クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 当然の「国防軍」

<<   作成日時 : 2013/02/02 08:10   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

           安倍首相、憲法改正で「国防軍」明記に意欲

 安倍首相は1日、参院本会議での各党代表質問で、「自衛隊は国内では軍隊と呼ばれていないが、国際法上は軍隊として扱われている。このような矛盾を実態に合わせて解消することが必要だ」と述べ、憲法改正に意欲を示した。

 安倍首相が国会で、国防軍明記の必要性を明言したのは初めて。ただ、憲法改正の発議要件を緩和するための96条改正を優先する考えを改めて示し、「シビリアンコントロール(文民統制)の鉄則や憲法の平和主義、戦争放棄を変えるつもりはない」と強調した。

 歴史認識に関する首相談話については、過去の植民地支配と侵略を謝罪した1995年の村山首相談話を踏襲する考えを示したうえで、「しかるべき時期に21世紀にふさわしい未来志向の談話を発表したい」と述べた。

読売新聞 2013年2月1日(金)

 どう考えても自衛隊は国防軍そのもの。言葉遊びで、「軍」とつけられなかったから「隊」にしているだけ。これはね、意外と大事な話で、PKOなどで海外派遣されている自衛隊員が、万が一、敵に捕まった場合、軍人ならば条約によって保護されるが、軍人以外はその対象にならないから、彼らが軍人である事を認めるのは非常に大事な話。

 それ以前に、全ての軍事力は国防軍だし。アメリカだって、国防総省でしょ?
 わざわざ、自衛隊、などと言う名前である必要は無い。

 馬鹿は自衛隊が国防軍になれば、徴兵制度が復活するなどと言っているが、世界の潮流が徴兵制撤廃であり、また、今の自衛隊の組織において、徴兵が効果を発揮する可能性はほとんどなく、むしろ邪魔になる可能性が高く、名称が変わるだけでいきなり、戦前に戻るはずが無い。

 残念ながら世界は、憲法9条を見せれば、ニコニコ笑顔になって武器を置き、話し合いのテーブルについてくれるほどお人よしじゃない。軍事力と言う拳を握り締めながら、笑顔で相手に向かい合うしかない。

 そう言うことだよ。


 安倍総理が日和ったとか、就任前に比べ、おとなしくなったとか批判されているが、当たり前の話。内閣総理大臣となった以上、その言動は野党代表とは全く重みが違う。芯がぶれてなくても、表現などはまろやかになるし、やる事も国際的な影響を考えて慎重になるもの。

 まだ就任2ヶ月弱。今度は1年じゃなく長期を狙っているのだから、慎重であってよろしい。売国政権たちとは芯が違うから大丈夫だよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
やれやれ、やっとか〜ですな。
どう理屈つけても、世界第2位の軍隊であることは間違いないから、名称なんてどうでもいいといえばいいんだが。
自分の国の国民や国土を守れないでどうすんだ!であります。
名前を変えて、アルジェリアあたりに堂々と行けるのであれば大いにけっこう。
(=^・・^=)
2013/02/02 08:34
パパさん、おはようございます。
今までの憲法が異常過ぎたんですよ。
そりゃ平和が一番ですけど、自衛権も無いのか?とか、海外で襲われた場合自衛隊の救出は?とか、その場合の自衛隊は法律で守られるのか?とか、矛盾ばかり。
 左翼(民主党・社民党・売国マスゴミ・左翼教師等)はそういうことを一切考えないようにしているから駄目なんだな。
 そしてそのことを尋ねたら思考停止して逆切れするのが、かれらのデフォルト。
 そりゃ誰だって戦争は嫌だよ。
だけど中国・韓国・北朝鮮・ロシアという、飢えた狼が日本の国土を戦後、ずっと脅かしてきていると言う現実から目をそらさずに、結論を出して欲しい。
 彼らにとって日本は、金塊が向き身で無人販売しているような物なのだから。
世界史は面白い
2013/02/02 08:52
(=^・・^=)さん、おはようございます。
言葉遊びに過ぎませんからね、自衛隊。歩兵を普通科と言ったり、「大・中・小」を「一・ニ・三」佐、尉と呼んだ所で中身は一緒ですしね。

世界史は面白いさん、おはようございます。
憲法はアメリカが圧倒的で、劣等国日本を完全に保護できる状況下で考えられたものですから、当然、時代に合わなくなってしまってます。

 残念ながら、必要な武器は持ってないと、対等外交もへったくれもありません。
クルトンパパ
2013/02/02 10:03
パパさん、こんばんは。
日本人は世界の中でも最高の民族だと思います。
 が、しかし“徴兵制”で優秀な人間が集まるとは思いませんね。
 会社の20代のクソガキ。コンビニの前で座って弁当を食っている10代のアホガキ。
 あのアホどもが軍隊に入っても戦力低下にしかなりませんね。
 平和ボケが過ぎる。
 まあ、そういう私も団体生活・行動は苦手なので偉そうには言えませんが。
 パパさん仰るとおり邪魔ですね。
ひょっとこハム太郎
2013/02/03 21:02
ハム太郎さん、おはようございます。
今の軍隊は、専門性が進んでいて、徴兵で集めた兵隊が役に立つ部分が少ないと言いますし、経費の面でもどうやら、徴兵のメリットは無い。ありえませんよ。

 尖閣問題などで志願者も増えているらしいですし、国防軍=徴兵制度復活と言っているマスゴミにはうんざりします。
クルトンパパ
2013/02/04 06:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
当然の「国防軍」 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる