クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本当に必要?奇跡の一本松

<<   作成日時 : 2013/05/29 07:02   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

  【編集局から】奇跡の一本松「残したい」という熱意を感じた

 岩手県陸前高田市で「奇跡の一本松」の復元やり直し作業が行われています。レプリカの枝葉部分の取り付け角度に不具合があったとのこと。復興の象徴として善意の募金で進められた事業だけに、よい形で以前の姿を保ってほしいものです。

 3月末で閉店した東京・銀座の老舗バー「TARU」が今月、旧店舗付近の移転先で再オープンしました。1953年の創業以来、地下1階で昭和の雰囲気を大切にしてきたTARU。ファンの注目はただ1つ。以前より3分の1に縮小されたビル4階の店舗で、いかに旧店舗の内装を再現するか−でした。

 実際に訪れてみると、イスやテーブル、大谷石の壁面、大型のガラス絵は古いお店のまま。全長8メートルの木製カウンターも一部切断してつなぎ合わせたものの、ほとんど印象は変わっていません。公共の施設ではなく民間のバーですから、保存の原資はお客の善意が頼り。カンパの集まり具合はまずまずだったようで、そのため、多くの調度品を新たな店に運べたわけです。

 価値あるものを受け継ぐのに、最も大切なもの。それは関わる人々の「残したい」という熱意だと、あらためて感じました。

ZAKZAK 2013年5月28日(火)

 価値あるものを受け継ぐと言うのは大事だろう。この記事の老舗バー「TARU」のようなものをなんとか、縮小してでも残して行く、と言うのは良い事だと思う。

 だが、本当に奇跡の一本松、を大金を投じ、レプリカを保存する必要があるのか?と思うのだけどね。

 しかも、枝葉部分が元と微妙にずれていた、と言うことで取り付け直し。
 ただし、ほとんどの人は、元の形など覚えていない。

 そりゃそうでしょ。たまたま、大津波に耐えて残ったと言う一本松だが、それまではそこにあった多くの松の中の一本に過ぎないし、残ったときも、その松を見つめるよりも人々は生きることに必死だったのだから、姿形など覚えてなどいない。

 その一本松が一本松として、自力で生きているのならば、保存のためと言うのなら、有る程度は良い。
 だが、塩の被害で、自力で生きられないから、数億掛けて人口処理をして復元し、保存するほどの意義があるのか?と言う疑問が付きまとうのだが。

 その金の大部分は善意の募金によるものらしいが、その金を復興に回すほうがはるかに良いと思うのだけどね。で、一本松は、それこそ、その木の一部を使って、同じ形で2Mほどのレプリカを作って、そこにおいておく、位で良いと思うのだけどね。

 悪い事だとまでは言わんが、情熱を傾ける部分が、ちょっとずれているようなね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、おはようございます。
 自分も同感です。
そりゃ震災に遭った人達を励ます意図は解るんですが、対コスト的にどーなのよと言いたい。
 単に『震災復興に反対する人でなし』のレッテルを貼られたくないから、大々的に反対されなかっただけなんじゃないかと。
 正直、枯れた松に億以上の金を掛けて、他の地域から反発の方が大きいでしょう。
 5年後には元の木の部分が残ってなくて、サイボーグ松改め『ロボット松(鉄柱とも言う)』になってたりして。
世界史は面白い
2013/05/29 07:45
世界史は面白いさん、おはようございます。
これを残そう!と言われれば、反対しにくいのはそうだと思いますね。
ただ、自然のまま生きられるのならばともかく、人工物になってまで残す、それも大金を投じてまで、と言うのは違うような。

所詮レプリカなんですから、もっと小さくて良い。余った金は復興にと思いますけどね。
クルトンパパ
2013/05/29 08:49
というか、俺に言わせたら被災者支援に関わってる人間どもの殆どが「日本も捨てたモンじゃない」って言わせたいだけ、いいところ見せるのに必死な偽善者ですよ!

湧別町の暴風雪がらみで同町役場にメッセージ殺到の件でも、もう開いた口が塞がりませんでした。
…………
2013/06/02 11:15
…………さん、おはようございます。
偽善者と言うより、ムードに流されるんでしょうね、みんな。その時は本当に嬉しいと思うが、忘れる訳です。

何しろ、次々といろんな事が起きますからね。
クルトンパパ
2013/06/03 06:55
岩手県人の一人として、謝罪いたします。

私なんかは、こんなことよりも、被災者の住宅整備(お年寄りの終の住みか含む)とかにしてほしいです。

もし私が他県民なら、「こんなものに頼らなければ復興できないのなら廃れればいい。」と書いていたのは間違いありません。
イオリス
2013/06/09 21:00
あれがまだ、自然な状態で生きているのなら、保存もありかもしれませんけどね。実際はサイボーグ、あるいはプラモデルですからね。
その金を、本当に必要な人に必要なものを与える方向にするほうが、一本松も喜びそうです。
クルトンパパ
2013/06/10 06:26
で、そのムードやマスコミに流されてるだけの情報弱者の分際でそれを自覚もせず、人様にその考えを押し付けて「賛成できんのならお前は最低だ」って説教たれるワケですよ!!

秋葉原やグアム、オウムの件までその辺の我欲まみれの事件と一緒にして「さっさと処刑だ!」って喚いたりしてる奴らも同じです。

「偽善者に説教たれられる筋合いねぇよ、ボケ!!」としか返せません。
…………
2013/07/07 19:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
本当に必要?奇跡の一本松 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる