クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 自民の星

<<   作成日時 : 2013/04/06 06:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

進次郎氏、小沢氏をメッタ斬り「過去の人」 もはや眼中にない!?

 自民党の小泉進次郎青年局長(31)が、生活の党の小沢一郎代表(70)を「過去の人」と切り捨てた。進次郎氏の父、小泉純一郎元首相(71)と小沢氏は、「角福戦争」の時代から宿敵同士だったが、世代は移り、進次郎氏は小沢氏を相手にしないつもりのようだ。

 進次郎氏は4日、党内に今年夏の参院選岩手選挙区で、民主党に離党届を出した平野達男前復興相を支援する動きがあることについて、「反対だ。自民党は『民主党だったら(被災地の)復興が加速できない』と言ってきた。筋が通らない」と発言した。

 さらに、平野氏支援の理由として、党内有力者から「小沢王国(岩手)を壊滅させるチャンス」との声が上がっていることにも、「倒そうとしなくても小沢氏はいずれ倒れる。『過去の人』をいつまでも見て戦ってても自民党は変わらない。もう戦う相手はそこにはいない」と訴えた。まるで、「小沢氏など眼中にない」といった口ぶりだ。

 実際、小沢氏は孤立、不人気を深めている。

 小沢氏は4日、都内のホテルでのパーティーで、熱望している参院選での野党糾合について、「参院選までにまとまるのは難しい。私たちも単独で戦う以外にない」と苦しい胸の内を吐露した。フジテレビ系「新報道2001」の最新世論調査(3月28日)では、政党支持率が0%になるなど、明るい材料は見当たらない。

 逆風を払拭するためか、小沢氏は親しい関係者に「安倍晋三首相は長くは持たない」と語り、日本維新の会の支持率が下がっていることを念頭に「3年半後は、僕たちが『維新』になっている」と強がるが、現状では“遠吠え”とみられても仕方がない。

 進次郎氏の言うように、小沢氏が永田町や岩手から遠く離れ、沖縄の別荘に移る日も近いのか。

ZAKZAK 2013年4月5日(金)

 昨日は久しぶりに小泉進次郎節が全開だったようだ。で、結局、平の元復興相との共闘は、どう考えても国民、特に自民党支持者の理解が得られない、と言う事で断念。たとえ勝てなくても、独自候補を立てる方向に決めたようだ。

 で、汚沢だが、彼が言うようにもう、完全に過去の人。先日、こっちにもやってきたが、以前ならたとえ野党だとしても、多くの人が集まったはずなのだが、今回は非常に少なかったようだ。

 次の参院選、もしそれがダブルになったら完全消滅寸前に追い込まれる。自業自得。
 彼を信じ、彼についていった多くの人が、いつの間にか彼の元を離れ、山岡のようなゴマすりだけになってしまった。で、本人は不正蓄財に夢中では、誰も相手しない。

 20年前が最後だったな。あの時は、小沢総理に期待したんだが。もう、完全に過去の人。
 本当に真っ白ならば、どうどうとまず、国会で証人喚問に出て、政治倫理上も問題が無い事を明らかにすべきだろう。これまで、拒否の理由としてきた司法判断は下ったんだし。

 小泉進次郎、最初はどうだ?と思ったが、いまや完全に自民党の星。
 当選2回だが、言うべきことを言い、きちんと被災地と向かい合い続けるなど、やるべきことをやってるし。
 
 もう政界は、完全に「脱小沢」ではなく汚沢を眼中にいれず、政策を戦わせる、政局中心から脱すべきだ。
 昭和の残滓、それも汚物は切り捨てましょ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
先日、仕事で横須賀方面に行ったら小泉さんの家の前を通りました。
隣に座っていた友達が教えてくれました。
大きな小泉伸太郎さんのポスターが貼ってありました。
小泉家も平成の時代ですな〜
(=^・・^=)
2013/04/07 06:30
まだ、小沢、小沢って言っている連中が、高邁はジャーナリストにはいますからね〜〜〜。あの人は、権力的に竹下金丸のお子ちゃまだった時が、一人としては今陶芸家のお殿様かついだ時が最高だったんで、後は、凋落の一途ですが、それをみとめたくないジャーナリストがいるんですね・・・。ああ、政治家もですけど。
もう、無視すべきですね・・・と思います。

しかし、石川は辞めないのですかね・・・。
箕輪伝蔵
2013/04/07 20:44
(=^・・^=)さん、小泉家4代目ですが、もしかしたら一番、出来がよいかもしれませんね。

箕輪伝蔵さん、おはようございます。
「金竹小」時代に思い上がって、細川時代がピーク、確かにその通りです。あの頃は期待したんですけどね、彼に。
もうその後は、政局屋に成り下がり、自分が苦により大事になっちゃいました。

石川、結局次の選挙に出られるよう、たぶん、上告を取り下げ、失職するでしょ。問題は、その次の選挙でも、某道民がかれをまた、国政に戻しそうな事ですが。
クルトンパパ
2013/04/08 06:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
自民の星 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる