クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS それでも汚沢は無い

<<   作成日時 : 2013/05/22 07:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

小沢氏ニンマリ!? 維新&みんなに亀裂 橋下発言でタナボタ

 日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)による慰安婦・風俗業発言をめぐり、渡辺喜美代表率いるみんなの党は21日、夏の参院選での選挙協力解消を正式決定する。橋下氏と渡辺氏の舌戦が過熱するなか、政界はぐれ鳥状態になっていた生活の党の小沢一郎代表らがうごめきだした。

 「政策以前に価値観の問題だ。越えがたい溝ができてしまった。(維新と協力解消の)党内手続きを粛々と進める」

 渡辺氏は20日、記者団にこう断言した。みんなは21日午前の役員会で、維新との選挙協力解消を正式決定する見通し。両党は計25の改選1〜3人区で候補を一本化していたが、千葉(改選数3)など維新の候補がいる複数の選挙区で独自候補を立てる構えだ。

 みんなと維新の選挙協力は、渡辺氏と距離を置く、みんなの江田憲司幹事長が主導した。渡辺氏としては党内の「反渡辺」勢力を押さえ込むためにも、維新との絶縁を選択したようだ。

 こうした動きに対し、橋下氏は20日、「選挙にとって有利か不利かというところだけで判断されたのだろう。(そんな政党と)組んでも将来いいことはない」と渡辺氏を批判。維新の松井一郎幹事長(大阪府知事)も同日、「僕らは刀折れ、矢尽きても真っすぐ進む」と語った。

 維新の自爆を受けて、国民から忘れられつつあった面々が急に元気になってきた。

 民主党の海江田万里代表は20日の記者会見で、4月に維新との選挙協力断念を決めたことを「間違っていなかった」と胸を張った。生活の小沢氏も同日の会見で、「こういうことになると(維新を除く野党協力が)可能性として増してきた」との見通しを示した。

 小沢氏主導で「野党再編」というウルトラCがあるのか。

 政治評論家の浅川博忠氏は「維新の敵失で、民主党には多少揺り戻しがあるだろうが、3年3カ月のひどい政権運営は払拭できない。生活は小沢氏のグレーゾーンと、『過去の政治家』という印象が強すぎる。安倍晋三内閣が7割前後の支持を得るなか、他党の批判だけでは厳しい。参院選に向けてジタバタしても、自民党を利するだけだ」と語っている。

ZAKZAK 2013年5月21日(火)

 維新とみんなの亀裂で一番儲けるのは、当然、自民党。
 維新から離れた票の行く先は、多分、6割が自民党で3割が民主。みんなはせいぜい1割。

 だが、これからまだ2ヶ月ある。圧倒的発進力を持つ、石原、橋下寮代表がこのままでいるはずが無いから、維新の勢力回復は必ずあるだろう。

 逆目に出ていよいよ終わりになる可能性もあるが、二人とも馬鹿じゃないからねえ。

 今回の橋下発言で維新から離れた層は、女性層が一番だろう。それを考えれば、汚沢に行くはずはないし、橋下に対する裏切りと見える渡辺喜美にも行かないだろう。といって、女性の党の様相を見せているみどりの風や社民党は論外だろうしね。

 最大の恩恵を受けるのは、結局、自民党。特に、維新・みんなが共闘するはずだった選挙区では、ますます自民が有利になる。民主は、複数当選者選挙区でちょっと儲かるか?だろう。自民が確実に1は取って行くから、維新、みんなが共闘されれば、2人区は厳しかったからね。

 橋下代表は、一度は辞めると言ったぶら下がり会見を即刻復活。彼が発信をやめれば、存在価値に関わる以上、体面にこだわらないところが橋下流。と言う事は、まず、慰安婦のばあさんたちとの会談でそれなりの対応をした後、選挙前に何か大きな事を発信し、支持率回復を狙ってくるだろう。

 一番マイナスなのは、もしかしたらみんなの党かもしれない。今回の橋下発言、言い方や立場、タイミングに眉をひそめつつも、言った内容に関しては賛意を示すものが多いのも事実。それなのに、あの言い方で維新を切り捨てたみんなに対しては、がっかりしたと感じるものが結構いるしね。

 石破幹事長は、すでに「衆参ダブル」に対する対策も出来ていると明言した。今回の維新の問題が、もしかしたら、いよいよ、衆参ダブルを現実化するかもしれない。

 汚沢は…

 多分、何があってももう、蚊帳の外。終わった政治家だからね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
それでも汚沢は無い クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる