クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 連合、賃上げに反対(謎)

<<   作成日時 : 2013/05/23 14:27   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

          連合 賃上げに政府介入は反対
 
 連合の南雲事務局長は東京都内で記者団に対し、甘利経済再生担当大臣が賃金の引き上げを実現するため、経済界と労働界、それに政府による会議の設置を検討する考えを示していることについて、賃金の引き上げに政府が介入すべきではないとして、反対する考えを示しました。

 甘利経済再生担当大臣は、賃金の引き上げをできるだけ早く実現するため、経済界と労働界、それに政府による会議の設置を検討する考えを示しています。

 これについて、連合の南雲事務局長は東京都内で記者団に対し「政府が経営側と労働側を集めて何をしたいか情報がないので何ともコメントしようがない」と述べました。

 そのうえで、南雲氏は「賃金引き上げは、もともと長い労使関係の中で真摯(しんし)に論議が行われてきたものだ。労使の自治に政府が介入することは反対だ」と述べ、会議の設置に反対する考えを示しました。

NHKWeb 2013年5月23日(木)

 どうやら連合は、自分たちの力で賃上げを実現できなかったから、安倍政権が賃上げをやるのは、自分たちの面子がつぶれてしまう。組合員の生活よりも、自分たちの面子のほうが大事だ!と言うことらしい。

 大事な大事な民主党政権を大きくしようとしたのに、どれが全くだめで、賃上げどころか一時金すらまともに出せるような状況じゃないまま、消えてなくなった。

 安倍政権は連合の頭越しに、財界と直接交渉し、一時金の満額回答や、一部企業では早速ベースアップまで実現したのだが、それに自分たちが関われなかった以上、そう言うことは必要ないと判断する訳だ。

 本来ならば、当然だが、政府が関与すべき事柄ではない。だが、その役割を果たすべき労働組合が、賃上げどころか、一時金の満足な回答すら引き出せないから、アベノミクスでデフレを脱却した場合、労働者が困ってしまうから、仕方なく政府が乗り出したと言う事だろう。

 一番大事なのは、どこが賃上げをやろうが、組合員のプラスになるのなら感謝し、更なる労働条件の課前を求め、経営者側や国と戦う事のはず。

 自分たちの面子など、捨てておくべきなんだけどそれがわからない、それが連合だと言うことだな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、こんにちは。
 民主党の無能政権の下で、デフレと異常な円高が進行する中、得をするのは、海外に生産拠点を持ち、それを日本で販売する『イオン』と『ユニクロ』だけです。
 後は『100均』ぐらいか。
 それらが従業員に、多大な福利厚生をしていると言う話も聞きませんし、大体従業員の殆どがパート及びバイトですから、給与水準を上げるのに全く貢献していません。
 労働者の利益より、左翼的な目的の方が優先されるとするならば、『連合』にとって労働者とは、自分達と同じ存在ではなく、連合にとっての左翼的目的を果たすための駒でしかないのでしょう。
世界史は面白い
2013/05/24 18:51
世界史は面白いさん、おはようございます。
なんと言うか、変な話ですよ。政府が口を出す話じゃ無いと言うのは本当なんですが、連合に力が無いからやってくれた。

連合はいまや民主存続のため全力を尽くしてますが、参院選後、どうするんでしょうねえ?
クルトンパパ
2013/05/25 07:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
連合、賃上げに反対(謎) クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる