クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 嘘つき吉見

<<   作成日時 : 2013/06/05 08:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

     「他国も同じ」橋下市長の主張を専門家が否定…

 旧日本軍の従軍慰安婦をめぐる橋下市長の発言に絡み、慰安婦問題に詳しい中央大の吉見義明教授が4日、大阪市役所で記者会見した。橋下氏が「他国も同じようなことをしていた」と繰り返し主張したことに対し「軍の施設として組織的に慰安所を作った国はほかにない。日本の慰安婦制度は特異だった」と否定。「慰安所を軍の施設として設置し、内務省や総督府も深く関与していた。橋下氏には国が慰安所を組織的に作ったという認識がない」と批判した。

スポニチアネックス 2013年6月5日(水)

 全部嘘。
 「軍の施設として組織的に慰安所を作った国はほかにないなどと言っているが、ドイツは国営売春施設を強制連行して作ったことがはっきりしていて、今も問題になってるし、ソ連、イギリス連邦軍にも同様の施設があった。

 朝鮮戦争当時、韓国にも韓国軍と国連軍向けの施設があったのは有名であり、ベトナム戦争参戦時、韓国がベトナムに作ろうとして、さすがに時代からアメリカに拒否されたのも有名な話。

 吉見はこう言う事を知らないのではない。知っていながら、日本を貶めるため、あえてでたらめを喧伝している国賊だと言っても良い。

 こいつは、慰安婦の強制連行も事実だとしているが、いまだにただのひとつkも証拠を示せていない。
 スマラン事件のオランダ女性たちの強制連行は、それが事実だったから、事実を知った16軍司令部により慰安所は閉鎖され、責任者であった岡田少佐は軍法会議で死刑となり、中心的存在だった大佐は軍法会議終了前に自殺している。

 もし、軍が本格的に強制連行に関与していれば、いかに戦後の軍法会議だとしても、彼らに死刑は言い渡されるはずが無い。慰安所が閉められるはずが無い。

軍のための慰安所なのだから、どこに設置するかと言うことと、慰安婦の健康管理は軍が大きく関与したのは当然であり、そこは、この吉見はうそで固めるが、橋下市長も、それどころかすでに政府も認めている事実。一切、関与していないなど、誰も言っていないのだ。

 吉見義明、名前からして吉田清治と似ているが、どうも体質的に同じ匂いがするぞ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
嘘つき吉見 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる