クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 選挙無効判決

<<   作成日時 : 2013/03/26 07:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

  昨年の衆院選は無効 一票の格差訴訟で初判断 広島高裁

 【山本孝興】「一票の格差」が最大で2・43倍となった昨年12月の衆院選をめぐり、弁護士グループが「法の下の平等を定めた憲法に違反する」として選挙の無効(やり直し)を求めた訴訟で、広島高裁(筏津〈いかだつ〉順子裁判長)は25日、広島1、2区について「違憲で無効」とする判決を言い渡した。弁護士らが1962年に始めた一票の格差訴訟で、無効判決が出たのは全国で初めて。

 ただし筏津裁判長は、衆議院の選挙区画定審議会が昨年11月26日から区割りの改定作業を始めたことを重視。無効の効果は、1年後の今年11月26日の経過をもって発生すると述べた。

 広島1区の当選者は岸田文雄氏(自民)、2区は平口洋氏(同)。ただ、被告の広島県選挙管理委員会は上告するとみられ、最高裁で無効判決が確定しない限り失職はしない。高裁は選挙時の区割り規定そのものを違憲と判断したが、無効訴訟は選挙区ごとに起こす形式となっており、対象となった広島1、2区のみを無効とした。最も人口の少ない高知3区の有権者の1票に対し、広島1区の有権者は0・65票、2区は0・52票で、格差はそれぞれ1・54倍と1・92倍だった。

 一連の訴訟では、二つの弁護士グループが全国14の高裁・支部すべてで、計31選挙区を対象に提訴。6日の東京高裁を始め、5高裁・支部も違憲としたが、弊害が大きい場合はあえて無効としなくてもよい「事情判決」の考えを採り、違法の宣言だけをした。名古屋、福岡の両高裁は「違憲状態」と判断した。

朝日新聞デジタル 2013年3月25日(月)

 いずれどこかの目立ちたがり屋の判事が、こう言う判決を出すかもしれない、と思ってたんで驚かないが、呆れてる。もちろん、一番悪いのは最高裁に違憲状態といわれながら、一切手をつけないまま総選挙をやった国会なんだけどね。

 これはね、ちょっと踏み込みすぎのような気がするぞ、たかが高裁段階の判断としては。広島の1区、2区が意見だとなって、1年間のうちに違憲状態を解消した形で再選挙をやれ、と言うが、広島だけではどうしようもない訳で、全国の選挙区をいじらないと解消しない、と言う事は、司法が1年内に解散・総選挙をやれとそこまで踏み込んでよいのか?と言う話。

 多分、最高裁は違憲判断は下しても、選挙無効までは踏み込まないだろう。が、違憲判断を無視された最高裁の苛立ちも相当なことだろうから、もし、違憲状態を解消せずに解散したら、次は選挙無効判断を出す事を明らかにしそうなね。

 でもね、さっき、原告の弁護士が人口比例で代議士を出すべきだというのは、小学2年生でもわかる話だ、とか言ってたが、あたしゃ、そうは思わないんだけどね。無論、国会議員の最大の仕事は、この国を正しい方向に持っていくことだが、それと同時に地方の声を国に届け、国内の格差是正を図る事も彼らの仕事。

 と言う事は、1票が重いといわれるところは、いわゆる過疎地域であり、そう言う場所の声を届ける国会議員の数は、インフラ整備などが進んだ1票が軽いといわれる地域よりも多くて良いと思ってる。

 どうしても、自分の票が軽いのが我慢できないのならば、過疎地域に移住しなさい、なんてね。
 ただ、現行憲法下ではこう言う訳にはいかんのでしょ?だったら、「0増5減」などと言う小手先の改正ではどうしようもない。と言って、例えば国勢調査に従い、機械的に選挙区の線引きを変えていくとなれば、毎回混乱を招くよ。特に、地方の中小の都市が、市議選でもひとつの選挙区なのに、国政選挙では別々の選挙区、と言うのはなじまない。

 どうしても1票の格差を何とかしたいのならば、かつてのような3〜5議席と言う中選挙区ではなく、1〜3議席の中選挙区制度にするしかないだろうねえ。小選挙区に拘れば、毎回毎回、線引きが変わるしね。

 根幹からの見直し、それが大事かも知れんよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさんの言われるように、目立ちたいだけの馬鹿の所業ですね。
 現実を無視した理念倒れの判断基準は、まさしく左翼の考え方。
 電車の数を比べても、50倍は違うのです。
 単純に人口だけで比較するなど愚の骨頂。
逆にこう言う馬鹿から選挙権を剥奪する法律を制定した方が良いんじゃないでしょうか。
世界史は面白い
2013/03/26 17:28
岡山はさらに進んで、猶予無しの無効判決。何を考えているのかです。無論、放置して選挙に突入した国会が一番悪いんですが、じゃあ、岡山と広島だけの区割り変更で収まるのか?と言うとありえない。

この二つの高裁が総理のみの大権であるはずの解散をやらせようとしています。

法律馬鹿はどうにもならない。高裁がこう言う判決を出せば、最高裁も簡単に無効取り消しは出来ない、どう言う理屈をつけるのか?それがちょっと気になります。

人口比例でやれとか、完全比例代表だけでやれ、と言うのは政治の不安定化、自治体制の崩壊にも繋がる暴論。それ以前に、政治体制に司法が口を出すのは異常事態です、」
クルトンパパ
2013/03/26 18:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
選挙無効判決 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる