クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 折り合い

<<   作成日時 : 2013/05/22 06:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

    「迷惑料」10億円の要求撤回、陸自配備で町長

 沖縄県の与那国島(与那国町)への陸上自衛隊の沿岸監視部隊配備を巡り、国に市町村協力費(迷惑料)として10億円を要求していた与那国町の外間守吉町長が、この要求を撤回する意向を防衛省側に伝えていたことが21日、わかった。

 複数の政府と町関係者が明らかにした。暗礁に乗り上げていた配備計画が進む可能性が出てきた。ただ、町長は別の形での地域振興策などを求める意向を示しており、同省は真意を慎重に見極める方針だ。

 外間町長の要求撤回について、小野寺防衛相は21日午前の記者会見で「話は承っているが、まだ正式な話はない」と述べた。さらに、「正式な話があれば、話を聞く機会を作り、地域振興という形で精いっぱい努力したい。そのような話し合いができることを期待している」と続け、計画前進への期待感を示した。

 関係者によると、部隊誘致を目指す与党町議らが今月13日、町長に方針変更を要求。了承した町長は10億円の「協力費」要求を撤回する代わりに、同省が提示した年間500万円の地代を1200万〜1400万円に上げることや、特別交付税の増額などを求める文書を政府に提出する意向を示したという。

読売新聞 2013年5月21日(火)

 与那国町の気持ちはわからんでもない。自衛隊を引き受ける代わりに、町の財政が安定できるだけのものが欲しい、と言うのはね。過疎の町では有る意味、当然なんだけどさ。

 ただ、中国など回りの環境を考えれば、今、辺境の地に自衛隊がいる事の意味をかんがえ、有る程度の折り合いが必要だと言うことだろう。

 尖閣に狙いを定めている中国に対し、与那国に自衛隊がいる、と言うだけで抑止力となるだろう。
 また、尖閣を獲るため、何を仕掛けるかわからない中国の脅威から、与那国など先島諸島を守るためにも、この地に自衛隊がいる必要は高い。

 国も可能な限りの支援をしながら、島嶼防衛のためにも、早い合意が望まれる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今だからこそ、公共工事も行える。
地元の雇用もできる。
無駄な時間を費やすことは、国益にも地元経済にも抜き打ちならない?ことになりそう。
政権が変わったり、上向き気味な景気があってこそ。『今でしょ!』

進めましょう。米軍が来るのとは大きな違いがあるんだから。
ねむ
2013/05/23 09:37
ねむさん、こんにちは。
実は、大きな声にはならなかったんですが、普天間移設先に佐世保を!と言うのは地元に有ったんですけどね。土地の問題があるんでむずかしいんですが。治安が少々問題が出ても、当時は不景気のどん底でしたし。

与那国の自然を守りつつ、国も守ってもらう、それが一番です。
クルトンパパ
2013/05/23 15:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
折り合い クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる