クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 参院選に続くか?都議選、自・公圧勝

<<   作成日時 : 2013/06/24 07:56   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

<東京都議選>自民59人全員当選 第1党奪還 民主惨敗

 ◇公明も23人全員が当選

 参院選の前哨戦として注目された東京都議選(定数127)は23日投開票され、自民党が全42選挙区に擁立した59人全員の当選を果たし、都議会第1党の座を奪い返した。自民の獲得議席は過去10回では1977年と85年の56議席を抜き最多で、全員当選は史上初めて。協力関係にある公明党も23人全員が当選した。共産党は現有8議席から倍増以上の17議席を獲得し、第3党に躍進。前回54議席と大勝した民主党は15議席にとどまり、第4党まで転落した。都議選では初の本格参戦となった日本維新の会も2議席と伸び悩んだ。投票率は前回(54.49%)を大きく下回り、過去2番目に低い43.50%となった。

 今回の都議選は都政課題の明確な争点がなく、各党は安倍政権の経済政策「アベノミクス」への評価を主要な争点に取り上げた。

 自民党は「準国政選挙」(安倍晋三首相)と位置づけて、3分の1の14選挙区に複数擁立するなど攻めの戦いを展開。港区で2議席独占、3人を立てた大田、世田谷、練馬区でも全員当選を果たすなど強さを見せつけた。現職のみを公認した堅実な選挙で第2党になった公明と引き続き協力体制を敷き、都政運営を主導する構えだ。

 民主党は公認を前回より14人少ない44人に絞ったが、1人区で全敗したほか、定数8の世田谷区、同6の杉並区でも議席ゼロになるなど、昨年の衆院選から続く失速に歯止めがかからなかった。都議会ではこの4年間で離党者が相次ぎ、第1党としての存在感を発揮できなかったことも、都民の失望につながった。

 3回連続で議席を減らしてきた共産は、自公の大量得票で当選ラインが下がった定数3以上の選挙区などで健闘し、現有議席を大きく上積みした。みんなの党も無党派層の一定の受け皿となり、支持を伸ばした。

 一方、大量の34人を擁立した維新は、共同代表の橋下徹・大阪市長の従軍慰安婦問題などを巡る発言による逆風をはね返せなかった。昨年の衆院選に続いて首都圏で足場を築くのに失敗し、参院選に向けての戦略見直しが迫られる。

毎日新聞 2013年6月23日(日)

 自民、公明は全員当選。共産党は倍増以上の躍進。
 一方、民主は40近く議席を減らす大惨敗。株の乱高下、高市発言など、決して自民党に追い風が一番吹いていた状況ではない中、全くそれを生かせず大惨敗。

 維新も橋下発言の余波が収まらず、松井幹事長が橋下続投に向け、非常に低いハードルとした3議席の維持すらできず2議席の惨敗だが、どうやら、橋下辞任と言う流れにはならないようだ。おそらく、これで橋下を追い詰めれば、13年半も都知事として君臨した石原代表の責任も問われかねず、両共同代表で持っている、と言う維新が崩壊しかね無いと言うことだろうが、維新再生のためには、橋下氏が一度、責任をとって代表を降りると言う方が良いと思うのだけどね。

 みんなの党は20人擁立し、現有1議席から7議席、と言うのだから躍進なのだろうが、維新の3倍以上で第3極の核となったと言いたいかも知れないが、共産の半分以下に過ぎないようでは、なんか情け無い。

 今回は、投票率が低かった事で、組織が確立している自民、公明、共産が伸び、風が頼りの維新などが惨敗した訳だ。問題は3年有余も政権をもっていながら、全く組織を作れなかった民主党の体たらくにはあきれ返るしかないなあ。

 
 問題は、果たしてこの結果が、どう言う形でまもなくやってくる参院選に影響するか?だろう。
 いかにわが国の首都だ、といってもその結果がそのまま、すんなり反映はされないだろうが、やはり、かなり、こう言う感じで結果が出るようなねえ。

 民主は国民の信頼を全く取り戻せず、反自民、非自民の受け皿となりえていない事がはっきりした。維新への逆風は、もしかしたら思った以上に大きいようだ。この分では、参院選は非常に厳しい。現有を下回るようなら、両共同代表の責任云々以前に、維新の会の存続が危ないとなりかねない。みんなもそれほど伸びそうもないし、このままでは反・非自民の受け皿は共産党と言う事になり、共産党だけが伸びると言う結果になるかもしれない。それはそれで困るのだけどね。共産は今くらいがちょうど良い。これ以上増えれば、またとんでもない事を言い出しそうだし。

 いよいよ来週公示され、21日にも投開票される参議院議員選挙。どうやら自民党が単独過半数を獲得し、ねじれ解消に向かうような様相だなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、こんばんは。
>>自・公圧勝
 しょうがないでしょ。
他に選択肢が無いし、棄権したら自治労と日教組が民主党に投票しますし。
 維新は成果を慌てて道を踏み外したことが、支持率の低下に繋がってますね。
 橋下のやってきたことと同じと言うか。
任期満了までやって、沙汰を待つぐらいのことが出来ないんでしょうか。
 野党がまともで無いと、与党が緩む原因になるんですが、それだけの理由で政党未満の自称政党に投票するのは、マスゴミと似非教師に踊らされた馬鹿のすることです。
 そんな馬鹿が多いのが、日本の民度ですけど。
 ここで毒を吐かせて貰わないと、マジでやってられませんよ。(三重県は民主王国です)
世界史は面白い
2013/06/24 19:50
世界史は面白いさん、おはようございます。
威信の失速もひとつの要因でしょうし、投票率の低下もそうでしょう。が、それ以上に民主が最大勢力でありながら、国会と同じく何にもやらなかった事が今回の結果になったような気がします。

本当はまともな野党がいないとだめです。民主に期待できないし、みんなもそうです。維新も含め、全党が解党し、まともな勢力が結集して自民に対抗できる勢力が出来て欲しいものです。
クルトンパパ
2013/06/25 06:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
参院選に続くか?都議選、自・公圧勝 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる