クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 実に正論

<<   作成日時 : 2013/05/10 08:53   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

韓国大統領の日本“口撃”に 屋山太郎氏「韓国こそ歴史見直せ」

 韓国の朴槿恵大統領が、訪米先で日本攻撃を続けている。オバマ大統領との首脳会談では歴史認識に言及し、米上下両院合同会議の演説でも、名指しを避けながらも日本を批判した。背景には、アベノミクスで自国経済が打撃を受け、国内の不満をそらす思惑もありそう。識者の中には、韓国の無礼に怒りを爆発させる向きもある。

 「北東アジア地域の平和のためには、日本が正しい歴史認識を持たなければならない」

 朴大統領は7日の米韓首脳会談で、こう言及した。8日の米議会の演説でも「過去に盲目的な者は未来も見えない」と述べ、事実上、日本を批判した。韓国は最近、在米ロビイストを大量動員し、反日情報工作を仕掛けていた。

 韓国では、安倍晋三首相が主導するアベノミクスを「空襲到来」と恐れている。2月の貿易統計は、スマートフォン関連は好調だったが、自動車や鉄鋼などは不調で、「安倍政権転覆を狙っている」との説もある。

 歴史上も国際法上も日本領土である島根県・竹島を不法占拠している韓国が“歴史認識”とは片腹痛いが、評論家の屋山太郎氏は「朴大統領の発言はとんでもない。自国こそ歴史を見直すべきだ」といい、続けた。

 「日韓併合前、朝鮮半島に小学校はわずかだったが、日本は4、5000校つくった。識字率も4%から60%に上げた。『日本と同じように近代化する』という方針だったからだ。英国はインドを長く植民地にしたが、そんなことはしなかった。慰安婦も、大卒の月収が20円のときに同300円で募集されていた。強制連行の必要はなかった。朴大統領は日本の悪口を言わないと国内が持たないために言っている。安倍首相は無視して放っておけばいい。ただ、米政府への説明はきちんとすべきだ」

ZAKZAK 2013年5月9日(木)

 これ以上、付け加えるべきものはほとんど無い。屋山氏が言う事が実に正論。
 韓国人と言うのは、日本統治の前後の韓国の写真や、識字率、インフラ整備、人口増加、平均寿命の伸長などを見ても何にも事実を認めようとは思わないのか?が一番の謎なんだけどね。

 それにしても、朴槿恵、最初からこんなに飛ばして大丈夫かなあ?あの、盧武鉉ですら、就任後しばらくは日韓友好をアピールし、支持率が大幅下落してから、切り札を出したのに、いくら最初から支持率がさほど高くないとは言え、これを最初に切れば、もう、支持率アップの切り札は無いがね。

 竹島上陸も明博がやってしまった上に、支持率アップにさほど効果はない事が証明されているし、どうするんだろうなあ?別に構わんけどさ。

 日本政府としては、韓国に対しては別に何の反応もする必要は無い。今の程度で十分。
 だが、アメリカ政府だけではなく、世界に向けてはきちんとした説明をすべきだろう。嘘も百回つけばそれを信じるものが出てくるのだから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
しかり!
ウソも方言ということもあるからね〜
声を大にして言った方がいい。
(=^・・^=)
2013/05/11 16:44
冷静に、しかし毅然と言うべきことを世界に向け発信すべきでしょう。
相手は中国や韓国ではなく、日本として、言うべきことを言う、それでしょうね。
クルトンパパ
2013/05/13 06:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
実に正論 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる