クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 結局「学者馬鹿」のままだった

<<   作成日時 : 2013/01/15 07:46   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 4

         「100人当選」と小沢氏 嘉田氏、結党経緯語る

 滋賀県の嘉田由紀子知事は13日に大津市であった後援会の新年会で、日本未来の党の結党について、小沢一郎衆院議員から「あなたが出てくれたら(衆院選で候補者が)100人通る」と説得されて決断したと明らかにした。

 嘉田知事は「後から思えば信じるべきではなかった」と後悔をにじませ、謝罪したという。多くの候補者が民主党候補と競合したため「小選挙区で通るはずがなかった」と敗因を語った。

 昨年11月末に結党を表明した記者会見で嘉田知事は「『この指とまれ』で、今後、候補者を募っていく」と説明していた

ZAKZAK 2013年1月14日(月)

 なんと言うか、よくこんな恥ずかしい話を堂々と公表できるものだ。
 「あなたが出てくれたら(衆院選で候補者が)100人通る」などと言う、歯が浮くような話を真に受け、看板になった挙句、選挙期間中に汚沢から「役に立たん」と見放されてしまい、選挙結果はご承知のとおり、一桁の大惨敗。

 あの政治情勢下で、汚沢や亀さんと組んで、脱原発だけで100人も勝てるという判断を下すと言う事は、彼女に政治センスや一般的な見方が出来ない、と言う事の証明。結局、いまだにこの人は、環境学者のままなんだろう。

 もう、次の滋賀県知事選挙にも出ずに、環境NPOか何かの代表でも務めながら、余生を環境浄化と卒原発活動だけで生きていくほうが良い。

 はっきり言えるのは、政治家としての資質が無いのだから、その道だけは辞める事だよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「あなたが出れば100人当選」
「あなたが出たら100人当選」小沢氏、嘉田氏を説得? 嘉田氏は総選挙では未来の候補者の多くが小選挙区で民主党と競合し、原発ゼロが十分争点にならなかったとし、「負けるべくして負けた」と述べた。講演後には記者団に「(結党前に)候補者リストを見ていたら100... ...続きを見る
閑話ノート
2013/01/16 19:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 嘉田知事って、政治家としては『無能』ですよ。
 新幹線新駅反対で選挙に勝っただけだし、挙句それを撤回してるし。
 『○○反対!』のプロ市民モドキの学者だから、感情論を知識で補正する形で反対するだけで、そこにあるメリット・デメリットを分析できていない。
 特に『経済効果』の観点が抜けている。
だから滋賀県が思いっきり地盤沈下するんだよ。
 左翼系の政治家って、国が嫌いだから、『国の利益のために』『国益』って視点がさっぱり抜けてる。
 それで国の政治家になられちゃ、大迷惑ってモンでしょ。
世界史は面白い
2013/01/15 11:32
新幹線駅、出来ちゃったんですか?あれ。あれは工事が始まってたのにやめさせる、それで当選したのに。まるで民主党そのものじゃないですか(笑)

学者は初戦、ほとんどが机上の空論の人たち。残念ながら、現実世界には通用しません。
クルトンパパ
2013/01/15 14:15
いや、まったく、学者馬鹿ですね・・・。私は、ことあるごとに委員になって無責任な発言を繰り返す学識経験者・・・最近は断層の件ででかい顔してますけどね・・・とかって大嫌いなんですが、コイツはそういうことだったのでしょう。
もっとも、汚沢も、ここまでとは思わなかったでしょうけど。それでも、なんとか勢力を持ったので、騙しがいがあったのでしょうね・・・。
箕輪伝蔵
2013/01/15 18:54
箕輪伝蔵さん、おはようございます。
環境学者を知事にしてしまった事を、滋賀県民は大きな付けとして払う事になってるような気がします。
学者は結局、その専門家では有っても、大局を見通せないし、また、その専門分野もいろんな見解がある中の一つの部分の専門家。あくまで、参考意見とすべきなんです。

汚沢はもう少しこの人、操り人形として動くと思ったんじゃないですか?が、意外と頑固に意志を通そうとして、間違ったという事でしょう。
クルトンパパ
2013/01/16 05:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
結局「学者馬鹿」のままだった クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる