クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 人身御供、平岡秀夫

<<   作成日時 : 2013/03/19 14:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

        参院山口補選、民主が平岡元法相擁立へ

 民主党の細野幹事長は18日の記者会見で、参院山口選挙区補欠選挙(4月11日告示、28日投開票)に、元法相の平岡秀夫前衆院議員(59)を擁立すると発表した。19日の常任幹事会で正式決定する。他の野党との共闘を模索するため、公認とするかどうかは今後、検討する。

 民主党は候補者選びの難航から、一時は擁立断念の方向で調整していた。細野氏は「厳しい選挙だが、有権者に選択肢を提示するのは重要だ」と強調した。

 平岡氏は山口県岩国市出身。2000年に衆院選山口2区で初当選し、その後は比例復活を含めて4回連続で当選し、野田内閣で法相を務めた。昨年12月の衆院選で落選した。

 同補選では、自民党が前山口県下関市長・江島潔氏(55)、共産党が党県委員・藤井直子氏(60)、幸福実現党が党県副代表・河井美和子氏(50)をそれぞれ公認候補として擁立する。

読売新聞 2013年3月19日(火)

 安倍総理のお膝元。昨年末の総選挙も自民党が全勝した完全なる自民王国。
 が、不戦敗だけは避けなければならない!と言う事での人身御供。可哀想に(笑)といいながら、それほど同情はしていないんだが。

 どうひっくり返っても、よっぽどこれから一月の間に、安倍さんが大失敗しない限り、闘う前から結果が出ている選挙。そこに元法務大臣が送り込まれるというのも、いかに民主党に人材がいないかの表れ。

 どうやら夏の参院選、京都の池坊だけじゃなくいろんな候補が、民主党ꈀ̀を辞退していると言う。もしかしたら、その中には、維新やみんな、中には自民から立候補を探ってるのもいそうでしょ。

 さらに、前原も参院選後には離党し、維新に合流なんて言う話もあって、いよいよ民主党、最後の時を緒m区変えになりそうですねえ。

 実力も無いくせに、政権奪取なんかしてしまうからだな。分不相応と言うより、きちんとした政権担当能力をつけることを優先しなかった報いだから仕方ないのだけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですよね。
身の丈に合った仕事じゃないと、メッキが剥がれますからね。
 今、自民党の閣僚・議員・OBがコメントしたりしますが、前政権のそれと比べると重厚感が違いますね。
 いまだに隣の国へ行って余計なことを言う元売国総理がいますしね。
ひょっとこハム太郎
2013/03/20 18:56
野党時代に輝いてた議員が、与党の大臣になればめっきがはがれてました。まだまだ力不足だったと言う事です。
民主政権を体験し、自民党がいかに力がある政党だったのかを叱咤と言う人も多いでしょう。

ろくでもない元総理を作っただけの政党でした。
クルトンパパ
2013/03/21 06:22
パパさん、こんばんは。
 きちんと公平に事実が報道されていたならば、民主党に政権担当能力が無い所か、そうなろうと言う気すらないと言うことは明々白々の事でしたが、デタラメな朝日・毎日及びテレビのデマゴーグに騙された馬鹿が多かったのと、事実を知って尚、政権交代のみを望む左翼による売国行為の結果が民主党政権でした。
 その結果は、皆さんご存知ですが、僕は最近、『言論の自由』を楯にし、『真実の報道』を行わないマスゴミが、織田信長に焼き討ちされた比叡山延暦寺と同じように思えます。
 焼き討ちした人間を非難する人も出るでしょうが、焼き討ちしなければ浄化されない、日本に害をなす存在でしかない、まともな人間が中に居ても組織内の異常な人間を放置しておく以上同罪であると言う点で、同じように思います。
 日本国民に戦後数え切れない被害を与えておきながら、全く反省の色が無い組織なのですから、左翼新聞は引退した人間も含めて、原発と一緒にコンクリで埋めた方が良いですよ。
世界史は面白い
2013/03/21 19:38
世界史は面白いさん、おはようございます。
民主党にも政権担当能力があるとか、持とうとしたものはいたんでしょうが、残念ながら政権を持っている間には全くそこに至らなかったと言う事でしょう。

メディアに関しては、徐々に信頼感が失われていってます。まだ、高齢者はそうでもないかもしれませんが、若年層を中心に広がっている。メディアがどれほど危機感を抱き、姿勢を正すか?それが今後の注目ですね。
クルトンパパ
2013/03/22 06:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
人身御供、平岡秀夫 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる