今後も出るし、増える可能性は高い。これで、中選挙区制度に戻せ、と言う話も出ているようだが、中選挙区制度に問題が多かったから、小選挙区制度になったと言う面もあるんだけどねえ。

 何より中選挙区制度下では政権交代がおきにくい。選挙に金が掛かる、と言うのは小選挙区でもたいした違いは無かったようだが、結果はがっかりさせられたが政権交代が起きたのは小選挙区制度の成果であるのは間違いないだろう。

 死票を減らすだけならば、完全比例制度一本にしたら良い。が、そうなると、政党が乱立し、安定した政権は出来にくくなる。どの制度も帯に短したすきに長しだ。
 個人的には、いっそ比例を全部廃止し、小選挙区だけにしたら良い、と思ってるよ、衆院は。
 国勢調査の結果を受け、時には県境を越えてでも選挙区を見直し、1票の格差があまり出ない制度を作ればよい。

 参院は各都道府県から裏表1人ずつ。不公平感を是正するのは、ブロック代表を決めてそこで調整するとか。要らんと言えば要らんのだけどね、いまの参院は。

 それよりも、比例復活、あれは何とかしないと。当選者の半分以下の得票でも復活すると言うのは、小選挙区で示された民意を無視していると思うぞ。
 思うに、比例復活の惜敗率に制限を設けるべきだと思うのだよ。せめて、90%以上はとってないと比例復活は認めないとかね。

 そうなれば、安易に小選挙区に候補を出して、と言うのもなくなるでしょ。小選挙区では、本当に戦える候補だけが出る。比例は党に従う事を絶対条件にするとかね。だって、彼らは党に入った票で議員になるんだから。党を移るならば、議員辞職する、そうすべきだね。今の制度だと、比例一本だったり、小選挙区では惨敗しながら復活したやつが、平気で党を移れると言う事になってる。これはおかしいよ。

 なんつうか、泥棒に自分たちを捕まえる制度を作らせているから、こんな妙な制度になる。国会が指名しても良いから、選挙制度制定委員会みたいなのを作って、そこの決定に国会は従う、と言う事にしないと、永遠に妙な制度になってしまうよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ネット投票とか、投票したら1万円あげるとか・・・・・投票宝くじなんてのもいいかも・・・・
(=^・・^=)
2012/12/18 07:36
(=^・・^=)さん、こんにちは。
投票率アップには有効でしょうねえ。特に宝くじつきはかなりの効き目がありそうです。
クルトンパパ
2012/12/18 12:12
パパさん、こんにちは。
 『死票』って言うけど、全員の意見をくみ上げてたら、それこそ何にも出来ないし、結局衆愚政治になっちゃうと思います。
 それと昨日の朝のニュースで、どっかのど阿呆弁護士が『違憲状態で当選した国会議員の言うことなど聞く必要は無い』などと言ってましたが、弁護士資格を取り上げた方が良い。
 マスゴミ・左翼等もですが、『自分に都合の悪い法律ならば守る必要が無い』『法で決まっていなければ何をやっても良い』と言う、社会人としては余りにも幼稚な価値観を『正義』であるかのように吹聴するのは止めていただきたい物です。
 後、選挙当日に電車の中でネット投票云々の話をしているのを聞いたのですが、ネット投票だと隣国の『成りすまし』が防げませんので、論外です。
世界史は面白い
2012/12/18 12:21
世界史は面白いさん、こんにちは。
死票を少なくすることは必要かもしれませんが、無くせませんからね。
1票の平等も大事かもしれませんが、アメリカの上院はかなりの権力を持ってますが、各州とワシントンからそれぞれひとり。もしかしたら、参院はそんな感じで良いかもしれません。

ネット投票の問題はそこですよね。ハッキングされたら終わりですから。
クルトンパパ
2012/12/18 14:20
人口比だけが価値ではないと思うのですが、それよりも、それぞれが単独で何かしようとした結果が、今の、おんなじような議会になってしまったのではないかと思います。
 衆議院と参議院、あわせて価値があるとしたら、それぞれがちがった選挙制度で考えられるべきでしょう・・・その時は、第二院の限度も、もっと明白にすべきだと思います。
 ただ、今回と前回で小選挙区を導入した価値がはっきりでました。導入を強く主張した小沢一郎は、さぞかし満足していると思いますよ(笑)。早く、愛と駆け落ちしてほしいですけどね。
箕輪伝蔵
2012/12/18 21:31
箕輪伝蔵さん、おはようございます。
参院の意義と言う事で考えれば、政党色を薄めるべきなのでしょうが、だとしたら比例はなじまない。人口比だけを考えず、人物本位で選ぶとかやるべきでしょうが、何をやっても批判が出ますね。

小選挙区制の批判が一杯出てますが、政権交代が繰り返されているから、と言うのはおかしな話。
導入の目的は、選挙費用の削減と、政権交代がおきやすくするためだったのですから。

まあ、汚沢は多くのガールズに裏切られましたが、彼が確かに求めた結果が出ました。仰るとおり、二人で消えて欲しいような気もしますね(笑)
クルトンパパ
2012/12/19 06:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
選挙制度を考えるべきかもだ クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる