クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS みんな、分裂か?

<<   作成日時 : 2013/04/04 07:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

    みんな、参院選態勢巡り混乱…江田氏が総会欠席

 みんなの党が3日に国会内で行った緊急の両院議員総会で、渡辺代表が夏の参院選に向けて提案した、浅尾慶一郎政調会長を選挙対策委員長に充てる人事案の了承が見送られた。

 各党とも選挙対策の責任者は幹事長が務めるのが通例だ。関係者によると、この人事案に難色を示した江田幹事長が総会を欠席、出席者から「幹事長がいない場で決めるのは異常」などと異論が続出した。

 「選挙対策から江田氏を外すのが渡辺代表の狙いだ」と反発する声もあり、他党との選挙協力をはじめ、参院選への対応を巡る渡辺氏と江田氏の路線対立が背景にあるとの見方が出ている。

読売新聞 2013年4月3日(水)

 もともとが、渡辺喜美の個人商店だったのだが、その後、徐々に勢力が拡大する中で、江田幹事長が存在感を増して来た。実は、政治家としてのセンスは江田幹事長のほうが上であるとも言われ、独裁的運営をしたがる渡辺代表よりも、江田幹事長を慕う議員、党員が増えてきたと言うから、渡辺代表のこれは、逆クーデターかもしれないね。

 小なりとは言え、現在、衆院に18名、参院に13名を抱えているだけに、特に参議院では捻れが続く中、それなりの影響力があるだけに、コップの中の嵐がコップの中で収まるのか?それともコップが割れてしまうかは注目される。

 江田幹事長が党を割った場合、維新と合流する可能性もある。そうなれば、みんなに残ることと、維新に移ることのどっちが自分にとって有利かを見極め、総勢31名のみんなの党の議員が真っ二つになるかもしれない。そうなれば、維新はさらに勢力拡大でき歓迎だろうが、みんなは社民党並みの影響力になってしまうだけに、渡辺代表としては、可能な限り党分裂は避けたいし、最悪でも江田幹事長だけの離党にとどめたいところだろうね。

 果たしてどうなるか?本当の個人商店の間は、大丈夫だが、それなりの規模になればこう言う問題が起きてくる。維新も同様だろうが、ここをきちんと乗り切らない限り、責任ある、責任が取れる大政党への成長はできない。それを適当にごまかせば、某民主党のように無責任な政党となって、結局命運が尽きてしまうことになるから大事な時期だと言って良いだろうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
みんな、分裂か? クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる