クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 思いやり

<<   作成日時 : 2013/05/22 09:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

   ベビーカー利用、ルール統一へ 電車・バスに優先マーク

 【工藤隆治、仲村和代】国土交通省は、電車やバスでベビーカーを使う際の統一ルールのとりまとめに乗り出す。共通の優先マークを定め、利用時のマナーを示して、ベビーカーを使う保護者と周囲の乗客の相互理解を図る。鉄道会社や子育て支援団体を交えて、近く協議会を立ち上げる。

 ベビーカー利用のルールをめぐっては、首都圏や関西の鉄道会社が1999年ごろから、広げたまま乗ることを認め始めた。ただ、各社が「混雑時は配慮を」などと呼びかけているだけで、はっきりしたルールは定まっていない。

 座席などと固定できる車両も限られ、ブレーキをかけた際に動く可能性もあり、安全面の問題を指摘する声もある。

朝日新聞デジタル 2013年5月20日(月)

 なんと言うかね、こんな事が問題になるのがおかしい。
 みんな赤ちゃんだった訳で、お母さんたちが安心して子どもを育てて行くため、社会が温かく見守るべきだろう。

 ネットなどでは、込んでいる時間に子どもをつれて電車やバスに乗るな!などと言う批判があるが、誰もそんな時間に、あえて子どもを連れて乗りたくなど無いはずなんだよ。子供が潰されるかもしれないし、感染症の危険もあるからね。

 でも、仕事の関係やどうしても、載らなければならない事もあるんだよ。
 
 社会で子供を育てて行く、子供を守る、そう言う事が当然の社会にならなければ、少子化からの脱出などありえない。

 荷物を持って、ベビーカー押した母親がいて、畳んで欲しければ一言「手伝いましょうか?」と言って畳んでやれば良い。荷物持って子どもを抱えて、ベビーカーを畳むと言うのがどれほど大変か、経験すればすぐわかる。今の時代、そう言うことを言うと不審がられてしまうかもしれないが、一声掛けて、掛けられた方は素直に「ありがとうございます」と言えば良いのだよ。

 で、母親の方も、迷惑を掛けない、そう言う配慮は必要だろう。どうやら、入り口付近にベビーカーを置いて平気だったりするものもいるそうだが、ちょっとそこを外すとか、そう言う気配りは必要でしょ。

 もちろん、荷物だけ載せているとか、子どもをほったらかしで形態に夢中だとか言うのは論外だぞ。

 互いの思いやりだよ、最後は。こう言うのはルールを決めると、そのルールから外れたら、むちゃくちゃ叩かれる事になる。が、全てのケースを想定など出来ないのだから、どうしても、ルールから外れざるをえない事も出てくる。

 だからね、互いが互いを思いやる、それしかないんだよ。障害者とおんなじ。
 こっちはちょっと気を使ってやれば良いし、使ってもらう方は素直にありがとうと言う事だ。

 ルールや法律で縛られるより、思いやりの気持ち、それで回る社会のほうが絶対に楽しいと思うけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
大津・皇子山の開き直り親子の予備軍みたいな奴らにまで気を使う必要なんかどこにあると?
…………
2013/05/22 13:50
そう思うのなら、殺伐とした世の中で生きて行けば良い、。
クルトンパパ
2013/05/22 15:17
パパさん、おはようございます。

息子は赤子の頃から、毎日朝晩バスに乗っています。

席を譲って頂いたことも多々あります。

そんな息子も5歳になりまして、母が強要しなくても自分で状況判断して「お席どうぞ」と言えるようになりました。

でも、スルーされるときもあります。

凹む息子を見ていると、純粋な気持ちを汲み取って育ててくれる社会じゃないから、そんな優しさを持ち合わせている人が減っているから、こんな論争も起こるのかなぁと思います。

カズ
2013/05/23 06:46
カズさん、こんにちは。
残念ながら、せっかくの好意を無碍に断る人がいますね。理由があって断るのなら、それなりに答えてからにしてくれれば良いんですが。
せっかく席を譲っても無視された、と言うことでもう、席を譲らないと言う人もいますからね。

互いが互いの事をちょっとだけ思う、それだけでずいぶん、この国は住みやすい国になるはずなんですが。
クルトンパパ
2013/05/23 15:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
思いやり クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる