クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 民主が生き残るためには

<<   作成日時 : 2013/03/06 12:01   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

橋下維新、民主に引導! 参院選の共闘「困難」 深まる民主の孤立
.
 橋下徹共同代表(大阪市長)率いる日本維新の会が、民主党に引導を渡した。松井一郎幹事長(大阪府知事)が3日、民主党の細野豪志幹事長と大阪市内のホテルで会談し、今年夏の参院選での共闘について「困難」と伝えていたのだ。「政策の不一致」が理由という。民主党の孤立はさらに深まりそうだ。

 「公務員制度改革や教育改革など、維新の背骨の部分と(政策が)合わないと一緒に戦えない」

 松井氏は4日、細野氏が会談で持ちかけてきた共闘要請への返事を、記者団にこう明かした。

 橋下氏も選挙協力の必要性は強調しているが、民主党との共闘には否定的な発言が目立つ。先月8日、民主党が憲法96条改正に後ろ向きだと指摘して、「決定的な価値観の違いだ。民主党全体とは今の段階ではできない」と明言した。

 また、橋下氏は「民主党で労働組合に頼らない人たちの中には、考え方が近い人もいると思う」といい、一部議員とは離党を前提に連携する可能性を示唆している。

 政治ジャーナリストの角谷浩一氏は「維新が参院選で民主党よりも多く議席を獲得すれば、民主党は崩壊する可能性が高い。橋下氏としては、支持率が低迷する民主党を分断させて野党第1党の地位を固め、将来の野党再編や政権奪取につなげたいのではないか」と分析した。

ZAKZAK 2013年3月5日(火)

 各種世論調査で、次の参院選での比例投票先で、すでに維新の会に逆転されている民主党が、参院選後も生き残るためには、なんとしても、選挙区の方で、維新の会やみんなの党との選挙協力を実現し、自民党に続く第2党を確保する必要が有る。

 が、残念ながら民主党の思惑は叶う方向には無い!!

 民主党を抜き、参議院での第2党を目指す維新の会にしてみれば、国民の信頼を失った民主党と、選挙で議席を確保するためだけの野合をする事のマイナスが大きいだけに、今の民主党と組む可能性は無い。

 今の民主党の名前を残して生き残りたいのであれば維新やみんなが民主否定の最大要因としている、官公労支配の象徴である輿石をはじめとする旧社会党系を排除することだ。そこまでやったら、さすがに維新なども認めるだろう。

 が、現実には無理だろう。むしろ、「民主党で労働組合に頼らない人たちの中には、考え方が近い人もいると思う」と言う発言を受け、さらに離党者が出る可能性が高い。そうなればいよいよ民主は終わり。

 最後の代表海江田と幹事長細野が、きちんと殺せるか?それとも、社民党のように生き恥をさらすか?どうなるんだろうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、こんにちは。
 別に民主党が生き残る必要は無いと思います。
 まともな政党になるなら生き残れるでしょうが、そもそも支持層がまともじゃない。
 公務員の労組とか、そもそも異常極まりないでしょう。
 なにかを国のためにするのではなく、国に何かをしてもらい何かを貰おう、多く貰おうと言おうことが根本にあり、戦後のとにかく日本が悪いという洗脳教育に染まった挙句、戦後の特亜のしてきたことを全く分析できていないくせに、教育者を名乗る日教組の政治団体。
 政治団体でなく、宗教団体を名乗った方が相応しい。
 オウム真理教と同レベルの危険集団です。
世界史は面白い
2013/03/06 17:41
潰れるより多少残り、社民党のように生き恥を晒して頂くのがよいでしょう。
閑話ノート
2013/03/06 18:11
世界史は面白いさん、おはようございますk。
もっとまともな政党になって、自民への対抗軸になって欲しいんですが。
労組依存を脱却し、保守党から政権を奪取したイギリスの労働党のようになってくれたら良いんですが。今の労組依存体質のままでは、維新、みんなとは組めませんから。

閑話ノートさん、おはようございます。
社民ももういりませんねえ。あの手の政党は共産党だけで良いかと。
鳩山、菅、汚沢、輿石とあとは原口、彼らだけの政党になるのならば、それなりに楽しそうな。
クルトンパパ
2013/03/07 06:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
民主が生き残るためには クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる