クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 原口〜!大丈夫か?

<<   作成日時 : 2013/03/05 09:05   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

   1977年の原口一博氏 未来へ行き原発事故の光景見た

 民主党の原口一博衆議院議員(53)が、過去に自作した詩をFacebookで公開している。その詩は昭和52年(1977年)4月に書かれたもので、原口氏が学生だったころのもののようだ。

「その霞の中から赤い炎が刺すような光を放っていた
 黒い煙がその赤い炎を覆っており
 死臭がそこから漂ってくるのだった」(一部引用)

と綴られており、原口氏は「恐ろしい事故のイメージ。核と共存できない世界」を詠ったものだと説明。

 また、この詩の着想について、「昭和52年の僕は、未来に行って、この光景をみていた」と綴っており、チェルノブイリ原子力発電所事故もしくは福島第一原子力発電所事故のことを指しているようだ。「あまりにも暗い、そしてどこにも救いのないイメージ。赤い炎。見たこともないような禍々しい閃光。黒い煙」だとそのイメージを改めて説明している。

 また詩の冒頭で「彼は戦いに行った」と綴っているが、ここに登場する「彼」が原口氏のことを指しているのかは定かではない。

アメーバニュース 2013年3月4日(月)

 小物界の中の大物として知られる民主党の原口一博元総務相、最近ますますおかしくなってきたようだ。国会でなんとグーグルアースで、リアルタイムで艦船の位置が確認できると言う謎の発言を行い、それを訂正しつつも「可能性はある」とあくまで主張していたが、ついに過去、タイムとラベルをしていた事を明らかにしたようだ。

 正直、詩としても全くたいしたことは無い(笑)のだが、これを今、この時点でわざわざフェイスブックにアップする意図がわからん。おそらくだが、たまたま最近になって、この詩を発見したんだろうなあ。でこれは福島の事故を予言した詩だ!34年も前にそれを予言していた私は素晴らしい!と思って、これで最近、ちょっと評判が悪い自分の評価が急上昇するぞ!と妄想を抱いたんだろうなあ。

 まさか嘲笑されるとも知らずに!(爆)

 このお花畑議員を何とかしろよ。実際には、佐賀県民もそれなりの良識を示し、小選挙区では落としたのだが、あまりにも民主党全体が票の獲得が出来なかったため、90%近い惜敗率を示した原口が比例復活してしまったと言う残念な結果になった。

 いよいよ、オカルトに向かって突っ走るか?原口一博。
 出来れば、未来に今一度行って、そのまま帰ってこないことを願いたいものだよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、こんばんは。
民主党出身者には異常者しかいないのか?
 それとも異常者か売国奴で無いと民主党では幹部になれないのか?
 マスコミに取り上げられるのが、その人の一部だとしても、到底国政にかかわってよい人間でない人物のオンパレードじゃないですか。
 異常者を二大政党のお題目で、常人と同じレベルで比較した毎日新聞と朝日新聞は報道に非ず。
世界史は面白い
2013/03/05 20:55
まさに「おい!原口、だいじょうぶか?」と声をかけたくなりますな。
(=^・・^=)
2013/03/06 02:07
世界史は面白いさん、おはようございます。
原口、どんどん異常世界に向かっているようで(笑)これが民主党、次の代表候補だそうです。

(=^・・^=)さん、おはようございます。
何を目的としてこれを発表したのか?本人の説明がお聞きしたいものです。
クルトンパパ
2013/03/06 06:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
原口〜!大丈夫か? クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる