クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 渡辺喜美の限界

<<   作成日時 : 2013/05/20 08:01   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

      維新との選挙協力解消=みんな代表が明言

 みんなの党の渡辺喜美代表は19日、都内で記者団に対し、日本維新の会との参院選での選挙協力について、「解消せざるを得ない。もう関係を断ち切る」と表明した。維新の橋下徹共同代表(大阪市長)の従軍慰安婦問題などをめぐる発言を受け、みんなは17日に選挙協力の「凍結」を決めていたが、維新側に発言を撤回する意思がないと判断、解消に踏み切ることにした。

 みんな、維新両党は参院選について、12の1人区を含む計25選挙区での候補者一本化と共通公約作成で合意していた。しかし、渡辺氏は「ケース・バイ・ケースで候補者擁立を指示している」と述べ、維新候補が出馬する選挙区での対抗馬擁立を検討する考えを明らかにした。また、速やかに協力解消の党内手続きに入る意向を示した。

 みんなは維新側に対し、橋下氏が在沖縄米軍に風俗業利用を勧めた発言の撤回などを求めていたが、橋下氏や松井一郎幹事長(大阪府知事)は「発言に誤解がある」などとして撤回はしていない。こうした対応について、渡辺氏は「常軌を逸している。言い訳を百万回繰り返しても国民は理解しない」と批判した。

 これに対し、松井氏は大阪市内で記者団に「『橋下はこれでおしまい、弱ったやつと組む必要はない』という話なのか」と不快感を表明したが、「しょうがない」とも述べた。

 一方、民主党の海江田万里代表は京都市で記者団に「みんなの党とはこれまで水面下で話し合いをしてきたが、これからも続けていきたい」と述べ、みんなとの連携に期待を示した。

時事通信 2013年5月19日(日) 

 渡辺喜美の気持ちは、松井維新幹事長の言うとおり『橋下はこれでおしまい、弱ったやつと組む必要はない』という話だろう。彼は、こうやって、橋下発言の火が消えないうちに、維新と切れる事で、橋下発言を受けて維新から離れる支持者を引き込もうと言う事だろう。

 渡辺代表の橋下発言に対する反応は、ほとんど福島瑞穂や蓮舫たちとおなじレベルのヒステリックさで、橋下発言のどこが問題で、どう対処すべきか、と言う事を言わない。

 維新・みんなの選挙協力と言っても維新主導で進められているうえに、維新とのパイプも党内では江田幹事長に握られ、渡辺代表の影が薄いだけに、渡辺喜美として、ここで自分をアピールしたかった、と言う事だろう。

 だが、ここで維新から離れ、維新を叩いても、その維新票がみんなに流れる可能性はほとんど無いだろうねえ。おそらく、橋下発言で維新から離れた支持者が一番向かう先は自民党だろう。

 もし、本当に維新と離れれば、いよいよ、参院選、特に1人区は自民党が圧倒するだろう。前回の選挙で唯一落とした大分も、安倍総理が乗り込んでアピールしているし、1人区だけじゃなく、複数区も自民圧勝で、単独過半数獲得の可能性すら出てきそう。

 個々は本当はみんなのチャンス。石原・橋下両代表と徹底的に話し合って、これからの話をしていけば、リードされてた共闘関係での復権もありえたし、彼が目指すべき方向は、間違いなくそっちだったはずなのだが、それほどの信念も感じられない渡辺喜美は、自分がないがしろにされていると言う今の状態を脱するため、橋下叩きをしてついでに、党内で維新との共闘をリードしていた江田幹事長を叩く、一石二鳥だとでも思ったのだろう。

 橋下代表が、いわゆる慰安婦を自称するばあさんたちとの会談、これを上手く乗り切って見せれば、流れが変わりそうな気がするけどね。徹底的に叩けばダメだが、謝罪しつつ、自分の主張をきちんと伝えられればね。ばあさんたちはどれほど謝っても言う事は聞かないから、彼女らの反応は大した意味は無いが、橋下代表がどう言う対応をするかしだいだろう。

 もし、そこで流れが変わっても、もう、渡辺代表の下のみんなが維新と組める可能性は無くなった。下手したら、渡辺代表が追い出されるか、彼だけが残るみんなの党、が出来るかもしれない。

 選挙が来月なら厳しいが、2ヶ月有る。日本人の特性として、それだけ時間があれば、今回の問題など忘れ去るには十分。維新の仕掛け次第では、再び、維新が浮上する可能性も十分にあるし、みんなは選択を間違えた、と言う事にならなければ良いけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
渡辺喜美の限界 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる