クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 逃げる共産党

<<   作成日時 : 2013/05/11 09:06   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 今、日テレ系の「ウェークアッププラス」を見ているのだが、憲法改正論議をやってる。
 その是非は色々あるし、簡単に決まらない話。

 個人的には、みんなの党の江田幹事長が言っているとにかく、国民に判断する権利を与えるため、発議条件を緩めるべきだと言うのが一番共感できる。民主党などは過半数と言う事になれば、ねじれが解消すればいつでも憲法が変えられる見たいな事を言っているが、これは国民を馬鹿にしているとしか言いようがない。

 自分たちを選んだ国民を信用できないのなら、議員などやめなさい。

  
 それはおいといて、何度か司会の辛坊氏が共産党の穀田氏に対し自衛隊は憲法違反か?と尋ねていた。それに対し、彼は軍隊なのだから憲法違反だが、そこに存在していてむにゃむにゃとはっきり言わない。

 自衛隊が憲法違反ならば、共産党はそれを声を大にして主張し、その立法過程がどうだろうが、違憲立法審査権を駆使すべきだろう。もし、憲法違反だが、存在は認めざるを絵無いと言うのならば憲法をかえると言うことを、当然言うしかない。

 実は護憲派の最大のアキレス腱がこの自衛隊の存在。
 多くの護憲派は、自衛隊が嫌いだが、その存在は認めざるを得ない、と言うこと。で本音は違憲だが、それを大声で言うと、自衛隊を無くせ!と言うか憲法を変えろ、と言うしかない。

 だから、共産党や社民党などは、この問題を突っ込まれればごまかし、問題をすりかえて逃げるだけ。
 政治家ならば、政治信条に従い、憲法違反の自衛隊は無くせ!と言え!と思うのだけど、それを言うと、国民の反発が来るから言わない。

 言えば良いと思うよ。われわれは自衛隊の存在を認めないから、災害があろうが、どこかの国が攻めてこようが、我々は自衛隊に守ってもらいたくない、助けてもらう必要は無い!と。
 なんとも姑息だな。共産党は一定の評価をすべき点もあるが、良い野党だ、と言えないのはこれが最大要因かもね。

 そういえば、昔も「共産政権の核は良い核だ」と言ってたのを批判されたらさくっと変えたし、選挙前に「プロレタリアート独裁」と言う香料を批判されたら、「プロレタリアート執権」と言う言いかえをした。なんと言うか、実は意外といい加減な正当なんだよ、共産党。

 社民党は……言及するに足りる政党じゃないからどうでも良い(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
共産党は野党の中では筋が通ってるほうだとは思いますが、所詮政権政党じゃないから、国防の部分で無責任ですよね。
 『九条バリアー』を信じている時点で、隣にキチガイ国家のトップ3が固まっていると言う現実を見ていないので、政治家じゃなくて宗教団体なんでしょう。
世界史は面白い
2013/05/11 13:16
 共産党だろうが、自由主義政党だろうが世界のほとんどの国は軍隊を持つことを否定しません。
 それは「公正で良心をもった隣国」なんて有りえないからです。
 この国の社会主義政党、共産主義政党は不思議なことに社会主義・共産主義と護憲・反軍事を結びつけている不思議な集団です。
 私はソヴィエト、ロシアは嫌いな国です。
 しかし、第二次世界大戦では多くの犠牲を払い、ナチスドイツに反抗し、軍人・国民ともに銃をとって戦った国として認めています。
 軍を認めないという国、政党なんて信用できないでしょう。
  
 
ひょっとこハム太郎
2013/05/11 19:47
存在価値がどの程度なのか
無くてもいいけど、ガス抜き程度の価値?
共産党員に『教育してやる!』と
説教されたことがあるけど
突っ込みどころ満載で反論してたら、
諦められた私。
案外、識者よりも単純な人間の突っ込みが
ボディブローのように効くのかも。
言葉遊びだから、専門用語とかで話せないと逃げげ道がないみたいな・・・。
ねむ
2013/05/11 23:58
世界史は面白いさん、おはようございます。
本来、共産党が護憲であるはずがないんです。天皇制を認めたくないんですから。さらに、いまだに実際には「プロレタリアート独裁」を目指していて、民主主義とは相容れない政党です。存在価値は、とにかくきちんと野党として頑張る、それしかないのですから、立場をはっきりさせて欲しいものです。

ハム太郎さん、おはようございます。
軍隊の保持を認めない、と言うのは圧倒的少数派。日本の近隣が皆、平和と自由を愛し、たt国を尊重する国ならいらないかもしれませんけどね。
9条は「アメリカ軍の駐留」と言うのが大前提。なくせというのは、事故防衛力を高めるしかない、と言うことをみんなわかってるのに、それを口にせず、国防軍も米軍もなくし、9条があれば平和だ、と言う嘘をつくんです。

ねむさん、おはようございます。
審議に応じる野党、それが唯一の存在価値でしょうね。
先記したように、彼らの本音と、建前の間には大きな開きがある。その本音を追求すれば、大体大丈夫ですよ。天皇制を認めない、独自の軍隊を作りたい、それが彼らの本音ですから。
クルトンパパ
2013/05/13 06:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
逃げる共産党 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる