クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 久々登場だが頭が悪い

<<   作成日時 : 2013/03/06 08:09   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

     96条改正なら、政権ごとに憲法変わる…小沢氏

 生活の党の小沢代表は5日、東京都内で開いた自らが主宰する「小沢一郎政治塾」で講演し、憲法の改正要件を定めた96条改正について、重ねて否定的な考えを示した。

 小沢氏は「(96条改正で憲法改正要件が緩和されれば)政権が代わるたびに憲法を変えることになる。日本のようにまだまだ民主主義の意識が希薄で、定着していない国家では、ますます混乱するのではないか」と述べた。「(憲法)改正に反対と言っているわけではない」とも語った。

 講演には党所属議員や塾生約60人が出席した。

読売新聞 2013年3月5日(火)

 最近、全く出てこないと思ってたが、久しぶりに出てきたと思ったら、どんどん頭が悪くなってるらしい。憲法96条を3分の2から過半数に変えたら、政権が変わるたびの憲法が変わる?馬鹿か!

 汚沢は国会だけで憲法が変えられると思ってるらしいが、国民投票で通らなければ何にも変わらない。政権交代のたびに憲法が変わるはず無いでしょ!(嘲)

 それ以前に、憲法をかえると言うのはそんなに悪い事なのか?だよ。憲法は日本国全ての法律の礎であり、これに違反している法律はあってはならない。それならば、時代に合わせ、憲法は常に見直しを続けるべきものであり、馬鹿な連中が言うように「1言1句変えてはならない」などと言うのは異常者のたわごとに過ぎない。

 理念などは守りながらも、時代と完全に合わなくなった部分があれば、当然、変えるべきであり、世界の多くの憲法は修正条項があるものだよ。憲法原理主義者たちは、まるで戦前の皇室と同じく、神聖にして侵すべからざる存在だとでも思っているのか?

 それはともかく、日本のようにまだまだ民主主義の意識が希薄で、定着していない国家と言うのは、ある意味当たっているが、それでも、日本がそうならば、多くの国は民主主義など芽生えてもいないと言う事になる。それに加え、長年国政のど真ん中に居座り続けてきたのに、戦後70年近くなるのに、民主主義を定着させられなかった自分に対する反省はどこにある?と突っ込みたくなるな。

 要するに、この人は、与党がやろうとすることに対し、なんでも反対して、自分を際立たせたいと言う、見事なまでの野党精神に満たされてしまったと言う事なんだろう。

 過去の彼を知っているものからすれば、もう、そこまで耄碌したのならばさっさと政界を離れ、静かに余生を刑務所の中でお過ごしください、と思うだけだね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
イチローはすでに痴呆症の症状が出ていると思われます。認知症の症状の一つ、訳もなく徘徊します。なので私設秘書や親族はご苦労されるでしょう。おっと、奥さんは三行半とかで離縁状を発信済みと伺っています。(無関係汗)
閑話ノート
2013/03/06 18:23
橋本総理時代、あのころまでが汚沢の存在価値があった時代。あの時は汚沢総理もありかなと思ったんですけどね。

奥さんと次男から絶縁される偉大な政治家。本当にもういらない政治屋になってしまいました。
クルトンパパ
2013/03/07 07:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
久々登場だが頭が悪い クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる