クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍内閣、支持率上昇中

<<   作成日時 : 2013/02/25 09:10   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

        安倍内閣の支持率、72.8%に上昇

 共同通信社が23、24両日実施した全国電話世論調査によると、安倍内閣の支持率は前回比6・1ポイント増の72・8%に上昇した。70%超えは2009年9月の鳩山内閣発足当初以来。不支持率は16・2%だった。

 昨年12月の発足時が62・0%、今年1月が66・7%。歴代内閣の支持率は発足時以降に下降していくパターンが続いたが、安倍首相の経済政策「アベノミクス」への期待感に加え、中国によるレーダー照射や北朝鮮核実験への対応などが一定評価されたとみられる。

 このほか、2020年夏季五輪の東京招致には、賛成78・4%、反対19・5%。環太平洋連携協定(TPP)交渉参加には、賛成63・0%、反対24・7%。夏の参院選の比例投票先は41・7%が自民党を挙げ、日本維新の会9・5%、民主党6・1%を引き離した。

サンケイスポーツ 2013年2月25日(月)

 支持率はね、世論調査そのものの信頼性が、実はそれほど高くないんで、どうでも良いんだが、このところの内閣との決定的な違いは、就任直後よりも徐々にではあるが、確実に支持率が上昇していると言う点だろう。

 毅然とした外交姿勢などもそうだろうが、一番の要因は、株価の上昇、円安の進行などの、刑期に対する明るい見通し、これが大きいのだろうなあ。

 が、支持率云々よりも、この調査で、TPP参加問題に関し、60以上の賛成が得られたと言う事が大きい。今回の日米首脳会談で、全ての品目が関税撤廃の前提ではない、と言う事が明らかになった事も大きいのかもしれないが、もともと、最初から全ての関税を撤廃すると言う事が決まっているのならば、交渉そのものが不要であり、当然、各国が聖域を求めて交渉をしているのだから、当たり前の事を当たり前に発表しただけの話なのだが、それでも大きいだろね。
 
 TPPでこれからの交渉で、どう言う分野が聖域となるのか?とか、聖域には入らなくても、別の形での保護がどこまで認められるのか?と言う事が焦点になるんだろう。

 さらに、JAなどが絶対反対だ!としている農業にしても、今回の調査ではほぼ半分の人が実は賛成していると言う結果も出て、報道されていることがそのまま真実ではない、と言う事が明らかになった。
   
 政党支持率でも比例投票先でも、すでに民主党は維新に逆転を許した。が、それでもまだ、野党第1党であり、参議院の第1党でも有るのだから、自・公と対峙するためには、民主党がどう生まれ変わり、野党共闘をまとめられるか?なのだが、輿石が、他の野党のアレルギーが激しい汚沢生活との共闘を図り動き出したなどと言う情報もあり、民主が生き残りを本気で考えるのであれば、輿石ら旧社会党系の勢力を切り捨て、中道保守勢力としてまとまるしかないのだが、果たして海江田代表にそこまでの決意が出来るのかだな。

 とは言え、自民党も決して安泰じゃない。これから、党内200人を超える議員が反対していると言うTPP参加表明に対する党内調整が待っている。そこで失敗したりすれば、一気に支持が落ちる可能性がある。とは言え、200名を超えるとは言え、信念を持って反対する議員はそれほど多くは無いと言うのは、郵政の時明らかだったように、今回も同じだろうな。

 せっかくの高支持率を受け、これからもどうか、景気対策、さらに、毅然とした外交を続けて欲しいものだ。
 そのまま、参議院選挙を乗り切り、なんとか、ねじれを解消し、安定した政権運営を行って欲しいと思いますよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
以前TPP参加に対して反対していましたが、交渉の席に座るのがルーピーズで無く、安倍総理であるのなら、有りかもと思います。
 別にダブスタと言う訳では無く、TPP参加が交渉である場合、安倍総理なら最大限の譲歩を引き出そうと努力されますが、ルーピーズならホイホイと言質を取られるだけ名のが目に見えているからです。
 前例として二酸化炭素排出枠削減、原発停止などが挙げられます
 アメリカにしても民主党政権の日本なら、お荷物にしかならないので、切り捨てて韓国や中国に擦り寄りますが、安倍政権の日本なら、反日政策による矛盾が表れたヒトモドキの国よりもパートナーとして選ばれるでしょう。
世界史は面白い
2013/02/26 12:22
聖域がどこまで設けられるのか?これが焦点ですね。米は何とか認められたとしても、他の農産物は無理でしょう。さらに、米のため、車の関税が残ったりするかもしれませんね。

ただ、交渉に参加するのは、民主党内閣じゃなく、安倍内閣でよかったと思いますよ。麻生さんなども絡みますし、簡単に追い込まれないでしょう。
クルトンパパ
2013/02/26 16:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍内閣、支持率上昇中 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる