クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 維新の勢いに陰り?

<<   作成日時 : 2013/04/15 06:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

     維新、兵庫2市長選で敗北 「橋下氏の名だけで勝てぬ」

 14日投開票された兵庫県伊丹、宝塚両市長選は、日本維新の会が初めて大阪府外に公認候補を立てて挑んだ首長選挙だったが、いずれも敗北した。本拠地・大阪で選挙の強さを誇ってきた維新はまず隣県の兵庫で首長選に勝利し、夏の参院選へと弾みをつけたい考えだったが、課題を残した。

 維新は7月の兵庫県知事選も候補者擁立を検討中だが、2市長選の敗北が判断に影響する可能性がある。地方選挙を総括する今井豊副代表は「与党が強い中、態勢もないところで善戦したが、橋下徹共同代表(大阪市長)の名前だけでは勝てないという課題が浮き彫りになった。良い引き締めになった」と話した。

 昨年の衆院選で54議席を得た維新だが、大阪府外の小選挙区で勝てたのは強固な地盤を持つ平沼赳夫、園田博之両氏のみ。夏の参院選に向け、府外での支持拡大が急務となっていた。

朝日新聞デジタル 2013年4月15日(月)

 ようするにいまだに大阪の地域政党から脱却できていない、と言う事が証明されただけ。確かに、今回の市長選挙、相手は現職で、しかも今、圧倒的な支持を集める与党相手、と言う事を考えれば健闘したと言う事になるのだろうが、国政挑戦を発表した頃の、関西ならば圧勝と言う雰囲気は失われたのは間違いない。

 太陽の党との合併が、どうも今のところ、逆目に出てるねえ。
 大阪都構想を中心とする地方分権の推進、道州制の導入と言うのが維新の会の最大の看板だったはずなのだが、この所、話題は憲法改正に積極的な姿勢場仮と言うのも、支持率の停滞に繋がっているのかもしれない。

 今からだろうけどね、維新の会の真価が問われるのは。まずは橋下代表が国政に出てくる、そこから始まりそうなね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、おはようございます。
 だってまだ、維新って特に政党として実績も何も残してないでしょ。
 有権者が冷静で、現状に問題ないと思うなら、自民に入れるでしょうし、マスゴミに踊らされた民主政権で多少は懲りた人も居るでしょうし。
 指導者の決断にスピードは必要ですが、政治家を選ぶのには普段の行いから、じっくりと選ぶ事が大切なのですから、維新にはあくまでもまともな党員とまともな政策とで戦って欲しい。
 まともな政治をすることが目的なのであって、政権をとることだけを目的にすれば民主党になるだけです。
世界史は面白い
2013/04/15 07:58
世界史は面白いさん、おはようございます。
確かに維新は、大阪以外じゃ何にもやってませんからね。

橋下氏が市長から国政に転じるとき、それが勝負のときでしょう。民主とは違うと信じたいところです。
クルトンパパ
2013/04/15 09:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
維新の勢いに陰り? クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる